« 青柳、自らの守乱で自滅。大敗も糸原がプロ初打点。 | トップページ | 岩貞、3度目の正直で初勝利!熊本へ捧げる白星。 »

2017年4月16日 (日)

原口、必死のパッチで九里攻略!首位広島に勝ち越し。

170416 阪神○2-1●広島(甲子園
勝利打点:原口③

朝日放送、BS朝日で完全中継。今日の先発は能見(中6日)、広島・九里。前回、攻略できなかった九里対策で、糸原を1番に据え、高山が2番に入る新オーダー。初回、連打でノーアウト1,2塁のピンチを背負うと、1アウト満塁から鈴木誠の犠牲フライでカープ先制。ただこの後のピンチは抑えてくれました。

3回、先頭・丸にセンター前ヒットを許して、これで3イニング連続でノーアウトのランナー。続く苦手の新井をショートゴロ併殺に抑えますが、この後も連打で2アウト2,3塁のピンチでしたが、小窪を空振り三振!そのウラ、先頭・能見が四球で出塁すると、糸原も9球粘って四球。続く高山がピッチャーのグラブをかすめるセカンド内野安打でノーアウト満塁のチャンス。ここで糸井のファースト強襲ゴロの間に1-1の同点!

4回、九里に11球粘られて球数を費やした能見。4回以降は落ち着きを取り戻しましたが、5回75球で金本監督が決断。5回は代打・隼太で勝負に出てヒット(チーム2本目)。ただ得点には結びつかず。6回から2番手は桑原がマウンドへ。最速152キロのストレートとスライダーで2回をパーフェクトピッチング。

8回はマテオ。先頭・菊池がライト線への当たりでしたが、福留が懸命に追いついてキャッチ。この後、四球の丸が盗塁で2アウト2塁のピンチ。鈴木誠がカウント3-0からスイングもやや振り遅れた形でファーストゴロ。助かりました。そのウラ、5者連続三振に抑えて115球の九里が8回のマウンドへ。先頭・糸原の二遊間への当たりに追いついた菊池のファインプレー。ヘッスラも及ばず微妙な判定で金本監督が抗議。

この後、高山がセンター前ヒットで出塁すると、2アウトから盗塁成功。福留が四球で歩くと、続く原口がフルカウントからレフト前タイムリーでついに勝ち越し!ここで138球の九里が降板。それでも10奪三振に抑えられ、シュートとチェンジアップの投球術にやられました。9回はドリスが3人で抑えてゲームセット!厳しい試合を制しカード勝ち越し。

「最高です。すごい応援に応えるため、必死のパッチで打ちました!」by 原口
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  桑原[H](2) ドリス[S](4)
高山 原口 伊藤隼 マテオ[勝](3)
福留 能見  
糸原  
鳥谷 糸井 荒木 大和
上本 梅野 北條
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
16日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 伊藤隼太外野手(2軍で打撃好調につき今季初昇格。外野争いに加わりたい。)
OUT 藤浪晋太郎投手(好投の後、インフルエンザ発症で離脱。退寮が響いたか。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 青柳、自らの守乱で自滅。大敗も糸原がプロ初打点。 | トップページ | 岩貞、3度目の正直で初勝利!熊本へ捧げる白星。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/65159453

この記事へのトラックバック一覧です: 原口、必死のパッチで九里攻略!首位広島に勝ち越し。:

« 青柳、自らの守乱で自滅。大敗も糸原がプロ初打点。 | トップページ | 岩貞、3度目の正直で初勝利!熊本へ捧げる白星。 »