« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月31日 (土)

藤浪、6回に乱れて4点差逆転負け。上原復帰登板。

180331 巨人○8-4●阪神(東京ドーム
勝利打点:小林

BS日テレで完全中継。今日の先発は藤浪、巨人・田口。左投手との対戦で1,2番を代えてきました。初回、ヒットの上本が牽制でアウトになってしまいましたが、直後の変化球を糸井が泳ぎながら片手でライトスタンドへ放り込む一発でタイガース先制!そのウラ、陽のショートゴロで少し浮いた送球をロサリオが弾くエラー。それでも無失点で立ち上がり。

2回は1アウト満塁の大ピンチを抑えると、3回、1アウトから上本がセンターフェンス最上部へ当てる2塁打。この後、1,2塁からロサリオが三遊間を破るタイムリー!さらに福留もタイムリーで続いてなお1,2塁でしたが、2塁のロサリオが牽制アウト。しかし次の球を大山が右中間フェンス直撃のタイムリー2塁打!1塁から激走の福留がホームインして4-0とリード。しかしそのウラ、ノーアウト1,2塁のピンチを背負うと、2アウトから岡本にセンター前タイムリーを許して2点を返されました。

5回、ゲレーロがレフトオーバーの長打で一気に2塁を狙いましたが、福留の素早い返球で2塁タッチアウト。結果3人で抑えた藤浪、これが交代機を迷わせました。6回、1アウト2塁で藤浪を打席に立たせてしかも四球。この後、2アウト1,2塁で3打数3安打の上本。ここで高橋監督が右の谷岡にスイッチしてサードゴロ。

そのウラ、岡本に猛打賞となるヒットを許すと、長野に四球。さらに送りバントの構えの小林にストレートが入らず四球で満塁となった所で、5四球の藤浪が降板。突如、制球が乱れるのは昨年と変わらず。 ノーアウト満塁で代打・阿部が登場して左の岩崎がマウンドに上がりますが、フルカウントから押し出しの四球。ここから陽、吉川尚を連続三振に抑えますが、坂本にセンター前タイムリーを許して4-4の同点。

7回は桑原。いきなりマギーに2塁打を許すと、ノーアウト1,2塁のピンチ。1アウト後、打率10割の小林がスライダーを狙い打ってセンター前タイムリーで代走・吉川大が勝ち越しのホームイン。俊介のバックホームが少し右にそれたのが痛かった。8回はNPB復帰の上原が初登板で場内が盛り上がる中3人で抑えると、そのウラに球児が岡本に特大の3ランを打たれて勝負アリ。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
上本 福留 岩崎(2)
糸井 糸原 梅野 鳥谷
ロサリオ 大山  
藤浪 高山 伊藤隼 西岡 植田
俊介 坂本 桑原[負](3) 藤川(4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月30日 (金)

メッセ、菅野に投げ勝った!全員安打で最高のスタート。

180330 巨人●1-5○阪神(東京ドーム
勝利打点:福留①

よみうりTVで完全中継。開幕戦の先発はメッセンジャー、巨人・菅野。初回、1アウト1,2塁のピンチをしのぐと、2回には福留が外角高めのストレートを弾き返して、レフトポール直撃の一発でタイガース先制!これで終わらず3連打で満塁とすると、2アウトから1番起用の高山がセカンドへの高いバウンドがタイムリー内野安打!ヘッドスライディングで気迫を見せました。

そのウラ、1アウトから長野がインローの球をうまく肘をたたんでレフトポール際の大ファール。ここで高橋監督が12球団初の“リクエスト”。ビデオ判定になりますが結果は覆らず。すると3回、2アウトから福留が2打数2安打となるセンター前ヒットを放つと、続く大山がライトスタンドへ放り込む2ランで4-0とリード!

5回、連打でノーアウト1,2塁のピンチを背負ったメッセ。菅野が送りバントを決めて1アウト2,3塁のピンチ。ここで陽をフォークで空振り三振に抑えると、吉川尚には良い当たりを打たれましたがセカンドライナーで無失点。

7回、1アウトから鳥谷糸井の連打で1,3塁のチャンスを作ると、新外国人のロサリオがカウント2-0からストレートが甘く入った所を振り抜き、ショート横を鋭く抜けるタイムリーで5点目!あの菅野からチーム12安打。これで先発野手全員安打を達成。100球を超えたあたりから菅野の制球も乱れました。

そのウラ、2アウトから新人の田中俊が代打で登場。1,2塁間を抜けそうな当たりを鳥谷が追いつきますが、1塁送球がそれて内野安打に。続く代打・大城もプロ初ヒットで1,2塁とされると、陽のセンター前タイムリーで1点を返されました。香田コーチがマウンドに行きますが、ここは続投。吉川尚をセカンドゴロに抑えてピンチ脱出!8回はマテオ、9回はドリスが抑えて2年連続の開幕戦勝利!

「アリガトゴザイマス。監督を失望させるわけには行かなかった。」by メッセ
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
福留 大山 メッセンジャー[勝]  
高山 マテオ(2) ドリス(3)
糸原 梅野  
鳥谷 ロサリオ  
糸井 植田 俊介 上本
   
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月28日 (水)

プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2018開幕】

18m 2018年シーズン開幕直前、戦力分析。今回はパリーグ6位の千葉ロッテマリーンズ。昨年は投打がかみ合わず5月に自力優勝が消滅。球団ワーストの87敗を喫して伊東監督が辞任。現役引退した井口がそのまま新監督に就任。メジャー経験を活かした戦術が楽しみだが、選手層が苦しい中での開幕となる。ZOZOマリンの新しい人工芝が与える影響にも注目。

【野手編】
18morder 機動力の高い荻野がリードオフマンに指名されたが、故障の多い選手でケアしながらの起用になる。守備に定評のある藤岡(トヨタ自動車)、長打力のある菅野(日立製作所)の新人2人が開幕スタメンの見込み。即戦力ルーキーがどこまで戦えるかがポイント。4番候補の角中が負傷で出遅れてしまい、新外国人ドミンゲスの調子が上がるまでは純国産打線で長打が期待できない。加藤、中村、平沢といった足を使える選手が1軍に多く、機動力野球で得点力アップを狙う。

注目選手は、藤岡裕。源田(西武)の1年後輩で同じショートで新人王を狙う。

【投手編】
FA残留の涌井が4年連続9度目の開幕投手。昨年5勝からの復活に期待。WBCの影響を受けた石川が3勝に終わり、今年は再起をかける。新外国人のボルシンガーが打ち込まれており、動く球とマリンの風を有効的に使いたい。リリーフ陣は、新外国人のシェッパーズが150キロ台の速球を武器にセットアッパーで開幕。右の大谷、有吉、左の松永を中心にフル回転することになる。抑えは内が指名。昨年16セーブからの飛躍が求められるが、少し安定感に欠く。

注目選手は、酒居。プロ2年目で初の開幕ローテ。右の本格派で活躍の予感。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 涌 井 ボルシンガ 酒 居 石 川 二 木
中継 シェッパース 大 谷 松 永 有 吉 益 田 田 中
抑え
次点 西 野 オルモス 大 隣 唐 川 大嶺祐 佐々木
故障 チェン
野手
捕手 田 村 江 村
内野 井 上 中 村 鈴 木 藤岡裕 福 浦 平 沢 三 木
根 元 細 谷 李杜軒
外野 菅 野 荻野貴 加 藤 岡 田
次点 柿 沼 吉 田 大嶺翔 ドミンゲス 安 田 ペゲーロ 伊志嶺
故障 金 澤 角 中 清 田
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月27日 (火)

プロ野球戦力分析【北海道日本ハム編・2018開幕】

18f 2018年シーズン開幕直前、戦力分析。今回はパリーグ5位の北海道日本ハムファイターズ。“二刀流”大谷翔平がポスティングでメジャー移籍。栗山監督は新チームでの戦い方を模索しながらの戦いになる。さらにFAで増井(オリックス)、大野(中日)も移籍して今年は苦しい戦いにはなるが、高校新記録111本塁打の清宮(早実)の1軍デビューに注目が集まる。

【野手編】
18forder 昨年39盗塁でタイトルを獲った西川が今年もリードオフマン。3番の近藤は打率4割をマークしながらシーズン途中で故障離脱。今年は1年を通しての出場に加えてキャッチャーでも出場機会をうかがう。極度の不振に苦しんだ中田(.216、16本)の復活がチーム浮上のカギになる。7年目の松本は内外野守れる選手で侍ジャパンにも選出。オープン戦では不調だったが、シーズンではパンチ力のある横尾、大田との競争になる。清宮は腹膜炎で出遅れてデビューは後半戦か。

注目選手は、中田。FA行使を見送り残留。大谷の移籍で主砲に重圧がかかる。

【投手編】
新外国人のロドリゲスに開幕投手を任せ、外国人枠の都合でマルティネスとの併用で挑むことになる。年齢の若い両先発が崩れると一気に苦しくなる。エース格の有原が右肩痛で出遅れており、1軍復帰が待たれる。リリーフ陣は、新外国人のトンキンが150キロ台の速球を武器にセットアッパーとして期待。ここにベテラン左腕の宮西、新人の西村(NTT東日本)が加わる。抑えは鍵谷が故障したことで、4年目の石川直を抜擢。固定は難しいが小刻みなリリーフで逃げ切りたい。

注目選手は、堀。19歳ながら侍ジャパンにも選出された左腕。先発チャンスも。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 ロドリゲス マルティネス 加 藤 上 沢 高 梨
中継 トンキン 宮 西 西 村 井 口 公 文 田中豊
抑え 石川直
次点 斎藤佑 上 原 村 田 浦 野 白 村 石井裕
故障 有 原 鍵 谷 中村勝
野手
捕手 清 水 市 川
内野 中 田 横 尾 レアード 中島卓 杉 谷 田中賢 石井一
外野 大 田 西 川 近 藤 アルシア 松 本 矢 野
次点 石川亮 鶴 岡 太 田 渡 邉 谷 口 森 山 淺 間
故障 森 本 清 宮
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月25日 (日)

プロ野球戦力分析【オリックス編・2018開幕】

18bs 2018年シーズン開幕直前、戦力分析。今回はパリーグ4位のオリックスバファローズ。昨年は5月に大型連敗を喫して早々にBクラスに転落。結果的には3位のイーグルスとは15ゲーム差をつけられた。今年はクローザーの平野がFAでメジャー移籍したが、代わりに増井(日本ハム)を獲得。先発陣は整っており、自慢の攻撃力を武器に優勝争いに加わりたい。

【野手編】
18bsorder 4年目の宗がセンターへコンバートされ、走攻守でアピールし一気に開幕スタメンをつかんだ。ドラフト8位の山足(Honda鈴鹿)も俊足を武器に2番に抜擢。中軸では3年目の吉田正が持ち前のフルスイングで状態を上げてきた。腰の不安がなければ30発も狙える逸材。ロメロ、マレーロの助っ人も20本は期待でき、打線は強力。ただ昨年31本のT-岡田が右わき腹痛で調整が遅れており、苦しい開幕となる。伊藤は内野での出場が多かったが、再びキャッチャーで勝負。

注目選手は、宗。2試合連続の先頭打者アーチで“イチロー2世”の注目株。

【投手編】
西がプロ10年目で初の開幕投手。昨年は不振と故障で5勝どまりだったが、復活に期待。昨年12勝のエース金子はチーム方針で第2カードの初戦を任される。2年目の山岡もオープン戦好調をキープしており、この3人が先発の軸になる。ドラフト1位の田嶋(JR東日本)も即戦力左腕で開幕ローテ入り。リリーフ陣は、黒木、近藤の剛球セットアッパーで今年は開幕し1年間戦える体力が求められる。抑えは移籍1年目の増井で開幕。通算110セーブの経験を頼りにしたい。

注目選手は、金子。ホークスとの激闘から4年。契約最終年で悲願の優勝を。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 西 金 子 山 岡 ディクソン 田 嶋
中継 黒 木 近 藤 小 林 岸 田 大 山 金 田
抑え 増 井
次点 アルバース 山 本 松 葉 澤 田 榊 原 吉田一 佐藤達
故障 東 明 海 田 塚 原
野手
捕手 伊 藤 若 月 伏 見
内野 T-岡田 山 足 小谷野 安 達 マレーロ 中 島 西 野
大 城
外野 吉田正 ロメロ 小 田 武 田
次点 山崎勝 鈴木昂 縞 田 小 島 後 藤 宮 崎 吉田雄
故障
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球戦力分析【東北楽天編・2018開幕】

18e 2018年シーズン開幕直前、戦力分析。今回はパリーグ3位の東北楽天ゴールデンイーグルス。昨年は投打がかみ合って開幕から快進撃。前半戦を貯金26の首位で折り返したが、夏場の6連敗、10連敗で一気に失速。CSでもホークスに及ばなかった。梨田監督の3年目は再び優勝を狙う。今年1月に星野元監督が亡くなり、チームの優勝にかける思いが強い。

【野手編】
18eorder 茂木が右ひじの手術明けから開幕に合わせて今年も1番に座る。昨年26本のペゲーロも攻撃的2番で開幕。故障で苦しんだが、1年間戦える体力があればさらに強力打線になる。昨年31本のウィーラー、23本のアマダーと外国人野手3人での攻撃型オーダーはリーグトップクラスの破壊力。アベレージの高い銀次がオープン戦不振だが、セカンドでの起用も。5年目の内田がオープン戦で結果を残して初の開幕1軍。長打力もありポジションの重なる今江との競争に。

注目選手は、オコエ。今年は故障なく開幕を迎え、まずは足でアピールしたい。

【投手編】
エース則本が5度目の開幕投手でルーキー以来の6年連続2ケタ勝利を期待。岸、美馬の3人が先発の軸になる。さらに高卒2年目の藤平がオープン戦好調で開幕ローテ入り。緩急をつけた投球で1年間投げきれるか。リリーフ陣は、昨年36試合連続無失点の福山が少し出遅れているが、右のハーマン、左の高梨は順調に仕上げてきている。7年目の釜田のリリーフ転向も楽しみ。抑えは松井裕がここまで3年連続の30セーブを記録しており、通算100セーブまで4。

注目選手は、岸。移籍1年目は8勝どまり。今年は則本とWエースとして期待。

【1軍登録選手(投手13人、野手15人)】
投手
先発 則 本 美 馬 藤 平 辛 島 池 田
中継 ハーマン 福 山 釜 田 高 梨 菅 原 濱 矢
抑え 松井裕
次点 宋家豪 塩 見 青 山 今 野 西 宮 戸 村
故障 森 原 安 樂
野手
捕手 足 立
内野 内 田 銀 次 ウィーラー 茂 木 アマダー 藤 田 今 江
三 好
外野 岡 島 島 内 ペゲーロ 田 中 オコエ
次点 山 下 西 巻 渡辺直 枡 田 ディクソン 島 井 聖 澤
故障
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月24日 (土)

プロ野球戦力分析【埼玉西武編・2018開幕】

18l 2018年シーズン開幕直前、戦力分析。今回はパリーグ2位の埼玉西武ライオンズ。辻監督の1年目は若手を積極的に起用。ドラフト3位の源田が全試合出場で新人王を獲得。“炎獅子ユニ”で夏場に13連勝の快進撃を見せて、4年ぶりのAクラス入りを果たした。FAで野上(巨人)、ポスティングで牧田がメジャー挑戦で移籍し、今年は投手陣の立て直しが急がれる。

【野手編】
18lorder 首位打者の秋山は自己最多の25本を放ち長打力もアップ。今年も4割前後の高い出塁率が見込まれる。新人王の源田が2年目のジンクスにはまらなければ今年も機動力野球が見られる。昨年78試合で23本の山川がオープン戦不振で今年も活躍できるかどうか。不振に陥った中村、メヒアの復活にも期待がかかる。4年目の外崎、6年目の金子侑が足を活かして外野のポジションをつかみ、ベテランの栗山、15年ぶり西武復帰の松井稼も若いチームを助けたい。

注目選手は、中村。350本塁打を達成したが低打率に苦しみ、復活をかける。

【投手編】
エース菊池が3年連続の開幕投手。最多勝、防御率のタイトルを獲った昨年のような活躍ができればポスティングでのメジャー挑戦も。先発の頭数が足りず、昨年9勝のウルフ、新外国人のカスティーヨに頼らざるを得ない。高木勇(巨人)も先発6番手でチャンス。リリーフ陣は、新外国人のワグナーが150キロ台の速球を武器にセットアッパーとして期待。左の高橋朋もストレートの勢いが戻れば心強い。抑えは増田がクローザー3年目で選手会長に就任。接戦を勝ち取りたい。

注目選手は、高木勇。FAの人的補償で入団し、新人時代の活躍を期待。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 菊 池 多和田 ウルフ 十 亀 カスティーヨ
中継 ワグナー 高橋朋 大 石 武 隈 平 井 野 田
抑え 増 田
次点 高木勇 高橋光 伊 藤 豊 田 小 石 相 内 齊 藤
故障 佐 野
野手
捕手 炭 谷 岡 田
内野 山 川 浅 村 中 村 源 田 メヒア 水 口 呉念庭
外野 金子侑 秋 山 外 崎 栗 山 木 村 松井稼
次点 中 田 永 江 西 川 熊 代 斉 藤 鈴 木 坂 田
故障
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球戦力分析【福岡ソフトバンク編・2018開幕】

18sh 2018年シーズン開幕直前、戦力分析。今回はパリーグ1位の福岡ソフトバンクホークス。昨年は快進撃を見せたイーグルスとの優勝争いで夏場に一気に突き放すと、日本シリーズも制して2年ぶりの日本一に輝いた。春季キャンプ、オープン戦で主力の故障者が続出しているが、若手を試す場に。圧倒的な選手層でシーズンを戦い抜ける今年も優勝候補の最有力である。

【野手編】
18shorder リードオフマンの今宮がウイルス性胃腸炎で開幕は微妙。リーグ屈指の守備力で早期復帰が求められる。柳田は右わき腹痛との戦いになるが、豪快なスイングで今年も3割30本を期待。故障に苦しんだ内川は2000本安打まで25。ポストシーズンで見せた驚異的な勝負強さは健在。デスパイネ、松田は順調に仕上げてきたが、中村晃がオープン戦で故障発生。最も苦しいのはキャッチャーで、ベストナインの甲斐に続く選手が相次いで故障しており、1年間戦えるかが心配。

注目選手は、上林。侍ジャパンにも選出され昨年13発からの飛躍なるか。

【投手編】
千賀が育成出身初の開幕投手を予定していたが、右腕の張りを訴えて無理はできない。武田、バンデンハーク、東浜までの4人が先発ローテの軸として期待されるが、オープン戦で打ち込まれており不安を抱えたまま開幕を迎えることになる。リリーフ陣は、最優秀中継ぎの岩嵜が今年も8回を任される。左のモイネロ、右の森も強力。 昨年ドラ1の田中正義もアピール成功でプロ初登板が楽しみ。抑えはリーグMVPのサファテ。日本新の54セーブを挙げ名球会入りまで21。

注目選手は、千賀。代表戦へ早期調整が影響したか。先発3年目は試練。

【1軍登録選手(投手13人、野手15人)】
投手
先発 千 賀 武 田 バンデン 東 浜 石 川 中 田
中継 岩 嵜 モイネロ 嘉弥真 田 中 加治屋
抑え サファテ
次点 攝 津 笠 谷 飯 田 古 谷 笠 原 二 保 高 橋
故障 和 田 五十嵐 寺 原 岡 本
野手
捕手 甲 斐 谷川原
内野 内 川 本 多 松 田 今 宮 西 田 川 島 高 田
外野 中村晃 柳 田 上 林 デスパイネ 福 田 城 所
次点 堀 内 曽 根 江 川 吉 村 塚 田 長谷川 真 砂
故障 高 谷 栗 原 川 﨑 グラシアル 明 石
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月22日 (木)

プロ野球戦力分析【東京ヤクルト編・2018開幕】

18ys 2018年シーズン開幕直前、戦力分析。今回はセリーグ6位の東京ヤクルトスワローズ。昨年は投打に苦しんで球団ワーストの96敗を喫した真中監督が引責辞任。今年は青木が7年ぶりのNPB復帰で打力アップは確実。リーグ連覇のカープから河田・石井コーチを招聘してチーム力の底上げを図る。小川監督&宮本ヘッドの柔軟な選手起用でダークホース的存在に。

【野手編】
18ysorder アベレージの高い青木を4番で起用するのが今年のスワローズ。勝負強さがポイントになるが、前後を打つバレンティンや畠山といった重量級のバッターとのつなぎが期待される。昨年は不振だった山田哲(.247、24本)だが、長打力アップを狙った打撃で自身3度目のトリプルスリーに挑戦。故障を抱える畠山、川端のフル出場は難しく、5年目の藤井や坂口のファースト起用で戦う形になる。ショートは3年目の廣岡を抜擢。思い切りの良いスイングが持ち味で我慢して起用したい。

注目選手は、青木。本職は1番、3番だがNPB復帰の今年は“つなぎの4番”で開幕。

【投手編】
昨年6勝のブキャナンが初の開幕投手。新助っ人左腕のハフがオープン戦好調で2人を中心にした先発ローテを組むことになる。“ライアン”小川がひじの故障で出遅れており、ここに3年目の原が先発の軸に加われるかどうかがチームのカギを握る。リリーフ陣は、昨年肩の故障で苦しんだ秋吉の復調具合がポイント。中継ぎで復活した石山と勝ちパターンを組んで接戦を制したい。抑えは新外国人のカラシティーでスタート。150キロ台の速球を武器に守護神として期待される。

注目選手は、アルメンゴ。中日から移籍。先発・中継ぎで苦しむ投手陣を助けたい。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 ブキャナン 石 川 由 規 原樹 ハフ 山 中
中継 石 山 秋 吉 近 藤 田 川 中 尾
抑え カラシティー
次点 アルメンゴ 岩 橋 寺 島 梅 野 中 澤 松 岡 成 瀬
故障 館 山 小 川 山田大
野手
捕手 中 村 井 野 大 村
内野 坂 口 山田哲 川 端 廣 岡 畠 山 藤 井 奥 村
荒 木
外野 バレンティン 青 木 山 崎 鵜久森 上 田
次点 大 松 谷 内 西 浦 武 内 三 輪 田 代 比屋根
故障 西 田 大 引 雄 平 塩 見
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月21日 (水)

プロ野球戦力分析【中日編・2018開幕】

18d 2018年シーズン開幕直前、戦力分析。今回はセリーグ5位の中日ドラゴンズ。昨年は主力の故障が響いて5年連続のBクラス。昨年本塁打王のゲレーロ(巨人)が移籍したが、森監督の独自ルートで獲得した外国人選手がカギを握る。さらにFAで大野奨(日本ハム)を獲得した事でリード面で期待できる。キャンプ直前にテスト入団した松坂(ソフトバンク)の復活にも注目。

【野手編】
18dorder 機動力のある大島、京田で1,2番を形成。2人の出塁率が今シーズンのポイントになる。新加入のアルモンテはスイッチで長打力もオープン戦で見せている。中軸のビシエド、福田に故障がなければ、破壊力のある強竜打線の復活も見えてくる。7年目の高橋はセカンドに挑戦し、今年こそポジションを獲れるか。キャッチャーはFAで加入した大野奨が右ひじの張りを訴えたが開幕に間に合わせた。谷繁前監督の選手時代から固定できていなかった問題も解消されるか。

注目選手は、福田。今年はサードで開幕、豪快なスイングで飛躍の年に。

【投手編】
3年目左腕の小笠原が初の開幕投手に抜擢されそう。新加入のジー、ガルシアの2人に先発ローテを頼らざるを得ない状況。エース格の大野雄が出遅れており、調子が上がるまでは厳しい。松坂も肩の不安があり中10日のローテで回せるかどうか。リリーフ陣は、ドラ1ルーキーの鈴木博(ヤマハ)が150キロ台の速球を武器に勝ちパターンへ抜擢。抑えの田島が打ち込まれており、シーズン中に配置転換の可能性も。また又吉は先発転向が叶わず、今年もリリーフで開幕する。

注目選手は、松坂。西武時代の恩師に救ってもらい、12年ぶりのNPB勝利を。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 小笠原 ジー ガルシア 鈴木翔 松 坂
中継 鈴木博 谷 元 又 吉 岩 瀬 祖父江
抑え 田 島
次点 大野雄 吉 見 笠 原 山 井 伊藤準 三ツ間 福 谷
故障 岡 田
野手
捕手 大野奨 松井雅 武 山
内野 ビシエド 高 橋 福 田 京 田 亀 澤 荒 木 堂上直
外野 アルモンテ 大 島 平 田 藤 井 松井佑 工 藤
次点 木下拓 阿 部 石 川 野 本 遠 藤 モヤ
故障
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月20日 (火)

プロ野球戦力分析【巨人編・2018開幕】

18g 2018年シーズン開幕直前、戦力分析。今回はセリーグ4位の読売ジャイアンツ。昨年は故障者続出や13連敗もあって11年ぶりのBクラスに沈んだ高橋監督。本塁打王のゲレーロ(中日)を獲得し、攻撃力の高い野球の復活を狙う。ベテラン村田がチームを離れ、選手の若返りが急務である一方、開幕直前に42歳の上原が10年ぶりのNPB復帰を決めたのは楽しみ。

【野手編】
18gorder 陽岱鋼が大きな故障もなく今年は開幕1軍で迎え、高い出塁率が求められる。重信や立岡の俊足選手のセンター起用も構想にありライトコンバートも。4番のゲレーロは内角攻めに苦しまなければ40発も狙える。“ポスト村田”として期待される4年目の岡本が長打力を発揮して、ファースト・サードで出場チャンス。セカンドは2年目の吉川尚と新人の田中俊(日立製作所)との競争で若手の底上げを狙うが、昨年のようにマギーをセカンド起用し始めるとチームは苦しくなる。

注目選手は、宇佐見。左手首の骨折から復帰、長打力を武器にブレイクなるか。

【投手編】
沢村賞の菅野が4度目の開幕投手。球界のエースは新球シンカーにも挑戦して投球の幅を広げる。左腕の田口、FA加入の野上(西武)が続き、傷害事件で昨年棒に振った山口俊が控える。マイコラスの抜けた穴は大きく、先発陣は入替えながらの1年に。リリーフ陣は、肩痛から復帰した澤村、NPB復帰の上原がセットアッパーに入り、豪華リレーを結成。賭博事件から再契約した高木京の復活にも注目。マシソンから抑えのカミネロにつなぐ必勝リレーで接戦をモノにしたい。

注目選手は、上原。NPB復帰を決めて黒田のような優勝請負人になれるか。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 菅 野 田 口 野 上 山口俊 中 川
中継 マシソン 上 原 澤 村 篠 原 戸 根 高木京
抑え カミネロ
次点 ヤングマン 大 竹 内 海 吉川光 田原誠 桜 井 森 福
故障 杉 内 西村健 池 田 山口鉄
野手
捕手 小林誠 大 城 宇佐見
内野 岡 本 吉川尚 マギー 坂本勇 阿 部 山本泰 田中俊
外野 ゲレーロ 陽岱鋼 長 野 亀 井 立 岡 中 井
次点 河 野 寺 内 脇 谷 吉川大 石 川 重 信
故障 橋本到
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月19日 (月)

プロ野球戦力分析【横浜DeNA編・2018開幕】

18db 2018年シーズン開幕直前、戦力分析。今回はセリーグ3位の横浜DeNAベイスターズ。昨年は勢いに乗って3位からCSを突破し、19年ぶりの日本シリーズ進出を果たしたがホークスに苦杯。今年はFAで守備力の高い大和(阪神)を補強してセンターラインの強化を狙う。先発投手陣の相次ぐ故障で苦しい開幕になるが、総合力では優勝争いに加われる戦力が整いつつある。

【野手編】
18dborder 筒香が開幕から3番でスタート。ロペスと2人揃って30発を狙える長打力を誇る。後ろを打つ宮崎が首位打者を獲った昨年の働きをすれば、中軸はトップクラス。20発20盗塁をマークした梶谷は右肩痛からの復帰で出遅れているが、ライトは新外国人のソトや7年目の乙坂がオープン戦好調で併用も。ラミレス監督が掲げた“9番倉本”は今年も継続で、打撃の調子が上がれば切れ目のない打線が完成する。新戦力の大和も攻守で期待されており、1年間戦い抜きたい。

注目選手は、神里。俊足強肩のドラ2ルーキーは層の厚い外野陣に割って入れるか。

【投手編】
4年目の石田が2年連続の開幕投手。ただし昨年2ケタ勝利を挙げた今永、ウィーランド、濵口の3人が故障で、戻るまでは先発陣は手薄で苦しい戦いになる。オープン戦では4年目の飯塚、ドラ1ルーキーの東(立命大)が結果を残している。リリーフ陣は、セットアッパーのパットンを中心に小刻みな継投を今年も展開。新人左腕の桜井(日大三高)が清宮斬りで注目され、開幕1軍が濃厚。抑えは山崎康が順調な仕上がり。満員のハマスタを“康晃ジャンプ”で盛り上げたい。

注目選手は、今永。肩痛で開幕は微妙だが、緩急をつけた投球で先発の軸に。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 石 田 井 納 バリオス 飯 塚
中継 パットン 三 上 砂 田 田中健 桜 井 三 嶋
抑え 山崎康
次点 エスコバー 京 山 熊 原 加 賀 須 田 進 藤 平 田
故障 今 永 ウィーランド 濵 口
野手
捕手 戸 柱 嶺 井
内野 ロペス 大 和 宮 崎 倉 本 ソト 中川大 柴 田
外野 筒 香 桑 原 梶 谷 乙 坂 神 里 佐 野 楠 本
次点 高 城 石 川 後藤武 白 崎 田中浩 関 根 細 川
故障
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月18日 (日)

プロ野球戦力分析【阪神編・2018開幕】

18t 2018年シーズン開幕直前、戦力分析。今回はセリーグ2位の阪神タイガース。金本監督の3年目は優勝に“挑む”シーズンになる。大砲の新外国人・ロサリオを獲得し、今年こそ外国人が活躍なるか。昨年、5人が60試合以上に登板して優勝争いに貢献した鉄壁リリーフ陣の回復具合が気がかり。オープン戦では攻守ともに低調で苦しい開幕を迎えることになる。

【野手編】
18torder 鳥谷が2年連続のコンバートで今年はセカンドに挑戦。上位で高い出塁率を期待されるが、大和(DeNA)のFA流出も重なり二遊間の守備範囲が狭まる点が懸念される。昨年は新人で4番も座った大山が侍ジャパンにも選出され、サード定着なるか。2年目のジンクスにはまれば、内野陣は苦しくなる。新外国人のロサリオは外角の変化球攻めに苦しんでいるが、飛距離は十分。センター争いは高山、中谷、俊介の併用でベテラン福留の休養を与えながらの起用になる。

注目選手は、糸原。鋭いスイングと勝負強さが持ち味で、ショート定着なるか。

【投手編】
メッセンジャーが4年連続の開幕投手を務めるが、キャンプで肩の違和感を訴えており球威に不安が残る。昨年12勝の秋山、ベテラン能見まではローテ確定。2年目の小野、才木、新人左腕の高橋遙(亜大)が好調をアピールしているが、先発陣は未知数。リリーフ陣は、桑原、マテオの勝ちパターンは健在でここに石崎が加われるかどうか。オープン戦で高橋聡が打ち込まれているが、勝負所のワンポイントに期待。抑えはドリスが右ひじの張りを訴えており、開幕当初の連投は難しいか。

注目選手は、藤浪。制球難の克服を目指して苦しんでいるが、復活に期待。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 メッセンジャ 秋 山 能 見 藤 浪 小 野
中継 桑 原 マテオ 高橋聡 石 崎 藤 川 岩 崎
抑え ドリス
次点 岩 貞 青 柳 才 木 岩 田 松 田 高橋遥 モレノ
故障
野手
捕手 梅 野 坂 本 原 口
内野 ロサリオ 鳥 谷 大 山 糸 原 上 本 西 岡 山 崎
外野 福 留 高 山 糸 井 中 谷 俊 介 伊藤隼
次点 岡 崎 北 條 森 越 植 田 荒 木 陽 川 江 越
故障
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月17日 (土)

プロ野球戦力分析【広島編・2018開幕】

18c 2018年シーズン開幕直前、戦力分析。今回はセリーグ1位の広島東洋カープ。昨年は圧倒的な戦力で37年ぶりのリーグ連覇こそ果たしたが、CSで勢いに乗ったベイスターズに敗退。今季はリーグ3連覇と日本一を狙う。野手の陣容はほぼ固まっておりレベルが高い。昨年活躍した若手投手陣が今年も続けて安定した実績を残せば、ペナントレースを独走する気配も。

【野手編】
18corder 上位打線は“タナキクマル”が健在。3人で昨年301得点をたたき出した攻撃力はトップクラス。4番に定着した鈴木誠が右足首の手術明けとなり、1年を通しての活躍となると体力面で不安が残る。鈴木が離脱した時に代役4番を務めた松山も好調で、3割20本を狙える。ベテランの新井、エルドレッドも好調をキープしており、シーズンでは疲労を考慮した選手起用も。キャンプで腰痛を発症した安部は開幕に間に合う見込み。三塁は3年目の西川、メヒアが控えており層が厚い。

注目選手は、坂倉。高卒2年目だが非凡な打撃センスで今年のブレイク候補。

【投手編】
7年目の野村が初の開幕投手。昨年は故障に苦しんだ左腕のジョンソンが復活すれば、2人でローテの軸に。昨年2ケタ勝利を残した薮田、岡田、大瀬良の3人の活躍が優勝争いのカギを握る。打ち込まれるようであれば、一転苦しいシーズンに。リリーフ陣は、今村、ジャクソンの勝ちパターンは健在。新外国人のカンポスも決め球があり、シーズン後半は外国人投手3人で臨むことも考えられる。抑えは中崎が今年は開幕からスタンバイ。通算100セーブまで残り26と達成見込み。

注目選手は、アドゥワ。196cmから繰り出されるストレートで1軍デビュー間近。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 野 村 ジョンソン 薮 田 大瀬良 岡 田 高橋昂
中継 今 村 ジャクソン 一 岡 中 田 塹 江
抑え 中 崎
次点 九 里 カンポス 福 井 アドゥワ 藤井皓 加 藤 床 田
故障 中村祐
野手
捕手 會 澤 石 原 坂 倉
内野 エルドレッド 菊 池 安 部 田 中 新 井 西 川 メヒア
外野 松 山 鈴木誠 野 間 下水流 堂 林
次点 磯 村 美 間 上 本 庄 司 小 窪 岩 本 天 谷
故障 バティスタ 赤 松
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »