« 交流戦開幕。俊介、4打点で幕張の乱打戦を制す! | トップページ | 高山、先頭打者アーチも…まずい守備で逆転負け。 »

2017年5月31日 (水)

能見、8回途中無失点の好投!マリンで躍動し連勝!

170531 ロッテ●0-5○阪神(ZOZOマリン
勝利打点:梅野③

関西テレビで2回表から8回ウラまで中継。今日の先発は能見(中6日)、ロッテ・チェン。対左投手の先発とあって、中谷大和がスタメン。鼻骨骨折の影響で鳥谷はベンチスタート。2回、1アウト1,2塁のチャンスから昨日のヒーロー俊介がストレートの四球を選んで満塁とすると、梅野がレフト線への2点2塁打で先制!バックホームが少しそれる間に2,3塁とそれぞれ進塁すると、高山の内野ゴロの間に貴重な3点目。この1点が大きかった。

4回、先頭・大嶺翔がレフトフェンス直撃の2塁打で出塁しますが、続く荻野が外のボールを引っ掛けてショートゴロで進塁させることができず。この回のピンチを抑えると、5回の守備から荻野を下げて、先週入団したキューバのサントスを起用。

7回、サントスの走り打ちに注目が集まりましたが、フォークにバットが当たらずに空振り三振。2アウトから井口に四球を許しましたが、続く角中が初球セーフティバントを試みてピッチャーゴロ。ここの攻撃は違和感がありました。8回も能見が続投して2アウトからヒットと四球で1,2塁のピンチを背負い、ちょうど100球となった所で無念の降板。代わった桑原が大嶺翔をセカンドフライに抑えてピンチ脱出!

9回のマリーンズは益田が登板。1アウトから1塁に代走・荒木を送ると、北條とのヒットエンドランが鮮やかに決まって逆を突かれた三遊間を破る当たり。1,3塁のチャンスを作ると、糸井のレフト前タイムリーで4点目。さらに満塁から中谷のセカンドゴロ。1塁ランナーの福留が塁間に立ち止まったため、バッターランナーを先にアウト。この間に3塁ランナーが生還し、福留の挟殺に手間取る間に2塁から糸井が一気にホームを狙いましたがタッチアウト。

大量リードとなり、9回はマテオが登板。先頭・サントスが詰まりながらピッチャー横を破りましたが、前進守備の北條が送球してアウト。ただ荻野より速いとされる自慢の足が見れました。ヒットのランナーを出しましたが、角中を三振に抑えてゲームセット!

「非常に疲れました。高めにいかないことを意識して投げました。」by 能見
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
糸井 梅野 能見[勝] 桑原[H](2)
  北條 マテオ(3)
大和 俊介  
高山 荒木
上本 福留 中谷 鳥谷 糸原
キャンベル  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 交流戦開幕。俊介、4打点で幕張の乱打戦を制す! | トップページ | 高山、先頭打者アーチも…まずい守備で逆転負け。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/65353295

この記事へのトラックバック一覧です: 能見、8回途中無失点の好投!マリンで躍動し連勝!:

« 交流戦開幕。俊介、4打点で幕張の乱打戦を制す! | トップページ | 高山、先頭打者アーチも…まずい守備で逆転負け。 »