« 藤浪、フォーム改造で復調の兆し。死球から崩れ大敗。 | トップページ | 糸井、プロ初のサヨナラ弾!大山も3打点の大活躍! »

2017年8月29日 (火)

小野、13度目の先発でプロ初勝利!鳥谷あと9本。

170829 阪神○3-0●ヤクルト(甲子園
勝利打点:鳥谷⑥

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発は小野(中6日)、ヤクルト・石川。夏の長期ロードを終えて1ヶ月ぶりに甲子園に戻ってきました。福留が休養日に充てられ、中谷を4番起用。初回、バレンティンを三振ゲッツーに抑えて、坂本が盗塁を刺して助けてくれました。

2回、先頭・山田にストレートの四球を出すと、リベロが詰まりながらセカンド後方へのヒット。さらにパスボールでノーアウト1,3塁となりますが、藤井のファーストゴロで山田を三本間に挟んでアウト。ただ2アウトからストライクが入らなくなり四球で満塁となり、石川にもカウント3-1まで行きましたが見逃し三振で三者残塁。

そのウラ、先頭・中谷のサードゴロを半身で捕ろうとした藤井が逸らして2塁まで行くと、鳥谷のセンター前タイムリーでタイガース先制!さらに北條のレフトライナーをバレンティンが捕れずタイムリー3塁打!ただこの後、坂本の空振り三振で北條が飛び出してアウト。得点をもらった小野ですが、3回は先頭・坂口に四球を出しますが、山崎をセカンドゴロ併殺に抑えたことで持ちこたえました。

5回、1アウトから坂本のレフトフライをバレンティンが落球で一気に2塁へ。2アウト後、トップに戻って俊介のサード強襲ヒットで1,3塁とすると、上本がセンター前へ落とすタイムリーで貴重な3点目。6回、先頭・坂口に9球粘られて四球。続く山崎のレフトフライを中谷がスライディングキャッチ。さらにバレンティンをショートゴロ併殺に抑えて無失点。小野は6回2安打無失点(5四球)でプロ初勝利の権利を持って降板。

7回は桑原が3失点以来のマウンドでしたが、4番からの打順で三者凡退。8回はマテオが縦のスライダーが鋭く決まって三者凡退。最終回はドリスが自己最速の161キロをマークし、1番からの打順でしたが3人で抑えてゲームセット!カープのマジックは18。虎のCSマジックは21。

「(監督から)やっと勝てたな、ということを言われました。」by 小野
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
小野[勝] 桑原[H](2) マテオ[H](3) ドリス[S](4)
中谷  
   
上本 鳥谷 俊介 坂本  
糸井 北條 森越 狩野
大山  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 藤浪、フォーム改造で復調の兆し。死球から崩れ大敗。 | トップページ | 糸井、プロ初のサヨナラ弾!大山も3打点の大活躍! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/65726703

この記事へのトラックバック一覧です: 小野、13度目の先発でプロ初勝利!鳥谷あと9本。:

« 藤浪、フォーム改造で復調の兆し。死球から崩れ大敗。 | トップページ | 糸井、プロ初のサヨナラ弾!大山も3打点の大活躍! »