« メッセ、粘りの投球でコイ斬り!西岡復帰戦で勝利! | トップページ | 糸原、無念の負傷交代。終盤の集中打でコイに大敗。 »

2017年7月18日 (火)

岩貞、3回6失点KO。新加入ロジャースいきなり2打点。

170718 阪神●5-9○広島(甲子園
勝利打点:石原

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩貞(中8日)、広島・大瀬良。糸井の離脱を受けて、西岡が今日はセンターに就き、新助っ人ロジャースが昇格即スタメン。福留も本職のライトに回りました。初回、先頭・田中にストレートの四球を出した岩貞。続く菊池の強い当たりがショートゴロ併殺となり、無失点の立ち上がり。

2回、1アウトから連打と四球で満塁のピンチを背負うと、石原のセンター前へのフライにスタートの遅れた西岡がグラブに当てながら惜しくも捕れず。記録はタイムリーでカープ先制。さらに2アウト後、トップに戻って田中がレフト線への2点2塁打、さらに菊池も3塁線を破る2点2塁打で一挙5点の猛攻。さらに3回、先頭・鈴木誠にヒットを許すと、松山に左中間へのタイムリー2塁打で一気に鈴木誠がホームに還って早くも6点目。そのウラ、代打を出された岩貞は3回6失点KO。

4回からは岩崎。1アウトから菊池にポテンヒットを許すと、丸の左中間オーバーのタイムリー2塁打で一気に菊池がホームに還って7点目。続く鈴木誠のヒットで1,3塁とすると、盗塁で2,3塁に。ここで松山のライト犠牲フライで8点目。6回からは伊藤和がマウンドに。2イニング目の7回、ロジャースの後逸もあって1アウト1,2塁。大瀬良の送りバントで2アウト2,3塁となってから暴投で9点目。

タイガースの反撃は8回。先頭・糸原が四球で出塁すると、1アウトから代打・隼太のライト線へのヒットで1,2塁のチャンス。この後、西岡の四球で満塁とすると、上本に押し出しの死球で1点を返しました。ここでカープが中崎にスイッチすると、ロジャースが二遊間を破る来日初タイムリー!2点を返して3-9。

9回、カープはジャクソンが登板。先頭・鳥谷がレフト前ヒットで出塁すると、糸原が四球でノーアウト1,2塁。暴投もあって1アウト2,3塁とすると、代打・俊介のセカンドゴロの間に4点目。さらに西岡のセンター前タイムリーで5-9。たまらず抑えの今村を引きずり出してゲームセット。今年はカープ相手に9点差を逆転しているだけあって、最後は盛り上がりました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸原  
  伊藤隼
西岡 伊藤和(3) 藤川(4)
ロジャース  
上本 鳥谷 俊介 梅野 岩崎(2)
福留 中谷 坂本 岩貞[負] 荒木 大山 高山 原口
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
18日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN ロジャース内野手(初昇格。調整遅れが心配されるが新助っ人緊急昇格。)
OUT 糸井嘉男外野手(後半戦初戦で右わき腹痛。主力の長期離脱へ。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« メッセ、粘りの投球でコイ斬り!西岡復帰戦で勝利! | トップページ | 糸原、無念の負傷交代。終盤の集中打でコイに大敗。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/65599194

この記事へのトラックバック一覧です: 岩貞、3回6失点KO。新加入ロジャースいきなり2打点。:

« メッセ、粘りの投球でコイ斬り!西岡復帰戦で勝利! | トップページ | 糸原、無念の負傷交代。終盤の集中打でコイに大敗。 »