« 上本、畠との再戦で意地の一発!巨人11年ぶりBクラス。 | トップページ | 安藤、良太が現役引退。メッセ電撃復帰でCSスタンバイ。 »

2017年10月 5日 (木)

竹安、プロ初登板で初勝利!ドリスも初のセーブ王!

171005 阪神○2-1●中日(甲子園
勝利打点:俊介②

142試合目は中継なし。今日の先発は秋山(中7日)、中日・小笠原。初回、2アウトから四球の糸井が盗塁を決めると、福留のヒットで1,3塁のチャンス。ここで中谷が低めのカーブにハーフスイングを取られて無得点。さらに2回、2アウトから遠藤のショートゴロを追いついて1塁へ投げようとした大和が右足を負傷。次の打席に代打を送られました。

0-0の5回の守備から福留鳥谷がベンチに退き、高山大山が守備に入りました。6回、1アウトから死球の友永が盗塁を試みますが、ここは梅野が2塁で盗塁を刺しました。しかし2アウトから高橋周に四球を出すと、福田が豪快に振り抜いてライトオーバーのタイムリー2塁打でドラゴンズ先制。しかしそのウラ、1アウトから糸井が高めに浮いたストレートを豪快に弾き返してライトスタンドへの17号ソロで同点!

7回は2年目の竹安がプロ初登板。亀澤をフォークで空振り三振に抑えると、落ち着いたピッチングでわずか9球で三者凡退。そのウラ、続投の小笠原から先頭・大山がレフト前ヒットで出塁すると、続く植田もレフト前ヒットでノーアウト1,2塁のチャンス。1アウトから代打・江越の死球で満塁とすると、トップに戻って俊介がファーストのグラブを弾く当たり。セカンド亀澤がカバーに入って間一髪1塁アウトでしたが、この間に勝ち越し!

8回、才木-長坂のプロ初出場どうしの新人バッテリーに交代。先頭・藤井に四球を出すと、2アウトからヒットと四球で満塁の大ピンチでしたが、井領をレフトファウルフライに抑えてピンチ脱出!時折、角度の良いストレートが来ていたので粗削りながら楽しみな存在。最終回はドリスが3人で締めてセーブ王確定!

「入ってくれると思いました。CS勝ち上がって日本シリーズに行く。」by 糸井
「アリガトゴザイマス。支えてくださった全ての方々に感謝したい。」by ドリス
「ポジションはピッチャーです。来年はずっと1軍で投げれるように。」by 竹安
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  竹安[勝](2) ドリス[S](4)
糸井 秋山 大山
  江越
俊介 福留 鳥谷 植田 才木[H](3)
梅野 長坂
中谷 上本 大和 高山 新井良
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
5日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 小野泰己投手(再昇格。CSを見据えてロングリリーフで待機。)
IN 竹安大知投手(初昇格。2年目の右腕、来季へアピールしたい。)
IN 才木浩人投手(初昇格。期待の高卒新人がプロ初登板。)
4日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 岩貞祐太投手(CSではリリーフ待機が有力のベイキラー。)
OUT 高橋聡文投手(2位確定でCSまでリフレッシュのセットアッパー。)
OUT 桑原謙太朗投手(2位確定でCSまでリフレッシュのセットアッパー。)
2日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 岩田稔投手(次回はCSファイナルステージのカープ戦か。)
OUT マテオ投手(2位確定でCSまでリフレッシュのセットアッパー。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 上本、畠との再戦で意地の一発!巨人11年ぶりBクラス。 | トップページ | 安藤、良太が現役引退。メッセ電撃復帰でCSスタンバイ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/65895137

この記事へのトラックバック一覧です: 竹安、プロ初登板で初勝利!ドリスも初のセーブ王!:

« 上本、畠との再戦で意地の一発!巨人11年ぶりBクラス。 | トップページ | 安藤、良太が現役引退。メッセ電撃復帰でCSスタンバイ。 »