« プロ野球戦力分析【東京ヤクルト編・2018開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【埼玉西武編・2018開幕】 »

2018年3月24日 (土)

プロ野球戦力分析【福岡ソフトバンク編・2018開幕】

18sh 2018年シーズン開幕直前、戦力分析。今回はパリーグ1位の福岡ソフトバンクホークス。昨年は快進撃を見せたイーグルスとの優勝争いで夏場に一気に突き放すと、日本シリーズも制して2年ぶりの日本一に輝いた。春季キャンプ、オープン戦で主力の故障者が続出しているが、若手を試す場に。圧倒的な選手層でシーズンを戦い抜ける今年も優勝候補の最有力である。

【野手編】
18shorder リードオフマンの今宮がウイルス性胃腸炎で開幕は微妙。リーグ屈指の守備力で早期復帰が求められる。柳田は右わき腹痛との戦いになるが、豪快なスイングで今年も3割30本を期待。故障に苦しんだ内川は2000本安打まで25。ポストシーズンで見せた驚異的な勝負強さは健在。デスパイネ、松田は順調に仕上げてきたが、中村晃がオープン戦で故障発生。最も苦しいのはキャッチャーで、ベストナインの甲斐に続く選手が相次いで故障しており、1年間戦えるかが心配。

注目選手は、上林。侍ジャパンにも選出され昨年13発からの飛躍なるか。

【投手編】
千賀が育成出身初の開幕投手を予定していたが、右腕の張りを訴えて無理はできない。武田、バンデンハーク、東浜までの4人が先発ローテの軸として期待されるが、オープン戦で打ち込まれており不安を抱えたまま開幕を迎えることになる。リリーフ陣は、最優秀中継ぎの岩嵜が今年も8回を任される。左のモイネロ、右の森も強力。 昨年ドラ1の田中正義もアピール成功でプロ初登板が楽しみ。抑えはリーグMVPのサファテ。日本新の54セーブを挙げ名球会入りまで21。

注目選手は、千賀。代表戦へ早期調整が影響したか。先発3年目は試練。

【1軍登録選手(投手13人、野手15人)】
投手
先発 千 賀 武 田 バンデン 東 浜 石 川 中 田
中継 岩 嵜 モイネロ 嘉弥真 田 中 加治屋
抑え サファテ
次点 攝 津 笠 谷 飯 田 古 谷 笠 原 二 保 高 橋
故障 和 田 五十嵐 寺 原 岡 本
野手
捕手 甲 斐 谷川原
内野 内 川 本 多 松 田 今 宮 西 田 川 島 高 田
外野 中村晃 柳 田 上 林 デスパイネ 福 田 城 所
次点 堀 内 曽 根 江 川 吉 村 塚 田 長谷川 真 砂
故障 高 谷 栗 原 川 﨑 グラシアル 明 石
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【東京ヤクルト編・2018開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【埼玉西武編・2018開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【福岡ソフトバンク編・2018開幕】:

« プロ野球戦力分析【東京ヤクルト編・2018開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【埼玉西武編・2018開幕】 »