« プロ野球戦力分析【横浜DeNA編・2017開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【広島編・2017開幕】 »

2017年3月22日 (水)

プロ野球戦力分析【巨人編・2017開幕】

Image17g 2017年シーズン開幕直前、戦力分析。今回はセリーグ2位の読売ジャイアンツ。高橋由伸監督の2年目は、ペナント奪回へ向けて積極補強に乗り出した。楽天で優勝経験のあるマギー、164キロ右腕のカミネロを獲得。さらにFAで陽(日本ハム)、山口(DeNA)、森福(ソフトバンク)を獲得。まだ主力の状態が上がってこないが、圧倒的な選手層は脅威で優勝争いの中心に。

【野手編】
Image17gorder 陽が下半身の張りで出遅れたが、走攻守3拍子揃っておりセリーグでも活躍を期待。中軸を期待されるマギーが不振で、早い段階で見極められる可能性も出てきた。クルーズ、ギャレットも控えており外国人枠を見ながらの起用になる。オープン戦ではセカンド争いがし烈で外野手の立岡が一歩リードしていたが、中井が巻き返してきた。手術明けの片岡も復活を懸ける。キャッチャーはWBCで経験を積んだ小林誠が攻守でキーマンになる。俊足で2年目の重信がポスト鈴木として代走のスペシャリストに。

注目選手は、陽。かつての同僚・糸井と揃ってセリーグ挑戦、守備で魅せたい。

【投手編】
WBCでもエースの菅野が4年連続の開幕投手が有力。昨年10勝の田口、3年目のマイコラスも状態を上げてきている。山口俊が故障で開幕絶望となったが、穴を埋める先発の層も厚い。ここに杉内がシーズン途中での復帰を目指し、リーグ優勝を目指す。リリーフ陣は、澤村が右肩の違和感を訴えて離脱したために苦しくなった。左の山口も打ち込まれており、7回を投げる選手がポイントになる。抑えはマシソン、カミネロのダブルストッパーでの開幕になるが、落ち着くまで時間がかかる。

注目選手は、森福。左のワンポイントから新天地を求めて移籍し、中継ぎの軸に。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 菅 野 田 口 マイコラス 内 海 大 竹 宮 國
中継 マシソン 山口鉄 森 福 田原誠 谷 岡
抑え カミネロ
次点 高木勇 吉川光 今 村 桜 井 西村健 戸 根 池 田
故障 杉 内 山口俊 澤 村
野手
捕手 小林誠 実 松 宇佐見
内野 阿 部 立 岡 マギー 坂本勇 村 田 吉川大 寺 内
外野 中 井 長 野 石 川 亀 井 重 信 岡 本
次点 相 川 クルーズ ギャレット 堂 上 松本哲 橋本到
故障 片 岡 山本泰 陽岱鋼
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【横浜DeNA編・2017開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【広島編・2017開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/65053301

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【巨人編・2017開幕】:

« プロ野球戦力分析【横浜DeNA編・2017開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【広島編・2017開幕】 »