« プロ野球戦力分析【北海道日本ハム編・2018開幕】 | トップページ | メッセ、菅野に投げ勝った!全員安打で最高のスタート。 »

2018年3月28日 (水)

プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2018開幕】

18m 2018年シーズン開幕直前、戦力分析。今回はパリーグ6位の千葉ロッテマリーンズ。昨年は投打がかみ合わず5月に自力優勝が消滅。球団ワーストの87敗を喫して伊東監督が辞任。現役引退した井口がそのまま新監督に就任。メジャー経験を活かした戦術が楽しみだが、選手層が苦しい中での開幕となる。ZOZOマリンの新しい人工芝が与える影響にも注目。

【野手編】
18morder 機動力の高い荻野がリードオフマンに指名されたが、故障の多い選手でケアしながらの起用になる。守備に定評のある藤岡(トヨタ自動車)、長打力のある菅野(日立製作所)の新人2人が開幕スタメンの見込み。即戦力ルーキーがどこまで戦えるかがポイント。4番候補の角中が負傷で出遅れてしまい、新外国人ドミンゲスの調子が上がるまでは純国産打線で長打が期待できない。加藤、中村、平沢といった足を使える選手が1軍に多く、機動力野球で得点力アップを狙う。

注目選手は、藤岡裕。源田(西武)の1年後輩で同じショートで新人王を狙う。

【投手編】
FA残留の涌井が4年連続9度目の開幕投手。昨年5勝からの復活に期待。WBCの影響を受けた石川が3勝に終わり、今年は再起をかける。新外国人のボルシンガーが打ち込まれており、動く球とマリンの風を有効的に使いたい。リリーフ陣は、新外国人のシェッパーズが150キロ台の速球を武器にセットアッパーで開幕。右の大谷、有吉、左の松永を中心にフル回転することになる。抑えは内が指名。昨年16セーブからの飛躍が求められるが、少し安定感に欠く。

注目選手は、酒居。プロ2年目で初の開幕ローテ。右の本格派で活躍の予感。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 涌 井 ボルシンガ 酒 居 石 川 二 木
中継 シェッパース 大 谷 松 永 有 吉 益 田 田 中
抑え
次点 西 野 オルモス 大 隣 唐 川 大嶺祐 佐々木
故障 チェン
野手
捕手 田 村 江 村
内野 井 上 中 村 鈴 木 藤岡裕 福 浦 平 沢 三 木
根 元 細 谷 李杜軒
外野 菅 野 荻野貴 加 藤 岡 田
次点 柿 沼 吉 田 大嶺翔 ドミンゲス 安 田 ペゲーロ 伊志嶺
故障 金 澤 角 中 清 田
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【北海道日本ハム編・2018開幕】 | トップページ | メッセ、菅野に投げ勝った!全員安打で最高のスタート。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2018開幕】:

« プロ野球戦力分析【北海道日本ハム編・2018開幕】 | トップページ | メッセ、菅野に投げ勝った!全員安打で最高のスタート。 »