« メッセ、7回1失点の好投。10連勝中のカープ止めた! | トップページ | 原口、必死のパッチで九里攻略!首位広島に勝ち越し。 »

2017年4月15日 (土)

青柳、自らの守乱で自滅。大敗も糸原がプロ初打点。

170415 阪神●1-7○広島(甲子園
勝利打点:なし

よみうりTVで3回表途中から中継。今日の先発は青柳(中6日)、広島・岡田。先週の巨人戦、3回途中ノーゲームで流れた青柳が先発マウンド。初回、ノーアウト1塁から菊池の送りバントで梅野の2塁送球がフィルダースチョイス。この後、満塁から鈴木誠のピッチャーゴロが不規則な回転で青柳が後逸する間にカープ先制。この後、エルドレッドに押し出しの死球、さらに天谷にセカンドの頭を越える2点タイムリーで初回から4失点。

3回、先頭・安部が1塁線を破る2塁打。2アウトから石原を敬遠気味に歩かせて、ピッチャー岡田との勝負を選択。ここでピッチャーゴロに打ち取ったのですが、青柳が痛恨の1塁悪送球で5点目。今日は自滅でした。トップに戻って田中のセンター前タイムリーで6点目。さらに菊池がライト線へ大きな当たりを放ちますが、福留のダイビングキャッチが決まって場内が盛り上がりました。

4回からは岩崎が登板。先頭・丸にヒットを許すと、2アウト2塁からエルドレッドにレフト前タイムリーを許して7点目。対する打線は岡田の前に4回までパーフェクトに抑えられていましたが、5回、先頭・福留がチーム初ヒットを放ち、大差で休養の意味もあって代走・中谷。この後、2アウト1塁から糸原がセンター右への鋭い打球で抜けていき、プロ初打点となるタイムリー2塁打!

7回、先頭・糸井がセンター前ヒット。続く中谷が見逃しで三球三振。2アウトから鳥谷がヒットでつないで1,2塁のチャンスでしたが、糸原がショートゴロで無得点。

9回、大差ながら球児が中8日のマウンド。この回から岡崎も今季初マスク。不運な当たりもあって1アウト1,2塁のピンチ。ここでフルカウントから石原が空振り三振に倒れ、スタートを切っていた安部も3塁でタッチアウトの三振ゲッツーで攻撃終了。そのウラ、100球を超えていた岡田が最後まで投げぬいて4安打完投。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
福留  
糸原 松田(3)
  岡崎 岩崎(2) 藤川(4)
糸井 鳥谷 荒木 新井良 江越
高山 上本 原口 梅野
青柳[負]
中谷
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« メッセ、7回1失点の好投。10連勝中のカープ止めた! | トップページ | 原口、必死のパッチで九里攻略!首位広島に勝ち越し。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/65154599

この記事へのトラックバック一覧です: 青柳、自らの守乱で自滅。大敗も糸原がプロ初打点。:

« メッセ、7回1失点の好投。10連勝中のカープ止めた! | トップページ | 原口、必死のパッチで九里攻略!首位広島に勝ち越し。 »