« プロ野球スピリッツ5査定(中谷将大) | トップページ | プロ野球戦力分析【阪神編・2018開幕】 »

2018年3月17日 (土)

プロ野球戦力分析【広島編・2018開幕】

18c 2018年シーズン開幕直前、戦力分析。今回はセリーグ1位の広島東洋カープ。昨年は圧倒的な戦力で37年ぶりのリーグ連覇こそ果たしたが、CSで勢いに乗ったベイスターズに敗退。今季はリーグ3連覇と日本一を狙う。野手の陣容はほぼ固まっておりレベルが高い。昨年活躍した若手投手陣が今年も続けて安定した実績を残せば、ペナントレースを独走する気配も。

【野手編】
18corder 上位打線は“タナキクマル”が健在。3人で昨年301得点をたたき出した攻撃力はトップクラス。4番に定着した鈴木誠が右足首の手術明けとなり、1年を通しての活躍となると体力面で不安が残る。鈴木が離脱した時に代役4番を務めた松山も好調で、3割20本を狙える。ベテランの新井、エルドレッドも好調をキープしており、シーズンでは疲労を考慮した選手起用も。キャンプで腰痛を発症した安部は開幕に間に合う見込み。三塁は3年目の西川、メヒアが控えており層が厚い。

注目選手は、坂倉。高卒2年目だが非凡な打撃センスで今年のブレイク候補。

【投手編】
7年目の野村が初の開幕投手。昨年は故障に苦しんだ左腕のジョンソンが復活すれば、2人でローテの軸に。昨年2ケタ勝利を残した薮田、岡田、大瀬良の3人の活躍が優勝争いのカギを握る。打ち込まれるようであれば、一転苦しいシーズンに。リリーフ陣は、今村、ジャクソンの勝ちパターンは健在。新外国人のカンポスも決め球があり、シーズン後半は外国人投手3人で臨むことも考えられる。抑えは中崎が今年は開幕からスタンバイ。通算100セーブまで残り26と達成見込み。

注目選手は、アドゥワ。196cmから繰り出されるストレートで1軍デビュー間近。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 野 村 ジョンソン 薮 田 大瀬良 岡 田 高橋昂
中継 今 村 ジャクソン 一 岡 中 田 塹 江
抑え 中 崎
次点 九 里 カンポス 福 井 アドゥワ 藤井皓 加 藤 床 田
故障 中村祐
野手
捕手 會 澤 石 原 坂 倉
内野 エルドレッド 菊 池 安 部 田 中 新 井 西 川 メヒア
外野 松 山 鈴木誠 野 間 下水流 堂 林
次点 磯 村 美 間 上 本 庄 司 小 窪 岩 本 天 谷
故障 バティスタ 赤 松
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球スピリッツ5査定(中谷将大) | トップページ | プロ野球戦力分析【阪神編・2018開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【広島編・2018開幕】:

« プロ野球スピリッツ5査定(中谷将大) | トップページ | プロ野球戦力分析【阪神編・2018開幕】 »