« 能見、4回6失点KOで正念場。わずか4安打で零封負け。 | トップページ | ロジャース、9回逆転打!虎のパンダがM点灯を阻止。 »

2017年8月 1日 (火)

上本、ランニング本塁打追撃も守備妨害で万事休す。

170801 広島○4-3●阪神(マツダ
勝利打点:鈴木誠

テレビ大阪で3回ウラから中継。今日の先発は岩貞(中6日)、広島・野村。西岡(6試合ぶり)、福留(5試合ぶり)がスタメン復帰して現状でのベストオーダーを組んできました。初回、先頭・田中にフルカウントから四球を出すと、菊池の送りバントで1アウト2塁。さらに丸に四球を出してから、鈴木誠のセンター前タイムリーでカープ先制。さらに2アウトからエルドレッドの左中間オーバーの2点2塁打で初回から3点のビハインド。

4回、2アウトからロジャースが四球で出塁すると、中谷のセンターオーバーの当たりがエンタイトルになってしまい、得点できず2,3塁。続く鳥谷が四球を選んで満塁にしますが、大和がセカンドゴロで三者残塁。そのウラ、ノーアウト1,2塁のピンチを背負うと、1アウト1,3塁から会澤に10球粘られて、三遊間を緩やかに破るタイムリーで4点目。結果的にこの1点が響きました。岩貞は4回4失点でKO。

5回、先頭・坂本、代打・大山西岡の3連打でノーアウト満塁とすると、上本のライト犠牲フライで1点を返すと、続く福留のレフト前タイムリーで2-4。さらに2アウトから中谷が10球粘って満塁として鳥谷に回りましたが、初球ショートゴロで三者残塁。ただここの攻めがあって野村が6回117球で降板。

7回、1アウトから上本のレフトフェンス際への当たりが風に流されて、松山のグラブをかすめて落球。ボールがセンター方向へ転がる間に一気にホームインし、記録はランニングホームラン!しかしそのウラ、高橋が登板しますが、先頭・田中のレフトライナーを西岡が落球。照明が目に入ったようですが痛いプレーに。ただ後続を抑えて1アウト2塁のピンチを無失点で切り抜け。

8回、先頭・鳥谷が四球で出塁しますが、大和が痛恨の初球バントフライ。この後、代打・隼太が4-6-3のゲッツーとなり苦しい展開に。9回は抑えの今村との勝負。1アウトから西岡が今季初の猛打賞となるヒットで出塁。続く上本がカウント1-2からエンドランの形で空振り三振に倒れますが、キャッチャーの2塁送球と重なったのを守備妨害をとられてしまいゲームセット。あっけない形での幕切れ。明日、カープにマジック36が点灯の可能性も。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  大山
西岡 岩崎(2) 松田(3) 高橋(4) マテオ(5)
上本  
ロジャース 中谷 鳥谷  
福留 坂本 岩貞[負] 梅野 高山
大和 伊藤隼
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
1日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN マテオ投手(再昇格。10日間のリフレッシュで再びフル回転。)
31日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT メンデス投手(満を持しての昇格で、使えるメドは立った。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 能見、4回6失点KOで正念場。わずか4安打で零封負け。 | トップページ | ロジャース、9回逆転打!虎のパンダがM点灯を阻止。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/65609164

この記事へのトラックバック一覧です: 上本、ランニング本塁打追撃も守備妨害で万事休す。:

« 能見、4回6失点KOで正念場。わずか4安打で零封負け。 | トップページ | ロジャース、9回逆転打!虎のパンダがM点灯を阻止。 »