« 青柳、またも魔の5回。伏兵宇佐見の一発に沈む。 | トップページ | 藤浪、フォーム改造で復調の兆し。死球から崩れ大敗。 »

2017年8月26日 (土)

能見、粘って約2ヶ月ぶり勝利!巨人戦は2年ぶり。

170826 巨人●4-8○阪神(東京ドーム
勝利打点:糸井⑤

NHK総合で完全中継。今日の先発は能見(中5日)、巨人・谷岡。土曜日は菅野の登板日ながら体調不良でプロ初先発のドラ3ルーキーとの対戦に。初回、1アウト1,3塁のチャンスでしたが、ロジャース中谷が相次いで凡退して無得点。曲がりの大きいフォークが特徴。

2回、先頭・鳥谷がフルカウントから四球で出塁。1アウト1,2塁から能見の送りバントは3塁ホースアウトで2アウトとなりますが、糸井が縦に落ちるスライダーを豪快に弾き返して11号3ランでタイガース先制!さらに上本が8球粘って四球を選ぶと、1,2塁からロジャースの右中間オーバーの2点2塁打で5-0!谷岡は3回5失点でKO。

4回、落ち着いた投球を見せていた能見ですが、先頭・マギーに際どいコースを取ってもらえず四球。この後、1アウト1,2塁から村田に内角のストレートが惜しくもボールとなり、フルカウントから右中間フェンス直撃のタイムリー2塁打。2アウト後、石川に右中間への2点2塁打で5-3。あっという間に試合がわからなくなりました。能見は5回まで投げ抜き、勝利投手の権利を持って降板。

2点リードの6回から桑原が登板。3番からのクリーンアップとの対戦でしたが、まず三者凡退で抑えてくれました。そして7回、1アウトからロジャースがレフト線への2塁打を放つと、2アウト後、鳥谷を敬遠して北條との勝負に出ますが、甘く入ったカーブを弾き返してレフト前タイムリー!そのウラ、2アウトを取った所で左の高橋にスイッチして、宇佐見を空振り三振に抑えました。

8回は山口との勝負。先頭・森越が四球で出塁すると、1アウトから代打・俊介がセンター前ヒットで好調をアピール。ここで福留がフルカウントから四球を選んで満塁とすると、途中出場の大山が高く打ち上げた打球がレフトフェンス直撃となり、2点タイムリーのシングルヒット。そのウラ、マテオが2アウト1,2塁のピンチを背負うと、阿部のライト前タイムリーで1点を返されました。4点リードながら最終回はドリスが締めてゲームセット!カープのマジックは20。

「今の所なんとか頑張れてるので、このまま頑張りたいと思います。」by 桑原
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸井 大山 森越 桑原[H](2)
福留 ロジャース 坂本 俊介 高橋(3) ドリス(5)
上本  
鳥谷 北條 能見[勝]  
  マテオ(4)
中谷  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
26日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 狩野恵輔外野手(再昇格。4月以来の昇格で代打の切り札に戻れるか。)
OUT 原口文仁捕手(不振から抜け出せず、超変革の顔が鳴尾浜へ。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 青柳、またも魔の5回。伏兵宇佐見の一発に沈む。 | トップページ | 藤浪、フォーム改造で復調の兆し。死球から崩れ大敗。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/65713382

この記事へのトラックバック一覧です: 能見、粘って約2ヶ月ぶり勝利!巨人戦は2年ぶり。:

« 青柳、またも魔の5回。伏兵宇佐見の一発に沈む。 | トップページ | 藤浪、フォーム改造で復調の兆し。死球から崩れ大敗。 »