« プロ野球戦力分析【東京ヤクルト編・2016終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【日本ハム編・2016終了】 »

2016年12月31日 (土)

プロ野球戦力分析【中日編・2016終了】

Image1612d 2016年シーズン終了時の戦力分析。今回はセリーグ6位の中日ドラゴンズ。今季から専任監督となった谷繁監督。新外国人ビシエドの活躍で開幕は順調な滑り出しだったが、6月以降は低迷。先発陣の不調もあって、最下位に転落した8月に谷繁監督が休養発表で事実上の解任。19年ぶりの最下位に終わり、来季は森ヘッドが監督を務め、落合GMも退任する。

【野手編】
Image1612dorder 新外国人のビシエドは22本。5月までで14本も打ったが、後半戦は足の故障にも悩まされた。ナニータ、エルナンデスと3人がスタメン出場することもあったが、2人は今季限りで退団。5年目の高橋周も開幕から好調で3番も打ったが、4月末の右手骨折が痛かった。パンチ力のある福田が6月以降はサード、レフト、ファーストと起用されて自己最多の10本。10年目の堂上直が初の規定打席に到達しショートの守備で大きく貢献した。キャッチャーでは杉山が104試合出場。桂と争っていたが、監督交代で再び競争に。

【投手編】
エースの大野がひじ痛の影響もあり7勝どまりながらチームトップ。昨年10勝の若松も7勝したが、7月以降は不振で勝てなかった。先発陣ではバルデス、ジョーダンの両左腕が6勝。手術明けの吉見も登板間隔を空けながらローテを守り、6勝で投球回はチームトップ。高卒新人の小笠原が2勝。リリーフ陣は、右の又吉が3年連続の60試合登板で22HP。左は岡田が16HP。田島が開幕から31試合連続無失点のプロ野球新記録で、不調の福谷に代わって抑えに転向。自己最多の17セーブを挙げた。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 大 野 吉 見 バルデス ジョーダン 若 松 小笠原
中継 岡 田 又 吉 小 川 祖父江
抑え 田 島
次点 山 井 小 熊 福 谷 佐 藤 阿知羅 伊 藤 岩 瀬
故障 ネイラー ハイメ 浅 尾 退団 雄 太 岩 田
野手
捕手 杉 山
内野 ビシエド 荒 木 高橋周 堂 上 森 野 エルナンデス 亀 澤
外野 福 田 大 島 平 田 藤 井 工 藤 近 藤 野 本
次点 木 下 武 山 阿 部 井 領 赤 坂 松井佑
故障 ナニータ 退団 エルナンデス ナニータ
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【東京ヤクルト編・2016終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【日本ハム編・2016終了】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/64700620

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【中日編・2016終了】:

« プロ野球戦力分析【東京ヤクルト編・2016終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【日本ハム編・2016終了】 »