« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月30日 (月)

ロサリオ、2度の落球を取り返す特大の決勝弾!

180430 広島●2-4○阪神(マツダ
勝利打点:ロサリオ①

毎日放送で1回ウラ途中から中継。今日の先発は岩貞(再昇格)、広島・薮田。原口が6番に入り5試合ぶりのスタメンマスク。初回、連続四球でノーアウト1,2塁のチャンス。糸井のライト線へのフライでタッチアップを切った鳥谷が3塁タッチアウト。金本監督のリクエストも判定変わらず。そのウラ、鈴木誠のファウルフライをロサリオが2試合連続の落球。それでも無失点で立ち上がり。

2回、2アウト満塁から菊池に押し出しの四球を出してしまい、カープ先制。さらに続くバティスタにカウント3-0まで行きましたが追加点は許さず。岩貞は2回で早くも60球。3回、1アウトから連続四球で1,2塁のチャンスでしたが、糸井がセカンドゴロ併殺。タイガースは3回までで3併殺と散々。そのウラ、エルドレッドのファウルフライをロサリオが今日2度目の落球。直後に2塁打を打たれましたが、無失点。

5回、2アウトから鳥谷に四球を出して1,2塁となった所で7四球の薮田が降板。代わったアドゥワから植田が四球を選んで満塁まで行きますが、糸井がファーストゴロで三者残塁。そのウラ、バティスタのショートゴロ併殺コースでしたが、植田が弾いてしまいノーアウト1,3塁のピンチ。続く鈴木誠のサードゴロの間に2点目。5回で100球を超えた岩貞ですが、6回まで投げ抜きました。

6回、1アウトから福留が右中間を破る3塁打。2アウト後、糸原の叩き付けたセカンドゴロ。イレギュラーした打球を菊池が弾いてタイムリー内野安打に。1点差に迫ると7回、カープは今村が登板。2アウトから植田がセーフティバントを決めると、盗塁成功。すると糸井が低めのフォークを弾き返して1,2塁間を破っていくタイムリーで同点!そのウラ、1アウトからランナーが出た所でキャッチャーを梅野に交代。田中の盗塁も刺しました。

同点の9回は球児が登板。1アウトから連続四球で1,2塁となった所で、左の岩崎へスイッチ。田中をショートフライに抑えて2アウトとしますが菊池へは四球で満塁の大ピンチ。ここで途中出場の野間が粘って8球目を打ち上げてサードファウルフライに抑えてで延長戦へ。

10回、カープは一岡が登板。先頭・植田が三遊間を破るヒットで5打席全て出塁。1アウトからロサリオが高めに浮いたストレートをレフト最深部へ飛ばす特大アーチで勝ち越し!そのウラ、ドリスが先頭・鈴木誠にストレートの四球を出しますが、エルドレッドを5-4-3のゲッツーに抑えて逃げ切り。なんとか3タテを阻止して4月を終了しました。

「勝利のために頑張った結果が出て本当によかった。」by ロサリオ
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
植田 糸原 モレノ[H](2) 岩崎[勝](5)
ロサリオ ドリス[S](6)
鳥谷 岩貞 桑原[H](3)
糸井 福留 原口 梅野 大山
  山崎 俊介 西岡 藤川[H](4)
高山 伊藤隼
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
30日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岩貞祐太投手(再昇格。限られた先発チャンスでアピールしたい。)
OUT 能見篤史投手(得意のマツダで好投も白星には結びつかず。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月29日 (日)

能見、149キロの快投も…落球直後の被弾で連敗。

180429 広島○5-2●阪神(マツダ
勝利打点:バティスタ

サンテレビで完全中継。今日の先発は能見(再昇格)、広島・大瀬良。不振が続く大山が今季初のベンチスタートとなり、鳥谷を初の1番起用。植田も2番ショートで今季初スタメン。初回、先頭・田中にストレートの四球を出した能見でしたが、ここは崩れず無失点の立ち上がり。久しぶりの梅野とのバッテリーでしたがフォークが低めに決まりました。

3回、相性の良い梅野がストレートを狙い打ってレフトスタンド最前列への一発でタイガース先制!4回、鈴木誠の痛烈な当たりをサードに入った糸原が抑えてアウト。久々に最速149キロまで出た能見は飛ばしてました。5回、連打でノーアウト1,2塁のピンチを背負うと、2アウトから田中に四球で満塁。ここで菊池に甘く入ったストレートをレフト前へ2点タイムリーで逆転。

6回、先頭・植田がショートへの内野安打で出塁すると、1アウトから盗塁成功。キャッチャーの2塁送球が悪送球となって3塁まで進むと、ロサリオがフルカウントからセンターへの犠牲フライで2-2の同点!そのウラ、続投の能見ですが1アウトからバティスタのファーストファウルフライをロサリオが落球。この後、ストレートを狙い打たれてレフトスタンドへの一発で勝ち越し。さらに下水流の左中間への当たりでしたが高山がダイビングキャッチ!

1点ビハインドの7回、石崎が登板。1アウトから大瀬良にカウント3-0としてしまい、追い込んでから結局四球。続く田中が高めに浮いたストレートを弾き返してライトスタンドへの2ランで勝負アリ。ストレート一辺倒でカープ打線につかまり、途中からスライダーを織り交ぜました。

8回、代打・隼太のレフト前ヒットで出塁すると、1アウトから代打・原口がレフトポール際への大ファールの後、四球で1,2塁のチャンス。続く糸井が良い当たりのセカンドライナーに倒れると、2アウトとなった所で今村にスイッチ。ここでロサリオがど真ん中のストレートを高々と打ち上げてセカンドフライ。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
梅野 伊藤隼 岡本(3)
植田 原口
ロサリオ 能見[負]  
福留 高山 大山
鳥谷 糸井 糸原 西岡 石崎(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
29日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 能見篤史投手(再昇格。ベテランも1軍マウンドは3週間ぶり。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月28日 (土)

糸井、復活の猛打賞。足でジョンソン攻略も競り負け。

180428 広島○7-5●阪神(マツダ
勝利打点:菊池

よみうりTVで9回表途中まで中継。今日の先発は小野(中8日)、広島・ジョンソン。鉄人・衣笠祥雄氏の追悼試合で両チーム喪章をつけてプレー。先頭・上本がストレートの四球で出塁すると、チーム2個目の盗塁成功。1アウト3塁から糸井のセンター前タイムリーでタイガース先制!ここでロサリオが三振の際、糸井の盗塁アウトを巡って金本監督がリクエスト。初めて判定が覆ってチェンジから一転、2アウト2塁で再開すると、福留のライト線タイムリー2塁打で2点目!

3回、ノーアウト2,3塁のチャンスでしたが、後続が凡退して無得点。そのウラ、先頭・ジョンソンにストレートの四球を出してしまった小野。この後、ストライク判定も厳しく四球2つで1アウト満塁となり、鈴木誠にカウント2-2から高めに浮いたカーブをレフトスタンドへ持っていかれて逆転満塁ホームラン。これで終わらず松山のセカンドゴロで上本が1塁悪送球。安部の左中間フェンス直撃のタイムリー2塁打で2-5。

5回、先頭・俊介がショート後方へ落とすヒットで出塁すると、糸井が弾丸ライナーでライト最前列へ放り込む4号2ランで1点差!さらに福留のライト前ヒット(4連打!)でロサリオが一気に3塁を陥れる好走塁。ノーアウト2,3塁から糸原は浅いレフトフライに倒れますが、大山の犠牲フライで5-5の同点!ただダイビングキャッチした丸が右ひざを強打して負傷交代。

小野は5回111球、7四球で降板。6回は岩崎がマウンドに上がりますが、1アウトから田中に四球を許すと、続く菊池に左中間オーバーのタイムリー2塁打でカープが勝ち越し。2アウト2塁から鈴木誠のサードゴロが3塁ベースに直撃して外野に転がってしまい不運なタイムリー2塁打に。

8回はモレノが初登板。140キロの高速チェンジアップが武器で無失点ピッチング。大きく1塁方向へ体勢が流れるフォームが気になりましたが、ストレートは150キロ超でまとまっていました。9回は中崎との勝負。1アウト1,2塁のチャンスでしたが、最後は大山が見逃し三振でゲームセット。全打席、5度も得点圏で打席が回ってしまい苦しみました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸井 ロサリオ  
福留 藤川(3) モレノ(4)
上本 俊介  
  鳥谷 坂本
  西岡 伊藤隼
糸原 大山 梅野 小野 高山 岩崎[負](2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
28日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN モレノ投手(マテオの代役で初昇格。第5の新外国人がデビュー。)
26日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT マテオ投手(夫人の出産に伴い一時ドミニカに帰国。リフレッシュ。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月25日 (水)

メッセ、地方球場で7回1失点の好投!月間4勝目!

180425 ヤクルト●2-4○阪神(松山坊ちゃん
勝利打点:梅野②

関西テレビで2回表から8回表まで中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日※スライド)、ヤクルト・ハフ。2回、ノーアウト1,2塁から大山の左ひざへの死球で満塁。ここで梅野の1塁方向へのピッチャーゴロに少し逆をつかれたハフがバックホームを諦めて1塁アウトの間にタイガース先制!そのウラ、雄平のショートゴロを糸原が弾きますが、カバーの上本が2塁ベースへダイブ!

3回、2アウトから福留がショート内野安打で出塁すると、糸原も連打で1,2塁のチャンス。再び大山にチャンスが回ってきた所、内角のカットボールに詰まりながら三遊間を破るタイムリーで2点目!今年は得点圏で苦しんでおり、これが10打席ぶりのヒット。4回、先頭・坂口がヒット&盗塁で1アウト2塁からバレンティンのライトフェンス際へのフライを糸井が弾いてしまいタイムリー2塁打に。

5回、先頭・糸井が21打席ぶりのヒットで出塁しますが、ロサリオがサードゴロ併殺。6回、1アウト1,2塁のピンチでバレンティンが外角高めの変化球をひっかけて、5-4-3のゲッツー。上本の1塁送球が右にそれましたが、ロサリオが倒れこみながらベースから足を離さず。

1点リードの7回、スワローズは先発予定だった原が登板。先頭・上本が足に自打球を受けながら四球で出塁すると、俊介が送りバント成功。この後、1アウト1,2塁からロサリオが内角のシュートにバットを折りながら三遊間、ショートのグラブをかすめるタイムリーで貴重な3点目!さらに2アウトから糸原がセンター前へ落とすタイムリーで4点目!ホームインの糸井が十分に走れておらず途中交代。

メッセは7回1失点で降板して、8回は桑原。先頭バッターの代打・山崎のレフトファウルフライに福留がスライディングキャッチを試みますが惜しくも捕れず悔しがってました。青木に2塁打を許しますが無失点。9回はドリスが登板しますが、2アウト1,2塁から代打・鵜久森のライト前タイムリーで1点を返されましたが逃げ切って連敗ストップ!

「アリガトゴザイマス!ソウネ、マツヤマダイスキネ!」by メッセ
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸原 メッセンジャー[勝] 桑原[H](2)
福留 梅野  
上本 ロサリオ 大山  
俊介 植田
糸井 高山 山崎 鳥谷 ドリス[S](3)
   
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
23日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 高橋遥人投手(初の巨人戦は5回KO。GW9連戦で再びチャンス。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月22日 (日)

高橋遥、巨人戦で5回もたず。甲子園で3タテされる。

180422 阪神●1-10○巨人(甲子園
勝利打点:岡本

朝日放送で完全中継。今日の先発は高橋遥(再昇格)、巨人・野上。これまで下位を打っていた糸原がついに2番に昇格。初回、2アウトから糸井が11球粘って死球で出塁。続くロサリオがショートのグラブを弾く強襲ヒットで1,3塁とすると、福留のライト前タイムリーでタイガース先制!

3回までヒット1本に抑えていた高橋遥ですが、4回につかまり。先頭・吉川尚にレフト線への2塁打を許すと、続くゲレーロが追い込んでからライト線へのタイムリー2塁打で同点。さらに1アウト3塁から岡本が前進守備の二遊間を破るタイムリーで勝ち越し。これで終わらず続く亀井が高めストレートを狙い打ってライトオーバーのタイムリー。糸井からの返球を上本ロサリオが捕れずボールがホームまで転がる間に3塁まで進まれると、小林のタイムリーで4点目。

5回、マギーのライトフェンス際へのフライを糸井が捕れず2塁打にしてしまい、ノーアウト2,3塁から岡本がバックスクリーンへの特大3ランで1-7となり高橋遥がKO。2巡目から単調になって自慢のストレートを狙われました。バッテリーごと交代で代わった石崎から亀井がレフトオーバーの当たりに福留がグラブに当てながら捕れず。そのウラ、ノーアウト1,2塁のチャンスでしたが、糸原が5-5-3のゲッツー。

7回は高橋聡。大差の展開で集中力に欠けたか、連打でノーアウト1,3塁のピンチ。ここで亀井が1,2塁間へのゴロで高橋聡のベースカバーが遅れてタイムリー内野安打に。続く長野のレフト前タイムリーで4連打。2アウト2,3塁から坂本を申告敬遠で満塁としてから、続く吉川尚をレフトフライに抑えました。

8回は岡本が移籍後初登板。しかしいきなりゲレーロに甘く入ったスライダーをレフトスタンドへ持って行かれて10点目。この後はシュートを多投しながら2イニングを投げ抜いてくれました。来週以降もロングリリーフとして期待がかかります。打線は5安打と沈黙して、8回まで投げ抜いた野上に早くも2敗目。甲子園で3タテを喰らい、借金生活へ。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
福留 岩崎(3)
  石崎(2)
  原口
上本 糸井 ロサリオ 高山 鳥谷 岡本(5)
糸原 大山 梅野 高橋遥[負] 高橋聡(4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
22日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 高橋遥人投手(再昇格。注目のルーキーは左肩の状態を見ながら先発。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月21日 (土)

大山、8番降格も巡るチャンス。3度全て凡退で連敗。

180421 阪神●0-3○巨人(甲子園
勝利打点:岡本

BS日テレで完全中継。今日の先発は秋山(中6日)、巨人・田口。原口が今季初のスタメンマスク。上本も8試合ぶりのスタメン。初回、先頭・坂本のセカンドゴロをわずかにジャッグルした上本にエラーの記録。ノーアウト1,2塁のピンチでしたが無失点で立ち上がり。

2回、1アウト1塁から中井のサードゴロ。大山の鮮やかな身のこなしで5-4-3のゲッツー完成。そのウラ、原口糸原の連打で1アウト1,2塁のチャンス。ここで8番降格の大山でしたがファーストライナー。岡本が飛び出しを見逃さず2塁ランナーも戻れずゲッツー。3回には小林の左中間オーバーの当たりに福留が一直線で背走キャッチのファインプレー!

4回、先頭・吉川尚にヒットを許すと、1アウト1,2塁から岡本にレフト前タイムリーを許してジャイアンツ先制。さらに亀井が初球ライト線へのタイムリーを許すと、2アウトから小林がまたも初球をレフト前タイムリーで3点目。ストライクを取りにいった球を痛打されてしまいました。そのウラ、2アウト満塁のチャンスで大山の1,2塁間を破りそうな当たりを吉川尚に外野の芝生まで回り込まれてアウト。秋山は5回3失点で降板。

6回、福留の右手首付近への死球でノーアウト1,2塁のチャンス。ここでジャイアンツは澤村にスイッチして今日2打数2安打の原口は四球を選んでノーアウト満塁。糸原が浅いセンターフライに倒れてランナーが進めず、続く大山はフルカウントから痛恨のピッチャーゴロ併殺。澤村はガッツポーズでベンチに帰り、今日はこれで勝負あったか。7回もイニングまたぎで3人で抑えられました。

3点ビハインドの9回、抑えのカミネロとの勝負。先頭・糸原がレフト前ヒットで出塁すると、ついに大山に代打・高山が送られますがキャッチャーファウルフライ。2アウトから糸原が盗塁を決めますが記録なし。最後は俊介がセカンドゴロに倒れてゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  藤川(2)
原口 糸原 マテオ(3) 石崎(4)
ロサリオ 福留  
   
俊介 上本 秋山[負] 山崎 鳥谷 高山
糸井 大山 伊藤隼
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
21日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岡本洋介投手(初昇格。榎田とトレードで加入した期待の右腕。)
OUT 藤浪晋太郎投手(制球難から乱調再び。無期限の再調整へ。)
OUT 島本浩也投手(2年ぶりの1軍も結果を残せず。一発アウト。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月20日 (金)

藤浪、5回120球の大乱調。菅野に完敗で2軍降格。

180420 阪神●2-8○巨人(甲子園
勝利打点:小林

BS1で完全中継。今日の先発は藤浪(中6日)、巨人・菅野。初回、先頭の坂本に四球を出しながら無失点でしのぎましたが、2回には1アウト1,2塁から小林のライト前ヒット。バックホームを狙って目を切った糸井が後ろに逸らしてしまいジャイアンツ先制。

4回、先頭・小林にヒットを許すとストライクが入らなくなり、バントの構えの菅野に暴投。さらにフルカウントから四球を出して乱れました。ノーアウト満塁から吉川尚のライト前タイムリーで2点目。さらにゲレーロが外のカットボールに手を出すと不規則な回転がかかり、ロサリオが後逸して2点。ここからマギー、岡本を連続三振に抑えましたが、4回までで98球。

5回も続投した藤浪。先頭・立岡がピッチャーのグラブを弾く内野安打。ここでバントの構えをする小林に再びストライクが入らなくなってストレートの四球。1アウト2,3塁から坂本に高めに浮いたストレートを叩き付けられて前進守備の二遊間を破る2点タイムリー。10奪三振ながら120球、6四球と乱れた藤浪。来週は試合数が少なく2軍調整となり、GWの9連戦での復帰も厳しいか。

菅野の前に1安打に抑えられていましたが、6回に反撃。途中出場の原口隼太の連打でノーアウト1,2塁のチャンスを作ると、トップに戻って高山のライト前タイムリー!原口もヘッドスライディングの形でホームイン。ただここでギアを上げるのが菅野で、10球粘った鳥谷を三振。この回は1点どまり。

8回からは島本が今季初登板。2年ぶりの1軍マウンドで緊張の色は隠せず、いきなり吉川尚に四球。盗塁と暴投で3塁に進まれると、ノーアウト1,3塁から吉川大のタイムリーで7点目。さらに2アウト3塁から代打・長野を追い込んでから高めの思いっきり抜けてしまい暴投で8点目。そのウラ、原口が2塁打で出塁すると、隼太のジャストミートが1塁ベースに当たって上に打球が上がりますが、岡本のベースカバーで間一髪アウト。高山のタイムリーで1点を返すのがやっと。菅野に完投を許しました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  原口
  伊藤隼 石崎(2)
高山
 
大山 植田 西岡 上本
鳥谷 糸井 ロサリオ 福留
糸原 梅野 藤浪[負]
島本(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月19日 (木)

小野、松坂に投げ勝ち早くも2勝!俊介の超美技!

180419 中日●1-2○阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:なし

今季16試合目は地上波中継なし。今日の先発は小野(中8日※スライド)、中日・松坂。西岡が7試合ぶりのスタメン。2回、先頭・ロサリオの左肩付近へ死球。続く福留のライト前ヒットでノーアウト1,3塁のチャンスを作ると、糸原の犠牲フライでタイガース先制!そのウラ、1アウト1塁から高橋のサードゴロをバウンドが合わず大山が後逸。2,3塁から小野の暴投で同点。

4回、先頭・西岡のボテボテのピッチャーゴロを弾いた松坂。1塁へのグラブトスはメジャー仕込みながら送球がそれてセーフ。続く糸井が四球、ロサリオのライト前ヒットでノーアウト満塁とすると、福留がフルカウントからショートゴロ併殺の間にタイガースが勝ち越し!

5回以降も好投を続ける松坂。今季最長の7回のマウンドに上がりますが、2アウト満塁のピンチ。ここで朝倉投手コーチが投手交代を意味する、このイニング2回目のマウンドに向かいかけますが、松坂が両手で×を作って降板を拒否。観客からは続投に歓声が上がり、タイガースは小野の代打・上本で勝負をかけますが最後は外角カットボールに空振り三振。123球の熱投で追加点ならず。

8回、松坂に代わって登板したのは最年長の岩瀬。高山に代打・鳥谷を送りますがショートゴロ。次の回の守備からは俊介を入れる少しひっかかるような起用でした。そのウラ、1アウトを取った所で左の高橋聡をマウンドに送りますが、いきなり代打・阿部にストレートの四球。送りバントで2アウト2塁から大島との勝負。低めボール気味のストレートを弾き返して、前進守備のセンターを越える当たりでしたが俊介が背走しながらジャンピングキャッチ!超ファインプレーで助けました。

1点リードの9回はドリス。2試合連続失点中でいきなりアルモンテにストレートの四球を出してしまい嫌な空気になりますが、代走・工藤が牽制で飛び出してしまい1,2塁間に挟まれてアウト。これで落ち着くことができ、後続を抑えてゲームセット!

「意識することなく、相手打線に集中して投げることができました。」by 小野
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
小野[勝] 俊介 岩崎[H](2) ドリス[S](5)
  マテオ[H](3) 高橋聡[H](4)
ロサリオ 糸原 梅野  
福留 山崎
西岡 糸井 植田 上本 鳥谷
高山 大山  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月18日 (水)

メッセ、丸刈りで禊の勝利!FA取得で残留宣言!

180418 中日●3-4○阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:なし

サンテレビで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中5日)、中日・柳。初回、2アウト1,2塁のチャンスで福留がセカンドゴロに倒れて無得点。そのウラ、大島、京田の連打でノーアウト1,2塁のピンチを背負うとアルモンテのセンターフライで両者がタッチアップ。この後、1アウト満塁から平田のピッチャーゴロをメッセが素手で捕って2アウトとしますが、亀澤のサード右へのボテボテのタイムリー内野安打でドラゴンズ先制。

6回、ノーアウト1塁からロサリオへカウント0-2と追い込んでから外角ストレートが甘く入ってセンターオーバーの2塁打。ここで福留のファーストゴロにビシエドのバックホームが悪送球となり、2人が還って逆転!さらにノーアウト1,3塁から大山が初球キャッチャーファウルフライで嫌な流れになりますが、1アウト1,3塁から梅野のプッシュ気味のセーフティスクイズが決まって3点目!続くメッセもライト線へポトリと落とすタイムリーで糸原の好走塁で4点目!好投の柳をKO。

そのウラ、1アウト1塁からビシエドのセカンドゴロ併殺コースでしたが、鳥谷のグラブトスに糸原との呼吸が合わず体勢を崩してオールセーフ。2アウト1,3塁から亀澤のライト前タイムリーで1点を返されました。メッセは6回98球で降板。7回、今日先発予定だったガルシアから1アウト満塁のチャンス。ここで糸原が空振り三振、大山もセカンドゴロに倒れて追加点ならず。

2点リードの9回はドリス。先頭・亀澤のピッチャーゴロを体勢崩しながら捕ったドリスですが、1塁送球が間一髪セーフの判定。金本監督がリクエストを要求してビデオではアウトっぽかったですが、判定は覆らず。嫌な流れの中で暴投と進塁打で1アウト3塁から代打・藤井の犠牲フライで1点を返されました。最後は代打・高橋をセカンドゴロに抑えてゲームセット!

「前の試合はすみませんでした。タイガースファン、ダイスキネ。」by メッセ
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
メッセンジャー[勝] 岩崎[H](2)
ロサリオ 桑原[H](3)
糸井 糸原 梅野  
福留 ドリス[S](4)
鳥谷 大山 植田 山崎 俊介 上本
高山  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
17日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 島本浩也投手(初昇格。左のリリーフとしてアピールしたい。)
16日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 岩貞祐太投手(悔しさをぶつけた今季初登板。次回も期待。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

岩貞、初登板で6回1失点の快投!13安打で圧勝!

180415 阪神○8-3●ヤクルト(甲子園
勝利打点:福留③

BS朝日で完全中継。今日の先発は岩貞、ヤクルト・由規。初回、1アウトから鳥谷が右中間フェンス直撃の2塁打で出塁すると、2アウト1,2塁から福留のレフト前タイムリー!32イニングぶりのタイムリーでタイガース先制!さらに満塁のチャンスで大山がライトフライに倒れて三者残塁。初回で40球かかりました。

4回、2アウト1,2塁のピンチで小川監督が早くも奥村に代打・荒木を送りますが、外角ストレートに見逃し三振!そのウラ、2アウトから鳥谷がレフト前ヒットで今季初のマルチヒット。復調気配を見せると続く糸井が初球のストレートを高々と打ち上げた当たりがバックスクリーン左まで持って行き3号2ランで待望の追加点!

5回、1アウト1,3塁のピンチを背負った岩貞。ここで代打・鵜久森のライト犠牲フライで1点を返されましたが、糸井も無理なバックホームはせず1塁ランナーの進塁を抑えました。バレンティンへは四球で1,2塁のピンチでしたが、雄平をピッチャーゴロに抑えてピンチ脱出!そのウラ、先頭・糸原の左中間へのフライを雄平が捕れず2塁打にしてしまうと、大山のライト前タイムリーで貴重な4点目。ついに得点圏で打ちました。

3点リードの7回、スワローズはサブマリンの山中が登板。先頭・大山がストレートの四球で出塁すると、梅野が送りバント成功。代打・西岡が初球を浅いセンターフライで2アウトになりますが、トップに戻って高山がボテボテの当たりながらショート内野安打で1,3塁のチャンス。ここで鳥谷が粘って7球目をセンター前タイムリーで猛打賞!さらに糸井が右中間オーバーの2点2塁打でダメ押し!とどめは不振のロサリオまでサードの右を破るタイムリーで8点目!

7点リードの9回は石崎がマウンドに上がりますが、制球が定まらず。1アウト1,3塁から中村のライト犠牲フライで1点を返されると、2アウトから1塁ランナーの西浦が2塁へ進塁(盗塁の記録なし)。廣岡のレフト前タイムリーでもう1点返されました。さらに廣岡も2塁に進みました(盗塁の記録なし)が、山田をピッチャーゴロに抑えてゲームセット!

「開幕入れなくて悔しい気持ちを登板にぶつけました。まだまだ。」by 岩貞
「(甲子園のお立ち台は)緊張します。すごい視線です。」by 糸井
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
鳥谷 糸井 岩貞[勝] マテオ[H](2) 桑原(3)
大山 梅野  
ロサリオ 福留 糸原  
高山 植田 俊介
  山崎
  西岡 石崎
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
15日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岩貞祐太投手(初昇格。開幕ローテから漏れた左腕が巻き返す。)
OUT 伊藤和雄投手(2試合で1失点。3日間ながらブルペンを助けた。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月14日 (土)

生観戦。秋山、7回2失点の好投も…今季初の零封負け。

180414 阪神●0-6○ヤクルト(甲子園
勝利打点:バレンティン

関西テレビで4回表から中継。今季初の生観戦試合でした。先発は秋山(中6日)、ヤクルト・石川。山崎が2番セカンドで移籍後初スタメン。糸原もプロ初の6番に上がりました。雨が降り始めた2回、坂口のレフト線への当たりに福留がダイビングキャッチ!

4回、ロサリオがピッチャーゴロ併殺に倒れた後、福留が左中間へのヒット。これをバレンティンがボールを蹴とばしてしまい2塁へ。続く糸原がピッチャーのグラブを弾く内野安打で1,3塁のチャンス。大山がフルカウントから四球を選んで満塁としますが、梅野がライトフライで三者凡退。強い浜風で雄平が体勢を崩しながらキャッチ。

6回、先頭・山田が左中間オーバーの2塁打で出塁されると、1アウト3塁からバレンティンが低めのボール球をレフト線へ弾き返すタイムリーでスワローズ先制。そのウラ、先頭・糸井が四球で出塁すると、1アウトから福留がライト線へ落とす技アリの2塁打で2,3塁のチャンス。ここで糸原がファーストゴロに倒れてランナーが進めず。スワローズは近藤にスイッチして、大山がフォークに空振り三振。

7回、雄平のレフト前への当たりに福留が2度目のダイビングキャッチ!しかし直後、坂口がライトスタンドへの一発で痛すぎる2点目。好投の秋山でしたが援護なく、代打を出されて7回2失点で降板。8回は球児が登板。いきなり山田に四球を出すと、西浦の送りバントが小フライとなってゲッツーを狙った球児が1塁悪送球。グラウンドもぬかるんでおり裏目に出ました。ノーアウト2,3塁からバレンティンが右中間オーバーの2点タイムリーで勝負アリ。さらに奥村の犠牲フライで5点目。

そのウラ、代打・鳥谷がフルカウントから四球で出塁。続く糸井のヒットでノーアウト1,2塁のチャンスでしたが、ロサリオが今日2個目のゲッツー。9回は伊藤和が登板しますが、坂口にフェンス直撃の2塁打。2アウト1,3塁から西浦にセンター前タイムリーを許して6点目。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
福留  
糸井 秋山[負]  
  鳥谷
梅野  
糸原 大山 坂本 西岡 伊藤隼
俊介 山崎 ロサリオ 高山 藤川(2) 伊藤和(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月13日 (金)

福留、日米通算300号が9回同点弾も延長戦で惜敗。

180413 阪神●2-3○ヤクルト(甲子園
勝利打点:雄平

BS1で完全中継。今日の先発は藤浪(中6日)、ヤクルト・ブキャナン。開幕3試合目で金本監督から最後通告を受けた藤浪。マウンド上で弓矢を引くような動きを何度も行って意識づけをしていました。死球を恐れてバレンティンはベンチスタート。2回、ノーアウト1塁から西浦がバスターでレフト前ヒット。続く坂口のライト前タイムリーでスワローズ先制。ここで中村にストレートの四球で満塁の大ピンチでしたが、ブキャナンを1-2-3の併殺に抑えてしのぎました。

3回以降は大崩れせずに無失点ピッチングを続けた藤浪。6回、1アウト1塁から青木のレフト前ヒットで雄平が一気に3塁まで進む好走塁。ここで川端をショートゴロ併殺に抑えてピンチ脱出!糸原が中間守備で前に出ていた分、間に合いました。そのウラ、先頭・鳥谷が10球粘って四球で出塁すると、糸井がセカンド後方へのポテンヒット。ノーアウト1,2塁のチャンスでしたが、福留が4-6-3のゲッツー。

藤浪が7回96球で代打を送られたことで、1点を追う8回は岩崎。しかし1アウトから山田にレフトスタンドへの一発を許してしまい、痛恨の2点目。さらに2アウトから3連打で2塁から雄平がホームを狙いましたが、超前進守備の糸井がバックホームでタッチアウト。

被安打3で完封ペースのブキャナンが9回のマウンドに上がりますが、先頭・ロサリオがピッチャー強襲ヒット。この後、福留が高めに浮いたツーシームを豪快に振り抜いて右中間スタンドへの同点2ラン!日米通算300号ホームランがここで出ました。スワローズがここで抑えのカラシティーにスイッチして三者凡退。流れを切られました。

10回はドリス。ただ制球が定まらず、山田が内角ツーシームを引っ張ってレフト線への2塁打。1アウト3塁から雄平のレフト前タイムリーでスワローズ勝ち越し。そのウラ、石山に3人で抑えられてゲームセット。13安打を許しながら3点で抑えていましたが、打線が打てない。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
藤浪
糸井 福留 マテオ(3)
梅野
糸原
鳥谷 ロサリオ 大山 伊藤隼 上本
高山 岩崎(2) ドリス[負](4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月12日 (木)

メッセ、制球苦しみ暴言で退場。3タテならず2位転落。

180412 阪神●1-5○広島(甲子園
勝利打点:菊池

サンテレビで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日)、広島・岡田。鳥谷が7試合ぶりのスタメン出場。初回、先頭・高山が9球粘って四球を選ぶと、鳥谷のピッチャーゴロを岡田が弾いてオールセーフ。この後、ノーアウト満塁からロサリオの犠牲フライでタイガース先制!ところが福留が痛恨のショートゴロ併殺。

2回、先頭・安部がライトフェンス直撃の2塁打。ノーアウト1,3塁から磯村のピッチャー強襲タイムリーで同点に追いつかれると、2アウト1,3塁から菊池に右中間へのタイムリーを許してしまい逆転。さらにここから丸、松山に連続四球で押し出しとなった所でメッセが球審白井に詰め寄ってしまい暴言を吐いて退場。スクランブルで石崎が早くも登場して満塁のピンチを抑えました。

3回からは毎回先頭バッターに出塁を許しながら、無失点で粘った石崎が5回まで投げ抜いてくれました。47球投げたことで明日は使えない。カープ先発の岡田もボール判定に苦しみながら、次第にカーブをうまく使ってリズムを取り戻しました。結局6回まで投げ抜いて初回のヒット1本に抑えられました。

2点ビハインドの7回は高橋聡。先頭・丸がファーストへの内野安打で出塁されると、松山のライト前ヒットでノーアウト1,3塁のピンチ。この後、エルドレッドにフルカウントから四球を出してノーアウト満塁になると今日当たっている安部に1,2塁間を破る2点タイムリーを許してしまい勝負アリ。今日はストレートが思う所に行かずに苦しいマウンドでした。打線はわずか3安打に抑えられてしまい今日は完敗。1日で首位転落。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  石崎(2)
  藤川(5)
高山 伊藤和(3)
糸井 マテオ(6)
ロサリオ 大山 梅野 西岡 坂本 原口
鳥谷 福留 糸原
メッセンジャー[負]
上本 高橋聡(4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
12日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 伊藤和雄投手(初昇格。フル回転の中継ぎ陣を助けてほしい。)
OUT 高橋遙人投手(プロ初勝利から一夜。次回の先発も注目。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

高橋遥、圧巻のプロ初登板初勝利!連勝で奪首!

180411 阪神○4-1●広島(甲子園
勝利打点:糸井①

BS1で完全中継。今日の先発は高橋遥(プロ初登板)、広島・中村恭。福留が初の休養日に充てられて、俊介が6番レフトでスタメン。上本も4試合ぶりのスタメン。初回、ルーキー左腕の高橋遥が最速147キロのキレの良いストレートを次々と投げ込む圧巻のピッチング。そのウラ、1アウト1塁から糸井が左中間を破るタイムリー2塁打でタイガース先制!

5回、1アウトから上本がライト前ヒットで出塁すると、糸井ロサリオに連続四球で満塁のチャンス。ここで大山がフルカウントから押し出しの四球を選んで貴重な2点目!106球の中村恭が6四球を与えた所で降板。代わった中田の初球、俊介が外角高めのストレートをライトへ弾き返しますが、堂林がダイビングキャッチ。しかし続く糸原が外に浮いたフォークをショート後方へ落とす2点タイムリーで4-0!

6回、何度か打球を弾きながらアウトにしていた上本が早くも守備交代。植田がショートに入って、糸原がセカンドに回りました。先頭・会澤にレフト前ヒットを許してこれがカープ2本目のヒット。続く代打・下水流を3-6-3のゲッツーに抑えてここも無失点の高橋遥。5回に大きなフライを打たれて対応され始めたに見えましたが、内野ゴロの山を最後まで築いて7回無失点の快投!

4点リードの8回は岩崎。先頭・松山に7球粘られてセカンドゴロを糸原がファンブル。2アウト後、会澤にフルカウントから四球を出して1,2塁となった所で桑原にスイッチ。しかし代打・エルドレッドに左中間オーバーのタイムリー2塁打を許して1点を返されました。最終回はドリスが2アウトからメヒアに2塁打を許しましたが、最後は松山をファーストゴロに抑えてゲームセット!1位のカープ、スワローズが揃って敗れた為、タイガースが単独首位に浮上!

「すごい楽しかったです。100点あげてもいいんじゃないかと思います。」by 高橋遥
「(高橋は)100点だったと思います。」by 糸原
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸原 高橋遥[勝] ドリス[S](4)
糸井 桑原[H](3)
上本  
ロサリオ 大山 岩崎(2)
梅野 植田
高山 俊介 鳥谷
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
11日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 高橋遙人投手(初昇格。首脳陣期待のドラフト2位左腕ルーキー。)
OUT 尾仲祐哉投手(登板なく1日で抹消。次のチャンスに期待。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月10日 (火)

隼太の独壇場!6回一気の逆転劇で甲子園初勝利!

180410 阪神○4-3●広島(甲子園
勝利打点:伊藤隼①

テレビ大阪で2回表から中継。今日の先発は小野(中5日)、広島・薮田。初回、ノーアウト1,2塁のチャンスでロサリオのセンターフェンス際への当たりを丸に捕られましたが、高山が飛び出してしまい進めず。2回、2アウト1,3塁から会澤にレフト線へのタイムリー2塁打を許してカープに先制されると、続くピッチャーの薮田にライト前タイムリーを許してしまい2点を先行。

3回、1アウトから連続四球で1,2塁のチャンス。ここでロサリオの場面でしたが、ダブルスチールを試みかけた2塁の西岡が帰塁してしまい、つられた1塁の糸井が戻れず牽制アウト。4回、ダブルプレーで2アウトとなってから糸原が四球で出塁すると、続く梅野がセンター左へ弾き返す20打席ぶりのヒット。打球方向で逆を突かれた丸が追いつけずフェンス際まで転がる間に1点を返しました。

5回、1アウト1,3塁のピンチ。ここで丸をセカンドゴロ併殺コースかと思われましたが、西岡の2塁送球がそれて糸原が体勢を崩してしまいアウトは1つ。この間にカープが1点を追加。小野は5回106球で降板。そのウラ、2アウト1塁からロサリオがライトオーバーの当たりに糸井が一気にホームを狙いましたが手前でアウト。

2点ビハインドの6回、球児が登板。いきなりエルドレッドの左腕に死球。続く堂林のセカンドゴロ併殺の1塁判定を巡って金本監督がリクエストを要求しますが判定は覆らず。それでも次の会澤をゲッツーに抑えました。そのウラ、1アウトから連続四球を出した薮田が降板。今日は8四球と大荒れでした。代わった一岡が満塁にしてしまうと、途中出場の俊介のボテボテのショートゴロを田中が逸らして2点が入り同点!さらに代打・隼太のピッチャー強襲タイムリーで勝ち越し!

1点リードに代わり、7回の桑原が3人で抑えて悪い流れを切りました。8回はクリーンアップ左3人が並ぶこともあり、高橋聡が登板。松山に11球粘られますが3人で抑えてくれました。最終回はドリス。先頭・エルドレッドに四球を出してしまい、代走・野間が登場。1アウト2塁のピンチでしたが、会澤を空振り三振!最後は代打・西川が嫌な当たりでしたがライトライナーでゲームセット!

「吐きそうになっているんですけど、緊張が集中力につながっている。」by 隼太
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸原 伊藤隼 桑原[H](3) 高橋聡[H](4)
梅野 藤川[勝](2) ドリス[S](5)
   
福留 小野 俊介
西岡 糸井 ロサリオ 植田 鳥谷
高山 大山  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
10日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 尾仲祐哉投手(初昇格。大和の人的補償で入団した2年目右腕。)
9日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 能見篤史投手(初登板は5回途中で降板。1軍帯同で待機。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 8日 (日)

又吉粉砕で4点差大逆転も…マテオ投壊で負け越し。

180408 阪神●7-9○中日(京セラドーム
勝利打点:アルモンテ

BS朝日で完全中継。今日の先発は能見、中日・笠原。坂本が今季初のスタメンマスク。2回、ノーアウト2塁から平田のライト前ヒットで一気にホームを狙ったビシエドですが、糸井のバックホームが決まってタッチアウト!しかし3回、2アウトから京田にヒットと盗塁を決められて得点圏に進まれると、アルモンテにライトオーバーのタイムリー2塁打を許してドラゴンズ先制。

そのウラ、先頭・坂本がレフト線へのタイムリー2塁打で出塁すると、能見が送りバント成功。1アウト3塁から高山の叩き付けた打球が1塁線を破っていくタイムリー2塁打で同点。しかし5回、1アウトから大島のファーストゴロでベースカバーに入った能見が落球。ここからリズムを崩し、アルモンテのレフト前タイムリーで勝ち越し。さらに満塁となった所で石崎に交代しますが、暴投と押し出し四球で2点。さらに満塁から大野の頭部にすっぽ抜けた変化球が直撃して危険球退場。

4点を追う7回、又吉が登板。1アウトから代打・隼太が8球粘って四球を選ぶと、代打・原口が三遊間への内野安打で1,2塁のチャンス。2アウト後、高山のセンター前タイムリーで1点を返すと、西岡のレフト線へのタイムリー2塁打!さらに満塁からロサリオがショートの左を破る2点タイムリーで同点!それでも又吉を代えず、福留がフルカウントから四球を選んで満塁とすると、大山が10球粘って押し出しの四球で6-5と勝ち越し!攻撃終了後、ベンチで森監督が又吉を叱っていました。

1点リードの8回、マテオが登板。準備が間に合わなかったのかいきなり代打・亀澤、大島に連続四球を出してしまうと、京田のボテボテのショートゴロが内野安打となってノーアウト満塁の大ピンチ。ここでアルモンテにライト前へ2点タイムリーを許してあっさり逆転。1アウト後、平田に前進守備の二遊間を破ってセンター前への2点タイムリーで6-9となりKO。

最終回は田島との勝負。先頭・西岡がショート後方へのポテンヒットで猛打賞。1アウト満塁のチャンスで大山のセンターへ抜けそうな当たりをセカンド亀澤がダイビングキャッチ。グラブトスで2塁ホースアウトの間に1点を返しましたが、最後は梅野がライトフライに倒れてゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  岩崎(3)
西岡 糸井 福留 原口 上本 高橋聡(5) 藤川(6)
高山 ロサリオ 大山 伊藤隼
  鳥谷
坂本 能見 梅野
糸原 石崎(2) マテオ[負](4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
8日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 能見篤史投手(今季初昇格。通算100勝まで残り2で達成したい。)
OUT 島田海吏外野手(開幕1軍のルーキーは1試合のみ。次もチャンス。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 7日 (土)

秋山、厳しい判定にも負けず。粘って今季初勝利!

180407 阪神○3-1●中日(京セラドーム
勝利打点:福留②

毎日放送で完全中継。今日の先発は秋山(中5日)、中日・ジー。西岡が2番セカンドで今季初スタメン。初回、1アウトから西岡のショートゴロでしたがファーストのビシエドが弾いて出塁。この後、2アウト1,2塁から福留のセンター前タイムリーでタイガース先制!

4回、先頭・ロサリオが外角の変化球攻めをこらえて、フルカウントから四球を選んで出塁。続く福留は甘い球をミスショットしてレフトフライに倒れますが、続く大山が外角高めのカットをライトポール際最前列へ放り込む技アリの一発で3-0とリード!秋山も5回まで56球とテンポの良い投球で無失点。

6回、先頭・大島がセンター前ヒットで出塁。1アウト2塁からアルモンテへの配球でカウント2-2から内角ストレートで決めに行きましたが、球審飯塚がボールの判定。フルカウントとなりストレート攻めで8球目をライト線へのタイムリー2塁打で1点を返されました。2アウト後、平田、高橋に連続四球で満塁にしてしまいますが、福田を低めストレートで空振り三振に抑えて秋山がガッツポーズ。この回、球審のストライクゾーンに苦しみ36球かかりました。

2点リードの7回は桑原。ピッチャーのジーが打席に立ち、西岡のジャンピングスローが決まりかけましたが、ロサリオがワンバウンドを弾いて記録はヒット。それでも左バッターの外から入れるスライダーが有効的でした。8回はマテオがノーアウト満塁の大ピンチを背負いましたが、高橋はショートフライ。続く福田を5-4-3のゲッツーに抑えて渾身のガッツポーズ!

9回はドリス。守備固めでファーストに山崎、ショートに植田を入れてきました。2アウトから大島にストレートの四球を出してしまうと、ベンチの指示で1塁ベースを空けて2塁まで進まれましたが、最後は京田を空振り三振に抑えてゲームセット!

「サインに対して気持ちを出して投げ込むだけだと思っていた。」by 秋山
「少ない援護点ですみません。1試合1試合泥臭くやりたいと思います。」by 福留
「やっとウエートトレーニングの効果が出てきたと思う。」by 大山
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
秋山[勝] 桑原[H](2) ドリス[S](4)
大山  
ロサリオ 福留  
梅野 マテオ[H](3)
高山 糸井 山崎 植田 鳥谷
西岡 糸原  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

梅野、見え見えのスクイズ。併殺幕切れで痛い敗戦。

180406 阪神●2-3○中日(京セラドーム
勝利打点:福田

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発は藤浪(中5日)、中日・小笠原。ホーム開幕戦とあって陸上の桐生選手が始球式。初回、158キロで先頭大島に四球を出すと、京田の送りバントを処理した藤浪がアンダースローで1塁悪送球。これでリズムが乱れると、アルモンテへは投げる際にバランスを崩してよろめきながら大暴投。この間にドラゴンズ先制されますが、そのウラ、糸井が泳ぎながらライトスタンドへの逆転2ラン!

2回以降は取り戻した藤浪でしたが、5回に乱調。先頭・高橋のセカンド左へのゴロを上本が追いつきますが、間一髪セーフの判定。ここで金本監督が初のリクエストを要求しますが判定は変わらず。この後、2アウト2,3塁まで行きますが、トップに戻って大島、京田に突如ストライクが入らなくなり、8球連続ボールで押し出しで同点。たまらず石崎にスイッチして、アルモンテを空振り三振に抑えました。

そのウラ、梅野がセーフティバントを試みますが打球が体に当たって珍しいアウト。これが1つの伏線に。6回、球児が2アウト満塁の大ピンチを作りますが、打席にそのまま立たせた小笠原を空振り三振に抑えて無失点。そのウラ、上本糸井の連打でノーアウト2,3塁のチャンスでしたが、後続が凡退。福留のピッチャーゴロでホームを狙った上本が3フィートオーバーでアウト。

8回、2イニング目の岩崎でしたが、1アウトから平田が詰まりながらライト前へ落とすヒット。続く高橋も詰まりながらセンター前ヒット。打球判断の良かった平田は一気に3塁へ。ここで福田が3連打となるライト前タイムリーで勝ち越し。

1点を追う9回、田島との勝負。先頭・大山がレフト線への2塁打で出塁しますが、糸原に送りバントを指示。1アウト3塁となった所で代走・植田。ここで梅野をそのまま行かせたことでスクイズの匂いがしました。4球連続でセーフティスクイズの構えで最後はピッチャー正面。田島のグラブトスも決まり、交錯しかけてスタートの遅れた梅野も1塁アウトでまさかのゲッツー。痛い試合を落としました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸井 石崎[H](2)
  岩崎[負](4)
上本 糸原 原口 高橋聡(5)
   
大山 藤浪 鳥谷 俊介 西岡 藤川[H](3)
高山 ロサリオ 福留 梅野 植田
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 5日 (木)

メッセ、8回11Kで開幕2連勝!5戦連続の先制で快勝。

180405 DeNA●0-2○阪神(横浜
勝利打点:大山①

サンテレビで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中5日)、DeNA・東。左投手との対戦で上本が3試合ぶりの先発起用。ドラ1ルーキーの東も第1球こそサインミスで変化球を投げ込んでキャッチャーを慌てさせましたが、150キロの速球と変化球で3回までで早くも5奪三振の好投。対するメッセも3回まで1安打、5奪三振の好投。

4回、1アウトからロサリオが低めのストレートをセンター返しのヒット。続く福留がライトフェンス直撃の2塁打で2,3塁のチャンスを作ると、大山が初球をレフト犠牲フライでタイガース先制!さらに糸原の三遊間を破りそうな当たりを大和が逆シングル。わずかに体勢を崩した分、内野安打で悔しがっていました。この後、梅野はサードゴロで追加点ならず。そのウラ、メッセが1アウトから筒香に2打席連続のヒットを許しますが、最後は宮崎をレフトフェンス際へのフライに抑えて無失点。

5回、先頭・戸柱が初球をライトフェンス最上部に当てるシングルヒット。ただこの後、東のスリーバント失敗もあってランナーを進めることができずメッセも助かりました。7回までで被安打3、84球の好投。

8回、ベイスターズは左の砂田が登板。先頭・高山がセンター前ヒットで出塁すると、上本が送りバント成功。1アウト2塁から糸井がライトフェンス直撃のタイムリー2塁打で貴重な2点目!ここで三上にスイッチされ、ロサリオは三球三振。2アウトから福留は申告敬遠をされてしまい1,2塁となりますが、大山が外角ストレートに空振り三振で追加点ならず。

メッセは8回まで投げ抜いて11奪三振の好投。ベイスターズは9回、今年からリリーフ転向の井納が登板して三者凡退に抑えました。そのウラ、タイガースはドリスが連投のマウンド。1番からの嫌な打順でしたが、3人で抑えてゲームセット!最後は筒香を内角ツーシームで見逃し三振に抑えました。

「イイネ。阪神ファンの皆さんの前で登板するのが楽しみでしようがない。」by メッセ
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
メッセンジャー[勝] ドリス[S](2)
糸井  
福留 糸原 大山  
高山 梅野  
上本 ロサリオ 鳥谷 伊藤隼
   
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

小野、2年目の飛躍。8回途中1失点好投で早くも1勝!

180404 DeNA●1-2○阪神(横浜
勝利打点:梅野

関西テレビで2回表から中継。今日の先発は小野、DeNA・飯塚。2回、糸原のライトフェンス直撃の2塁打で1アウト2,3塁のチャンスを作ると、梅野がサインを受けた直後に1塁線へのセーフティスクイズ。小フライでヒヤリとしましたが成功してタイガース先制!

そのウラ、1アウトから宮崎のピッチャーゴロ。余裕のあるタイミングでしたが小野がまさかの1塁悪送球。この後、2アウト3塁でタイガースからFA移籍した大和との初対決でしたが、カウント2-0となった所で金本監督が初の申告敬遠。ピッチャー飯塚との勝負を選んで大和に盗塁も許しましたが、三振に抑えてピンチ脱出。

5回、2アウトから高山がライト線への2塁打で出塁すると、鳥谷がライト右へのタイムリー2塁打で貴重な2点目。さらに糸井もセンター前ヒットを放ちますが、一気にホームを狙った鳥谷がタッチアウト。5回まで1安打ピッチングに抑えた小野。2段モーションが解禁され溜めができました。6回に1アウトからルーキー神里にヒットと盗塁を許すと、桑原のファースト横の当たりにロサリオが逆シングルで止めるファインプレー。2アウト3塁でバッテリーは筒香と勝負。最速153キロでセカンドゴロに打ち取りました。

2点リードの8回、102球の小野がプロ初の8回へ。先頭・大和がショート右を破るセンター前ヒットで出塁。続く代打・楠本の当たりを糸原が追いついて6-4-3のゲッツーコースでしたが、この回から守備に入った植田の1塁へのワンバウンド送球をロサリオが捕れず。バッターランナーは2塁へ。さらに暴投と四球で1アウト1,3塁となった所で、マテオにスイッチしますが神里にライト前タイムリーを許して1点差。なお2,3塁のピンチでしたが、筒香を内角ストレートで見逃し三振に抑えてガッツポーズ!

最終回はドリス。いきなりロペスに高めに入ったツーシームをレフトスタンドへ持っていかれたようなカメラワークでしたが詰まってレフトフライ。ハラハラしましたが結局3人で抑えてゲームセット!

「今年は勝ち星が増えるような投球をどんどんしたい。」by 小野
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
小野[勝] マテオ[H](2) ドリス[S](3)
糸井 梅野  
高山 糸原  
大山  
鳥谷 植田
ロサリオ 福留  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
4日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 小野泰己投手(開幕ローテ入りの2年目右腕。昨年の経験を活かしたい。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

ロサリオ、特大の初アーチも空砲。岡本覚醒の予感。

180401 巨人○3-2●阪神(東京ドーム
勝利打点:岡本

よみうりTVで完全中継。今日の先発は秋山、巨人・野上。初回、先頭・高山がレフトオーバーの2塁打で出塁すると、鳥谷のレフト前へ詰まった打球をゲレーロがダイビングキャッチ。ベルト交換で中断後、1アウト1,2塁のチャンスで無得点。しかし2回、梅野が右中間スタンドへ放り込む一発でタイガース先制!

4回、ロサリオが真ん中に入ってきたスライダーを見逃さず、レフトスタンド上段への特大アーチ!開幕3戦目でついに来日1号を放ちました。さらにノーアウト1塁で大山のショートゴロ併殺コース。1塁塁審はセーフの判定でしたが、高橋監督がリクエストを要求。ビデオ判定で覆ってしまいアウト。そのウラ、先頭・坂本にヒットを許すと、ゲレーロの左中間へのライナーに追いついた高山がグラブの土手に当てて落球でノーアウト2,3塁。1アウト後、岡本に初球高めストレートを要求しますが豪快に振り抜かれて逆転3ラン。

1点ビハインドの6回、2アウトからロサリオがセンターオーバーの2塁打。タイミングはアウトでしたが、ボールがこぼれました。続く福留にはカウントが悪くなった所で敬遠ぎみの四球。ここで高橋監督が澤村を投入して大山に期待が集まりましたがショートフライで無得点。

8回、上原がいきなり連投のマウンド。今日も3人で抑えられましたが、糸井へのスプリット7連投でサードゴロに抑えたのは見ごたえがありました。そのウラ、イニングまたぎの石崎が四球1つを出しましたが、大当たりの岡本を見逃し三振に抑えてくれました。

9回、抑えのカミネロとの勝負。1アウトから福留がライト線への2塁打で出塁して、代走・島田がプロ初出場。ここで大山が粘りながら最後は空振り三振。続く糸原も8球粘りましたがセカンドゴロに倒れてゲームセット。開幕カードは1勝2敗と負け越し。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  石崎(2)
ロサリオ 福留  
梅野 秋山[負]  
   
高山 糸井 上本 島田
鳥谷 糸原 大山  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »