« 安藤、良太が現役引退。メッセ電撃復帰でCSスタンバイ。 | トップページ | 生観戦。雨の死闘・・・泥試合の末に桑原炎上で大敗。 »

2017年10月14日 (土)

福留、均衡を破る勝負所の一発!CS初戦を制し王手。

171014 クライマックス・セ ファーストステージ第1戦
阪神○2-0●DeNA(甲子園
勝利打点:福留⑯

BS1、関西テレビで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中3日)、DeNA・井納。秋雨前線の影響で開催が危ぶまれたCSが開幕。シーズンのような予告先発ではなく、左の今永が予想されましたがラミレス監督が奇襲。初回、先頭・俊介がライトポール際まで飛ばしますが、ポールギリギリのファウルとなり結局三振。井納も力んでいるせいか普段よりシュート回転が大きかったです。

5回、梶谷がライト前ヒットで今日初めてノーアウトのランナーが出ますが、続く嶺井の場面でエンドランのサインながら空振り三振。さらに梅野が盗塁を刺して三振ゲッツー!ここのプレイは大きかった。チーム最終戦から中3日で先発したメッセは6回106球で降板。ベースカバーに入る場面もあり、右足骨折の影響を感じさせず。

0-0の6回、先頭・糸井がライト前ヒットで出塁すると、福留が真ん中低めに入ったストレートを狙いすまして打った瞬間とわかる右中間スタンドへの一発でタイガースが2点先制!3年前にマエケンから打った一発を思い起こす大一番での勝負強さが出ました。好投の井納は6回2失点で降板。

7回、クリーンアップ相手でマテオを投入。最速156キロで三者凡退に抑えるナイスピッチング。そのウラ、ベイスターズは三上が登板。代打・糸原(右ひざの負傷から復帰)はファーストゴロでしたがベースカバーの三上が捕れずエラー。続く俊介はバントファウルフライに倒れますが、代走・江越が帳消しにする盗塁成功。すると上本にすっぽ抜けたスライダーがヘルメットをかすり、本人のアピールで死球に。左のエスコバーにスイッチしますが、糸井がセカンドゴロ併殺。

8回は桑原。先頭・梶谷に追い込んでからヒットを許すと、1アウト後、高卒ルーキーの細川が代打で登場。長打力を警戒したのかストレートの四球で1,2塁のピンチでしたが、最後は桑原対決を空振り三振で制してガッツポーズ!最終回はドリスが2番から打順で三者凡退。最後は筒香を見逃しで三球三振!

「帰ってくると約束したので最高の気分。今度こそは日本一になりたい。」by メッセ
「14年の時にそういえば6回にホームラン打ったなってふと思って入りました。」by 福留
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
福留 メッセンジャー[勝] マテオ[H](2) ドリス[S](4)
   
上本  
糸井 大和 梅野 江越 桑原[H](3)
大山 鳥谷 森越 糸原
俊介  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 安藤、良太が現役引退。メッセ電撃復帰でCSスタンバイ。 | トップページ | 生観戦。雨の死闘・・・泥試合の末に桑原炎上で大敗。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/65917303

この記事へのトラックバック一覧です: 福留、均衡を破る勝負所の一発!CS初戦を制し王手。:

« 安藤、良太が現役引退。メッセ電撃復帰でCSスタンバイ。 | トップページ | 生観戦。雨の死闘・・・泥試合の末に桑原炎上で大敗。 »