« 鳥谷、5打点の大活躍!4年ぶり対カープ戦3タテ! | トップページ | 岩貞、球威欠け4発7失点KO。7点差から脅威の粘り。 »

2017年5月 9日 (火)

秋山、菅野との投手戦を制し7年ぶり巨人戦白星!

170509 巨人●2-4○阪神(東京ドーム
勝利打点:糸井③

BS日テレで完全中継。今日の先発は秋山(中6日)、巨人・菅野。初回、先頭・高山が技アリのバッティングでサード後方へ落とす2塁打。北條が初球でバントを決めると、糸井のライト前タイムリーでタイガース先制!3試合連続完封の菅野から得点すると、2アウト1,3塁から鳥谷のレフト前タイムリーで2点先行。しかし2回、マギーのレフトポール直撃弾で1点を返されました。

3回、先頭・北條が叩きつけた打球がサード内野安打。1アウト後、福留が初球のツーシームを豪快に振り抜き、ライト最前列へ低い弾道で放り込む4号2ランで4-1!好投の秋山ですが、4回に試練。1アウトから阿部、マギーの連打で2,3塁のピンチ。ここで長野を空振り三振に抑えると、続く石川慎には敬遠気味の四球で2アウト満塁。小林勝負を選択し、ショートゴロで三者残塁。

6回、1アウトから阿部が左中間フェンス直撃の長打。糸井が2塁へのダイレクト返球でタイミングはアウトでしたが、糸原のタッチを阿部が左足でかわしてセーフにする走塁。ここで当たっているマギーでしたがセカンドフライ。続く長野をサードゴロに抑えて無失点。そして7回、石川慎に初球のカーブをフルスイングされ、レフトスタンドへ放り込む一発で2点差。

菅野は4失点ながら8回も続投して115球で降板。秋山は7回107球で降板し、2点リードの8回はマテオ。2アウトから阿部が猛打賞となるセンター前ヒットで出塁を許しますが、マギーをファーストファウルフライに抑えて無失点。

9回、ジャイアンツは左の山口。1アウトから代打・中谷がレフトポール際への大ファールを放ちますが、結局追加点ならず。そのウラ、ドリスが登板。2アウトから代打・亀井にライト線2塁打を許し、代打・村田登場。一発出れば同点という場面でしたが、叩きつけてのショートゴロで間一髪アウトでゲームセット!秋山は2010年9月以来の巨人戦白星。チームもセリーグトップの20勝到達で6連勝!

「正直めちゃくちゃく緊張していた。僕も攻めることができました。」by 秋山
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
秋山[勝] マテオ[H](2) ドリス[S](3)
北條 糸井 福留  
高山 鳥谷 梅野  
   
原口 荒木 中谷 大和
糸原 キャンベル
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
4月度の月間MVPが発表され、阪神からはメッセンジャー投手が4年ぶり2度目の受賞。4月は5試合に先発してリーグトップの4勝0敗、防御率1.95でチームを引っ張ってくれました。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« 鳥谷、5打点の大活躍!4年ぶり対カープ戦3タテ! | トップページ | 岩貞、球威欠け4発7失点KO。7点差から脅威の粘り。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/65259142

この記事へのトラックバック一覧です: 秋山、菅野との投手戦を制し7年ぶり巨人戦白星!:

« 鳥谷、5打点の大活躍!4年ぶり対カープ戦3タテ! | トップページ | 岩貞、球威欠け4発7失点KO。7点差から脅威の粘り。 »