« 好調の美馬相手に勝ち越せず。好守連発も力尽きる。 | トップページ | メッセ、4回5失点KO。リーグ戦再開後、マツダで大敗。 »

2017年6月18日 (日)

小野、7回1失点の好投も・・・10年ぶり対戦の岸に惜敗。

170618 阪神●0-1○楽天(甲子園
勝利打点:岡島

朝日放送で完全中継。今日の先発は小野(中6日)、楽天・岸。発熱による体調不良の上本が5試合ぶりの先発出場で2番に入り、中谷を3番に入れてきました。初回、先頭・高山が初球ライト前ヒットで出塁すると、上本が崩されながらライト前ヒットでノーアウト1,2塁のチャンスでしたが、クリーンアップが凡退して無得点。

4回、1アウトから鳥谷が粘ってインローを叩きライト前ヒットで出塁すると、間一髪のタイミングで盗塁成功。続く糸原の二遊間を破りそうな当たりを藤田がダイビングキャッチで1塁アウト。抜ければ1点確実でしたが、2アウト3塁となったことで梅野が敬遠されてしまい、小野はボテボテのサードゴロ。

6回、好投を続ける小野でしたが3巡目で回ってきた島内に四球。続くペゲーロの鋭いライト前ヒットで1アウト1,2塁となると、岡島がショート右を破るセンター前タイムリーでイーグルス先制。糸原もグラブに当てながら捕れず、守備の差が出ました。そのウラ、先頭・福留がセンター前ヒットで出塁しますが、原口のセカンド左の当たりにまたしても藤田がダイブ。今度は2塁へのグラブトスが決まって、4-6-3のゲッツー。

小野は7回まで投げぬいて1失点、課題の四球も1つで今日はバラついた球が少なかったです。8回は高橋が3人に抑えて反撃を待ちます。そのウラ、100球を超えた岸が続投。1アウトから上本がレフト前ヒット。続く中谷が高めストレートに詰まりながらライト前へ落とすと、ハーフウェーで止まっていた上本が3塁へ好走塁。あと一本という場面で福留が初球セカンドゴロ併殺。

1点ビハインドながら9回はドリスが登板して3人で抑えると、イーグルスも抑えの松井裕を投入。2アウトから代打・大和がセンター前ヒットで出塁すると、続く代打・糸井が8球粘って低めのスライダーを技アリでライト前へ弾き返し、これがプロ初の代打ヒットとか。1,3塁で代打・俊介がコールされ、初球の内角ストレートを振り抜くとレフトポール際への大ファール。惜しかった。この後、荒木の盗塁で2,3塁となり、一打サヨナラという場面でしたが、最後は低めのチェンジアップに空振り三振。

交流戦は10勝8敗。貯金10、首位カープと3ゲーム差の2位で直接対決へ。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
小野[負]  
上本 大和 糸井 高橋(2) ドリス(3)
高山 梅野  
  荒木
中谷 福留 鳥谷 俊介
原口 糸原 伊藤隼
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
18日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 山本翔也投手(今季初昇格。左のリリーフとして評価を上げたい。)
IN 柳瀬明宏投手(再昇格。前回登板では悪い流れを止めれず。)
IN 大山悠輔内野手(プロ初昇格。外野にも挑戦し、思い切りアピールしたい。)
OUT 青柳晃洋投手(苦しい投球が続くが、最短10日間でのローテ復帰へ。)
OUT 松田遼馬投手(ペゲーロへの満塁弾で一発アウト。失投は痛い。)
OUT 新井良太内野手(今季初ヒットは出たが、首の皮はつながらなかった。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 好調の美馬相手に勝ち越せず。好守連発も力尽きる。 | トップページ | メッセ、4回5失点KO。リーグ戦再開後、マツダで大敗。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/65428365

この記事へのトラックバック一覧です: 小野、7回1失点の好投も・・・10年ぶり対戦の岸に惜敗。:

« 好調の美馬相手に勝ち越せず。好守連発も力尽きる。 | トップページ | メッセ、4回5失点KO。リーグ戦再開後、マツダで大敗。 »