« プロ野球戦力分析【阪神編・2017開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【巨人編・2017開幕】 »

2017年3月20日 (月)

プロ野球戦力分析【横浜DeNA編・2017開幕】

Image17db 2017年シーズン開幕直前、戦力分析。今回はセリーグ3位の横浜DeNAベイスターズ。昨年二冠王のキャプテン筒香を中心に勢いのあるチームになってきた。野手陣では新外国人のシリアコを補強。投手陣も山口俊が巨人へFA移籍したが、石田、今永ら若手が育ってきており、更に3人の新外国人を補強。ラミレス監督の2年目は優勝争いにも十分加われる所まで来ている。

【野手編】
Image17dborder 梶谷がぎっくり腰で開幕微妙な所だが、2番・3番でラミレス野球のキーマンになる。主砲の筒香は3割40本前後を期待され、ポイントは後ろを打つ5番バッター。ロペスも上がってきたが、新外国人のシリアコもオープン戦好調でマシンガン打線になる予感。またドラフト9位の佐野(明大)が強打を見せており、外野の控えで開幕1軍が有力。戦力外から入団した田中浩(ヤクルト)も本職のセカンドで出場のチャンス。キャッチャーは戸柱がわき腹痛から開幕に間に合わせた。2年目も守りの軸となる。

注目選手は、筒香。侍ジャパンでも4番を打ち、他球団から更に厳しいマークに。

【投手編】
昨年9勝の3年目左腕・石田を開幕投手に指名。2年目左腕の今永も速球にキレがあり2枚看板になる。新外国人のウィーランド、クラインも開幕ローテ入りしたが、クラインは制球難で外国人枠を見ながらの起用になる。ドラフト1位左腕の濵口(神奈川大)も先発チャンス。リリーフ陣は、高崎がオープン戦好調で復活気配。左の砂田が出遅れているのが気がかりだが、新外国人右腕のパットンが安定感を見せて順調な仕上がりを見せており、抑えの山崎康との勝ちパターンは脅威となる。

注目選手は、石田。新エースの期待がかかり、2ケタ勝利がノルマとなる。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 石 田 今 永 井 納 ウィーランド 濵 口
中継 パットン 三 上 田中健 須 田 進 藤 高 崎
抑え 山崎康
次点 クライン 久保康 三 嶋 平 田 砂 田 熊 原 加 賀
故障
野手
捕手 戸 柱 嶺 井
内野 ロペス 田中浩 シリアコ 倉 本 白 崎 宮 崎 山崎憲
柴 田
外野 筒 香 桑 原 梶 谷 関 根 荒 波 佐 野
次点 高 城 黒羽根 石 川 後藤武 飛雄馬 下 園 乙 坂
故障 山下幸
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【阪神編・2017開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【巨人編・2017開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/65044854

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【横浜DeNA編・2017開幕】:

« プロ野球戦力分析【阪神編・2017開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【巨人編・2017開幕】 »