« 両軍28四死球の乱戦。ミス連発で痛いサヨナラ負け。 | トップページ | 藤浪、初登板は9四死球&乱闘騒ぎ。無念の3連敗。 »

2017年4月 2日 (日)

能見、4回もたずKO。九里の術中にはまり大敗。

170402 広島○9-1●阪神(マツダ
勝利打点:菊池

毎日放送で8回ウラ途中まで中継。今日の先発は能見、広島・九里。開幕してまだヒットの出ない北條が7番に降格。初回、高山が3試合連続で先頭バッター出塁しますが、上本がショートゴロ併殺。この後、連続四球でチャンスを作りましたが原口は内角シュートに空振り三振。これでリズムを崩しました。

そのウラ、田中がバットを折りながらヒットで出塁すると、菊池が低めボール球ながらエンドランでレフト線に落とすと、高山がフェンス際でボールをそらす間に一気にカープ先制。続く丸も初球をライト前タイムリーで2点目。わずか10球でやられてしまった能見。ストレートが走らず苦しみました。

3回、2アウトから糸井がライトスタンドへの一発で反撃しますが、そのウラ、またも先頭・田中にショート後方へのポテンヒット。1アウト1,3塁から苦手の新井に内角ストレートを弾き返され、左中間を破る2点2塁打で1-4。4回にはピッチャー九里にファーストのグラブを弾くヒットを許すと、田中に猛打賞となるヒットで1アウト1,2塁となった所で、能見KO。代わった遼馬が雨の中、1アウト満塁の大ピンチを抑えました。

5回、1アウト2塁から糸井が右ひじへの死球。プロテクターを付けておらず一度はベンチに退きましたが、手当をして試合に復帰。この後、満塁のチャンスで原口が5-5-3のゲッツーで万事休す。糸井はひじの腫れがひどくなり、6回の守備から退き、中谷がセンターに入りました。

3点を追う7回、岩崎が初登板。いきなり丸に2塁打を許すと、新井に死球。続く鈴木誠のタイムリーで5点目。この後、1アウト満塁から会澤がライトへ大きなフライを放ち、福留が追い付きましたがグラブに当てながら落球する間に2点を追加。さらに代打・堂林の2点タイムリーでこの回5失点。

9回、北條がライトへ大きな当たりを放ちますが、鈴木誠のジャンピングキャッチに阻まれてしまい、開幕13打席ノーヒット。2アウトから糸原がピッチャー返しでプロ初ヒット。高山のファーストゴロを堂林が弾いて満塁のチャンスでしたが、最後は代打・良太がライトフライでゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
鳥谷 松田(2)
糸井  
  中谷 糸原
福留  
高山 上本 江越 荒木
原口 北條 梅野 能見[負] 新井良 岩崎(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 両軍28四死球の乱戦。ミス連発で痛いサヨナラ負け。 | トップページ | 藤浪、初登板は9四死球&乱闘騒ぎ。無念の3連敗。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/65100033

この記事へのトラックバック一覧です: 能見、4回もたずKO。九里の術中にはまり大敗。:

« 両軍28四死球の乱戦。ミス連発で痛いサヨナラ負け。 | トップページ | 藤浪、初登板は9四死球&乱闘騒ぎ。無念の3連敗。 »