« プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2018開幕】 | トップページ | 藤浪、6回に乱れて4点差逆転負け。上原復帰登板。 »

2018年3月30日 (金)

メッセ、菅野に投げ勝った!全員安打で最高のスタート。

180330 巨人●1-5○阪神(東京ドーム
勝利打点:福留①

よみうりTVで完全中継。開幕戦の先発はメッセンジャー、巨人・菅野。初回、1アウト1,2塁のピンチをしのぐと、2回には福留が外角高めのストレートを弾き返して、レフトポール直撃の一発でタイガース先制!これで終わらず3連打で満塁とすると、2アウトから1番起用の高山がセカンドへの高いバウンドがタイムリー内野安打!ヘッドスライディングで気迫を見せました。

そのウラ、1アウトから長野がインローの球をうまく肘をたたんでレフトポール際の大ファール。ここで高橋監督が12球団初の“リクエスト”。ビデオ判定になりますが結果は覆らず。すると3回、2アウトから福留が2打数2安打となるセンター前ヒットを放つと、続く大山がライトスタンドへ放り込む2ランで4-0とリード!

5回、連打でノーアウト1,2塁のピンチを背負ったメッセ。菅野が送りバントを決めて1アウト2,3塁のピンチ。ここで陽をフォークで空振り三振に抑えると、吉川尚には良い当たりを打たれましたがセカンドライナーで無失点。

7回、1アウトから鳥谷糸井の連打で1,3塁のチャンスを作ると、新外国人のロサリオがカウント2-0からストレートが甘く入った所を振り抜き、ショート横を鋭く抜けるタイムリーで5点目!あの菅野からチーム12安打。これで先発野手全員安打を達成。100球を超えたあたりから菅野の制球も乱れました。

そのウラ、2アウトから新人の田中俊が代打で登場。1,2塁間を抜けそうな当たりを鳥谷が追いつきますが、1塁送球がそれて内野安打に。続く代打・大城もプロ初ヒットで1,2塁とされると、陽のセンター前タイムリーで1点を返されました。香田コーチがマウンドに行きますが、ここは続投。吉川尚をセカンドゴロに抑えてピンチ脱出!8回はマテオ、9回はドリスが抑えて2年連続の開幕戦勝利!

「アリガトゴザイマス。監督を失望させるわけには行かなかった。」by メッセ
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
福留 大山 メッセンジャー[勝]  
高山 マテオ(2) ドリス(3)
糸原 梅野  
鳥谷 ロサリオ  
糸井 植田 俊介 上本
   
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2018開幕】 | トップページ | 藤浪、6回に乱れて4点差逆転負け。上原復帰登板。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/66555873

この記事へのトラックバック一覧です: メッセ、菅野に投げ勝った!全員安打で最高のスタート。:

« プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2018開幕】 | トップページ | 藤浪、6回に乱れて4点差逆転負け。上原復帰登板。 »