« 高山、逆転呼び込む固め打ち!ヒヤヒヤ連敗ストップ。 | トップページ | 鳥谷、顔面への危険球で負傷退場。2位カープと0.5差。 »

2017年5月23日 (火)

秋山、菅野との投手戦再戦。今回は1球に泣いて惜敗。

170523 阪神●0-1○巨人(甲子園
勝利打点:小林誠

BS1で完全中継。関西テレビでも中継。今日の先発は秋山(中6日)、巨人・菅野の2回目のマッチアップ。大阪タイガース時代の黒いユニフォームを着用。アルプス席にはロゴの人文字も。初回、先頭・長野に11球粘られながら三遊間への内野安打。1アウト後、梅野が盗塁を刺して助けてくれました。そのウラ、先頭・高山が四球で出塁すると、1アウト2塁から糸井福留が凡退。

3回、ピッチャー秋山高山の連打でノーアウト1,2塁とすると、上本が今日2回目の送りバント成功。1アウト2,3塁のチャンスでしたが、糸井がショート後方への浅いレフトフライ。福留も初球レフトファウルフライに倒れてしまいました。両先発による投手戦となり、0-0のままゲームは終盤へ。

7回、100球を超えてきた秋山ですが2アウトから石川に右中間への2塁打。ここでベンチは中井を敬遠して小林誠との勝負に出ますが、高めに浮いたストレートをライト線へ弾き返されてしまい、タイムリー2塁打でジャイアンツがついに先制。そのウラ、代打・キャンベルがセンター前ヒットで出塁して、代走・江越。さらに代打・荒木の送りバントで2塁アウトを狙った菅野が悪送球でフィルダースチョイス。ノーアウト1,2塁のチャンスでしたが、ここから高山上本糸井(24打席ノーヒット)と三者連続三振。

1点ビハインドの8回、伊藤和が今季初登板。先頭・長野にヒットを許しますが、2アウト3塁となった所で左の高橋にスイッチ。ここで阿部がピッチャー強襲の当たりでしたが、転がった所に原口がカバーして1塁アウト。9回は球児が登板。三振1つを奪って日本球界では996奪三振としました。野茂を超える歴代最速ペースだとか。

9回は抑えのカミネロとの勝負。先頭・糸原がカウント3-0で場内が大盛り上がり。この後、追い込まれてから三塁線を破る痛烈な当たりを放ちますが、この回からレフトの守備に入った亀井がライン際に守っており2塁に行けず。ここで代打・北條がカウント3-0で再び場内が盛り上がってからのスリーバント失敗。最後も高めのボール球だっただけに惜しかった。続く代打・隼太の打席で三振ゲッツーかと思われましたが、糸原が盗塁成功。2アウト2塁で高山に託しましたがセンターフライでゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
秋山[負] 高橋(3)
高山 キャンベル 藤川(4)
糸原 江越
上本 梅野 伊藤和(2)
鳥谷 荒木 岡崎
糸井 福留 原口 伊藤隼 北條
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 高山、逆転呼び込む固め打ち!ヒヤヒヤ連敗ストップ。 | トップページ | 鳥谷、顔面への危険球で負傷退場。2位カープと0.5差。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/65319845

この記事へのトラックバック一覧です: 秋山、菅野との投手戦再戦。今回は1球に泣いて惜敗。:

« 高山、逆転呼び込む固め打ち!ヒヤヒヤ連敗ストップ。 | トップページ | 鳥谷、顔面への危険球で負傷退場。2位カープと0.5差。 »