« プロ野球戦力分析【阪神編・2016終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【巨人編・2016終了】 »

2016年11月27日 (日)

プロ野球戦力分析【広島編・2016終了】

Image1611c 2016年シーズン終了時の戦力分析。今回はセリーグ1位の広島東洋カープ。前田健太のメジャー移籍で前評判は高くなかったが、投手では野村が復活。野手では鈴木誠也のブレイクで緒方監督に“神ってる”と言わしめた。 6月に破竹の11連勝で首位を独走すると、2位の巨人に17.5ゲーム差をつけて25年ぶりのリーグ優勝を達成。日本シリーズ直前に黒田が引退を表明。

【野手編】
Image1611corder 4年目の鈴木誠が.335、29本でライトのポジションを獲得。交流戦での3試合連続決勝アーチや日本シリーズでのホームスチールで沸かせた。エルドレッド、ルナの外国人が故障で離脱する中、今季2000本安打を達成した39歳の新井が中軸で101打点の活躍。また、速球派の投手相手の時は左の松山を4番に抜擢することで、選手起用の巧さを見せた。上位打線は“タナキクマル”と呼ばれる同学年の3人が高い出塁率を残し、64盗塁、292得点と機動力野球を武器に攻撃力は12球団トップを誇った。

【投手編】
ジョンソンが昨年の14勝に続く15勝で沢村賞。野村が3年ぶりの2ケタ勝利となる16勝で初の最多勝。41歳の黒田も満身創痍の体ながら7年連続の10勝で日米通算203勝。新人の岡田は4勝に終わり、この3人に続く先発陣が課題に。リリーフ陣は、ヘーゲンズ(24HP)が途中で先発に回ったが、ジャクソン(42HP)との両外国人の継投がリーグ優勝を牽引。今村も4年ぶりにセットアッパーに復帰して67試合登板(25HP)。抑えは中崎が34セーブ。防御率も初の1点台をマークし、クローザー2年目で飛躍。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 ジョンソン 野村祐 黒 田 岡 田 九 里 福 井
中継 ジャクソン 今 村 ヘーゲンズ 大瀬良 一 岡
抑え 中 崎
次点 中 村 薮 田 オスカル 永 川 江 草 小 野 横 山
故障 戸 田 退団 黒 田
野手
捕手 石 原 會 澤 磯 村
内野 新 井 菊 池 安 部 田 中 小 窪 西 川
外野 エルドレッド 鈴木誠 松 山 下水流 野 間 赤 松
次点 白 濱 ルナ 堂 林 岩 本 天 谷 プライディ
故障 退団 ルナ 廣 瀬
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【阪神編・2016終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【巨人編・2016終了】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/64552408

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【広島編・2016終了】:

« プロ野球戦力分析【阪神編・2016終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【巨人編・2016終了】 »