« 虎金星。メッセ&若虎の躍動で侍ジャパンに快勝! | トップページ | プロ野球戦力分析【東京ヤクルト編・2017開幕】 »

2017年3月19日 (日)

プロ野球戦力分析【中日編・2017開幕】

Image17d 2017年シーズン開幕直前、戦力分析。今回はセリーグ6位の中日ドラゴンズ。昨シーズンは19年ぶりの最下位に終わり、谷繁監督に代わりシーズン途中から指揮を執っていた森ヘッドが監督に就任。投手陣の再建に手腕を振るうことになるが、機動力野球を新たに掲げた。世代交代が遅れた分、遠藤や京田(日大)ら積極的に若手を起用して浮上のキッカケをつかみたい。

【野手編】
Image17dorder 主砲のビシエドがインフルエンザで出遅れているが、同じく中軸を担う新外国人のゲレーロが破壊力を見せつけている。守備に難があるが両外国人による強竜打線の復活に期待したい。WBC組の平田が右中間への長打に取り組み、完成すれば本塁打増も見込める。主力では高橋周、福田が出遅れており、攻撃面では苦しい開幕となる。ドラフト2位の京田が俊足巧守の内野手で開幕1軍が有力で、二遊間で出場機会のチャンス。キャッチャーは杉山と木下の競争となり、監督交代で新たな局面に。

注目選手は、荒木。2000本安打まで残り39本。世代交代が進む中での戦いになる。

【投手編】
大野が2年連続の開幕投手で昨年7勝から巻き返しを図る。今年は又吉が先発挑戦するがチーム状態を見て、中継ぎとの兼用になる。ジョーダン、バルデスが順調に仕上げており、外国人枠を見ながらの起用に。リリーフ陣では、新外国人のロンドンが既に159キロをマーク。左のアラウホもいるが2人共に開幕に不安を残している。その中で42歳の岩瀬がオープン戦好調で復活の気配。抑えは田島が開幕から担い、“タジマジン”としてフル回転の働きを期待したい。

注目選手は、ロンドン。162キロの速球が武器だが、相手の機動力を封じ込めるか。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 大 野 吉 見 山 井 又 吉 ジョーダン 小 熊
中継 ロンドン 岡 田 祖父江 岩 瀬 浅 尾
抑え 田 島
次点 アラウホ バルデス 若 松 鈴 木 小 川 八 木 福 谷
故障 小笠原
野手
捕手 杉 山 木下拓
内野 ビシエド 荒 木 ゲレーロ 堂 上 森 野 京 田 溝 脇
石 川
外野 遠 藤 大 島 平 田 藤 井 石 岡 近 藤
次点 松井雅 高橋周 亀 澤 工 藤 野 本 松井佑
故障 福 田
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 虎金星。メッセ&若虎の躍動で侍ジャパンに快勝! | トップページ | プロ野球戦力分析【東京ヤクルト編・2017開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/65036767

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【中日編・2017開幕】:

« 虎金星。メッセ&若虎の躍動で侍ジャパンに快勝! | トップページ | プロ野球戦力分析【東京ヤクルト編・2017開幕】 »