« 糸井、復調気配の一発!ドメさんとの初アベック弾! | トップページ | 交流戦開幕。俊介、4打点で幕張の乱打戦を制す! »

2017年5月28日 (日)

小野、2度の中断に遭い3回KO。2位転落で交流戦へ。

170528 阪神●2-6○DeNA(甲子園
勝利打点:ロペス

サンテレビ→朝日放送のリレーで8回表まで中継。今日の先発は小野(中6日)、DeNA・今永。対左投手ということもあり、福留が休養日に充てられて中谷がプロ初の4番起用。大和も9試合ぶりのスタメン。初回、1アウト3塁からロペスがレフトポール際への大ファウルを放ち、ビデオ判定まで行きましたが判定覆らずファウルで再開。次の球、高めストレートでショートフライに抑えると、筒香にはフォークが低めに決まって三振でピンチ脱出。

そのウラ、糸井がフルカウントから盗塁を決めて通算250盗塁を達成。初回は無得点でしたが、2回には1アウトからキャンベルが四球で出塁すると、大和がショートの頭を越えて左中間を破るタイムリー2塁打でタイガース先制!

しかし3回、1アウトから連続四球を出した小野。続く梶谷の当たりを原口が横っ飛びで止めて、2アウトを取りましたが…ロペスがセンター前へ打ち上げた当たりに大和糸井が交錯。ボールがこぼれる間に2人が還ってベイスターズが逆転。顔から流血の糸井でしたが、治療して出てきました。ただ中断で待たされた小野が1,2塁から宮崎にライトオーバーのタイムリー2塁打、続く戸柱にライトポール際への3ランを許して、一挙6失点KO。150キロもマークしただけに、球は走ってました。

4回、先頭・原口が11球粘って四球。続くキャンベルも四球を選んでノーアウト1,2塁のチャンスでしたが、ここから凡退して2アウト。それでも4回からマウンドに上がった岩崎に代打・北條を送りましたが、ピッチャーゴロで無得点。さらに5回、1アウトから連打で2,3塁のチャンスでしたが、中谷原口が凡退して無得点。110球と苦しむ今永を攻略できず。

7回、ベイスターズはパットンが登板。1アウトから糸井が四球を選ぶと、上本の今日2本目のヒットで1,2塁のチャンス。ここで高山が初球を打ってセカンドゴロ併殺コースでしたが、石川がファンブルしてオールセーフで満塁。続く中谷が良い当たりのレフト犠牲フライで2点目。もう少し点が取れそうでしたが、もったいなかった。

8回は伊藤和が3連投で苦しみながら、満塁のピンチをしのいで無失点。9回は登板間隔の空いたドリスが中6日のマウンド。連打でノーアウト1,2塁のピンチでしたが、無失点で切り抜け。そのウラ、山崎康に締められてしまいゲームセット。今日の敗戦でカープと入れ替わり5月5日以来の2位転落、貯金8で交流戦へ。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
   
糸井 キャンベル 大和 岩崎(2) 藤川(3) 高橋(4)
上本 ドリス(6)
高山 中谷 原口 鳥谷 梅野 伊藤和(5)
岡崎 小野[負] 糸原 北條
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 糸井、復調気配の一発!ドメさんとの初アベック弾! | トップページ | 交流戦開幕。俊介、4打点で幕張の乱打戦を制す! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/65340537

この記事へのトラックバック一覧です: 小野、2度の中断に遭い3回KO。2位転落で交流戦へ。:

« 糸井、復調気配の一発!ドメさんとの初アベック弾! | トップページ | 交流戦開幕。俊介、4打点で幕張の乱打戦を制す! »