« 小野、地元福岡で6四球。粘りの投球も反撃及ばず。 | トップページ | 能見、おかわり弾に屈して5回4失点。反撃及ばず。 »

2017年6月13日 (火)

俊介、3年ぶり一発は甲子園初!糸原もダメ押し打!

170613 阪神○7-2●西武(甲子園
勝利打点:俊介①

サンテレビで完全中継。今日の先発は秋山(中6日)、西武・野上。俊介がライトで先発出場し、福留も移籍後初の甲子園でのレフト。2回のレフト守備ではスタートが遅れる場面が2度ほどありました。秋山が2アウト1,2塁のピンチを無失点で切り抜けると、そのウラ、1アウト1,2塁から俊介の左中間真っ二つの2点2塁打でタイガース先制!

3回、ルーキー源田がライトポール際への一発で1点を返しました。さらに2アウト2塁から“おかわり君”中村が左中間への鋭い打球を放ちますが、福留が懸命に追いついてダイレクトキャッチ!4回、メヒアにバックスクリーン右へ放り込まれてしまい、2-2の同点となりますが…そのウラ、俊介が左中間スタンドへの1号ソロで勝ち越し!なんと甲子園ではプロ初アーチ。

1点リードの5回、先頭・金子侑がライト線への2塁打。1アウト3塁のピンチでしたが、秋山を三振。浅村のショートフライが風に流されましたが糸原が何とかキャッチ!7回、1アウトから連打で1,3塁のピンチを背負った所で、103球の秋山が降板。代わった岩崎が源田の初球ファーストゴロで2アウト2,3塁。続く秋山にはストレートの四球で満塁としてしまうと、4番の浅村には桑原を投入。初球、セカンド後方のフライでしたが、上本が背走しながらキャッチ。落ちていれば走者一掃という場面だけに助かりました。

そのウラ、左の武隈との勝負。先頭・鳥谷が四球で出塁しますが、俊介が送りバント失敗。続く梅野がもう1度送りバントを決めて2アウト2塁のチャンス。ここで代打・良太がフルカウントから四球を選んで1,2塁とすると、トップに戻って糸原が初球をセンターオーバー!前進守備の頭を越える2点2塁打で5-2!

8回、左のガルセスが登板。いきなり高山の背中に死球を出してしまい、負傷交代で代走・荒木。続く福留のエンドランが決まってノーアウト1,3塁のチャンス。ここで中谷が右中間を破る2点3塁打で7-2!リードが5点となり、9回は球児が登板。先頭バッターにヒットを許しましたが、後続を抑えてゲームセット!

「一番ビックリしたというのがありますけど、打てて良かったです。」by 俊介
「決めてやろうという気持ちで打ちました!全然慣れてないです。」by 糸原
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
俊介 岩崎[H](2) 桑原[H](3) マテオ[H](4)
糸原 秋山[勝] 新井良
福留 中谷 藤川(5)
上本 高山 鳥谷 梅野 荒木
  大和
   
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 小野、地元福岡で6四球。粘りの投球も反撃及ばず。 | トップページ | 能見、おかわり弾に屈して5回4失点。反撃及ばず。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/65408027

この記事へのトラックバック一覧です: 俊介、3年ぶり一発は甲子園初!糸原もダメ押し打!:

« 小野、地元福岡で6四球。粘りの投球も反撃及ばず。 | トップページ | 能見、おかわり弾に屈して5回4失点。反撃及ばず。 »