« 能見、粘って約2ヶ月ぶり勝利!巨人戦は2年ぶり。 | トップページ | 小野、13度目の先発でプロ初勝利!鳥谷あと9本。 »

2017年8月27日 (日)

藤浪、フォーム改造で復調の兆し。死球から崩れ大敗。

170827 巨人○6-0●阪神(東京ドーム
勝利打点:亀井

BS1で完全中継。今日の先発は藤浪(再昇格)、巨人・畠。初回、ストレートが走る畠の前に三者連続三振に抑えられたタイガース。対する藤浪も先頭・陽岱鋼に159キロのストレートをアウトローに投げ込み三球三振!ヒット2本で2アウト1,2塁のピンチを背負いますが、村田をレフトフライに抑えて無失点の立ち上がり。

3回、1アウトから陽岱鋼にカットボールが体付近に抜けてからストレートの四球を出しますが、初球スチールを坂本が刺してくれました。4回、坂本への四球と暴投でノーアウト2塁から阿部のセンターフライで1アウト3塁。ここで村田に9球粘られながらカットボールで空振り三振!続く亀井もアウトローの153キロが決まって見逃し三振!

5回を終わってタイガースはノーヒット。奪三振も両先発が8つずつと投手戦に。6回、先頭・北條がチーム初ヒットとなる左中間フェンス直撃の2塁打。坂本が送りバントで1アウト3塁とし、藤浪はフルスイングも空振り三振。トップに戻って糸井が四球を選んで1,2塁とすると、上本に代打・隼太で勝負に出ますが空振り三振で無得点。ルーキー畠の前に7回1安打11奪三振と抑えられました。

勝負は7回、1アウトから村田にカットボールが抜けて背中への死球。ここで流れが変わると、代走・重信が盗塁を決めると、亀井が低めのストレートを弾き返して右中間を破っていくタイムリー2塁打でジャイアンツ先制。続く長野には敬遠気味に外していましたが、ストレートがど真ん中に抜けてストライク判定の暴投という珍プレー。結局、四球を出したところで藤浪が降板。ウエスタンから中2日で106球、9奪三振、4四死球と次につなげました。

1アウト1,3塁で桑原を投入しますが、小林のセーフティスクイズが桑原の右を破っていきタイムリー内野安打で2点目。さらに代打・脇谷のヒットで満塁となると、陽岱鋼のセンター前2点タイムリーでアウト1つも取れず、石崎にスイッチ。1,2塁からマギーのセカンドゴロでかなり早めにスタートを切っていた2塁の脇谷が一気にホームイン。森越が気づいてバックホームを狙いましたが、石崎がカットしてしまいました。この後、阿部の犠牲フライで一挙6点の猛攻。

9回、抑えのカミネロから糸井がチーム2本目を放つのがやっと。夏の長期ロードは16勝10敗1分で終了。カープのマジックは19。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
藤浪[負]  
  石崎(3)
糸井 北條 坂本 岩崎(4)
ロジャース 森越
上本 福留 中谷 鳥谷 伊藤隼 大山 板山 桑原(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
27日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 藤浪晋太郎投手(再昇格。復活を目指して今度こそ取り戻したい。)
OUT 伊藤和雄投手(リリーフ陣が苦しい中、人数枠の都合で抹消。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 能見、粘って約2ヶ月ぶり勝利!巨人戦は2年ぶり。 | トップページ | 小野、13度目の先発でプロ初勝利!鳥谷あと9本。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/65717547

この記事へのトラックバック一覧です: 藤浪、フォーム改造で復調の兆し。死球から崩れ大敗。:

« 能見、粘って約2ヶ月ぶり勝利!巨人戦は2年ぶり。 | トップページ | 小野、13度目の先発でプロ初勝利!鳥谷あと9本。 »