« プロ野球戦力分析【広島編・2018開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【横浜DeNA編・2018開幕】 »

2018年3月18日 (日)

プロ野球戦力分析【阪神編・2018開幕】

18t 2018年シーズン開幕直前、戦力分析。今回はセリーグ2位の阪神タイガース。金本監督の3年目は優勝に“挑む”シーズンになる。大砲の新外国人・ロサリオを獲得し、今年こそ外国人が活躍なるか。昨年、5人が60試合以上に登板して優勝争いに貢献した鉄壁リリーフ陣の回復具合が気がかり。オープン戦では攻守ともに低調で苦しい開幕を迎えることになる。

【野手編】
18torder 鳥谷が2年連続のコンバートで今年はセカンドに挑戦。上位で高い出塁率を期待されるが、大和(DeNA)のFA流出も重なり二遊間の守備範囲が狭まる点が懸念される。昨年は新人で4番も座った大山が侍ジャパンにも選出され、サード定着なるか。2年目のジンクスにはまれば、内野陣は苦しくなる。新外国人のロサリオは外角の変化球攻めに苦しんでいるが、飛距離は十分。センター争いは高山、中谷、俊介の併用でベテラン福留の休養を与えながらの起用になる。

注目選手は、糸原。鋭いスイングと勝負強さが持ち味で、ショート定着なるか。

【投手編】
メッセンジャーが4年連続の開幕投手を務めるが、キャンプで肩の違和感を訴えており球威に不安が残る。昨年12勝の秋山、ベテラン能見まではローテ確定。2年目の小野、才木、新人左腕の高橋遙(亜大)が好調をアピールしているが、先発陣は未知数。リリーフ陣は、桑原、マテオの勝ちパターンは健在でここに石崎が加われるかどうか。オープン戦で高橋聡が打ち込まれているが、勝負所のワンポイントに期待。抑えはドリスが右ひじの張りを訴えており、開幕当初の連投は難しいか。

注目選手は、藤浪。制球難の克服を目指して苦しんでいるが、復活に期待。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 メッセンジャ 秋 山 能 見 藤 浪 小 野
中継 桑 原 マテオ 高橋聡 石 崎 藤 川 岩 崎
抑え ドリス
次点 岩 貞 青 柳 才 木 岩 田 松 田 高橋遥 モレノ
故障
野手
捕手 梅 野 坂 本 原 口
内野 ロサリオ 鳥 谷 大 山 糸 原 上 本 西 岡 山 崎
外野 福 留 高 山 糸 井 中 谷 俊 介 伊藤隼
次点 岡 崎 北 條 森 越 植 田 荒 木 陽 川 江 越
故障
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【広島編・2018開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【横浜DeNA編・2018開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【阪神編・2018開幕】:

« プロ野球戦力分析【広島編・2018開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【横浜DeNA編・2018開幕】 »