« プロ野球戦力分析【阪神編・2018開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【巨人編・2018開幕】 »

2018年3月19日 (月)

プロ野球戦力分析【横浜DeNA編・2018開幕】

18db 2018年シーズン開幕直前、戦力分析。今回はセリーグ3位の横浜DeNAベイスターズ。昨年は勢いに乗って3位からCSを突破し、19年ぶりの日本シリーズ進出を果たしたがホークスに苦杯。今年はFAで守備力の高い大和(阪神)を補強してセンターラインの強化を狙う。先発投手陣の相次ぐ故障で苦しい開幕になるが、総合力では優勝争いに加われる戦力が整いつつある。

【野手編】
18dborder 筒香が開幕から3番でスタート。ロペスと2人揃って30発を狙える長打力を誇る。後ろを打つ宮崎が首位打者を獲った昨年の働きをすれば、中軸はトップクラス。20発20盗塁をマークした梶谷は右肩痛からの復帰で出遅れているが、ライトは新外国人のソトや7年目の乙坂がオープン戦好調で併用も。ラミレス監督が掲げた“9番倉本”は今年も継続で、打撃の調子が上がれば切れ目のない打線が完成する。新戦力の大和も攻守で期待されており、1年間戦い抜きたい。

注目選手は、神里。俊足強肩のドラ2ルーキーは層の厚い外野陣に割って入れるか。

【投手編】
4年目の石田が2年連続の開幕投手。ただし昨年2ケタ勝利を挙げた今永、ウィーランド、濵口の3人が故障で、戻るまでは先発陣は手薄で苦しい戦いになる。オープン戦では4年目の飯塚、ドラ1ルーキーの東(立命大)が結果を残している。リリーフ陣は、セットアッパーのパットンを中心に小刻みな継投を今年も展開。新人左腕の桜井(日大三高)が清宮斬りで注目され、開幕1軍が濃厚。抑えは山崎康が順調な仕上がり。満員のハマスタを“康晃ジャンプ”で盛り上げたい。

注目選手は、今永。肩痛で開幕は微妙だが、緩急をつけた投球で先発の軸に。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 石 田 井 納 バリオス 飯 塚
中継 パットン 三 上 砂 田 田中健 桜 井 三 嶋
抑え 山崎康
次点 エスコバー 京 山 熊 原 加 賀 須 田 進 藤 平 田
故障 今 永 ウィーランド 濵 口
野手
捕手 戸 柱 嶺 井
内野 ロペス 大 和 宮 崎 倉 本 ソト 中川大 柴 田
外野 筒 香 桑 原 梶 谷 乙 坂 神 里 佐 野 楠 本
次点 高 城 石 川 後藤武 白 崎 田中浩 関 根 細 川
故障
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【阪神編・2018開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【巨人編・2018開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【横浜DeNA編・2018開幕】:

« プロ野球戦力分析【阪神編・2018開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【巨人編・2018開幕】 »