« 岩貞、9月4戦4勝!最下位攻防戦を制し5位以上確定。 | トップページ | 2016シーズン »

2016年10月 1日 (土)

岩貞、初の10勝で虎7連勝!福原の引退試合に花。

20161001 阪神○6-0●巨人(甲子園
勝利打点:ゴメス⑦

BS1で完全中継。関西テレビでも中継。シーズン最終戦の先発は岩貞(中5日)、巨人・大竹。初回、2アウトから1,3塁のピンチを背負った岩貞ですが、ギャレットに10球粘られながら空振り三振。そのウラ、2アウト1塁で原口が左中間フェンス直撃のタイムリー2塁打・・・と思われましたが、打球がラバーに挟まってボールデッドと判定され、北條が3塁に戻される始末。それでもゴメスがセンター前へ2点タイムリーでタイガース先制!

2回、ノーアウト1塁で俊介のセンター前ポテンヒットで板山が一気に3塁へ好走塁。岩貞の送りバントで1アウト2,3塁とすると、北條の浅いセンターフライで板山がタッチをかいくぐってのホームインで3点目。3回以降は岩貞が落ち着いたピッチングを展開し、中盤はパーフェクトピッチング。

6回、2アウトから俊介がヒットを放った所で、代走・植田がプロ初出場。スタンドから「走れ!走れ!植田!」コールの中、初球スチールを試みますが力んでしまいアウト。7回、続投の岩貞が2アウトから連打で1,3塁のピンチでしたが、実松をサードゴロに抑えてピンチ脱出!自身5連勝で初の10勝目。

7回、リリーフ調整の高木勇を攻め立て、ノーアウト2,3塁から上本がセンターオーバーの2点2塁打で5点目。そして8回、引退試合の福原が登板。金本監督がマウンドで出迎えてくれました。立岡をストレート3球、142キロでレフトフライに抑えて、1年年下の安藤にスイッチし4年連続の50試合登板。そのウラ、ノーアウト1,3塁から福留の犠牲フライで6点目。

大量リードの9回は高卒ルーキーの望月がプロ初登板。最速153キロのストレートを見せ、さすがに緊張からかコントロールを乱してました。ランナー1人を出しましたが、無失点で抑えてゲームセット!7連勝でシーズンを終了し、スワローズが敗れたことで逆転で4位浮上して順位が確定。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
北條 岩貞[勝] 福留
  大和 望月(4)
ゴメス 板山 俊介 中谷 福原(2) 安藤(3)
上本 原口  
鳥谷 植田
高山 陽川
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
ゲーム終了後、マウンドに監督・コーチ・選手が整列して金本監督が挨拶。チームの低迷を招いてしまい本当に申し訳ないと謝罪されていました。監督が挨拶したのは04年の岡田監督以来、なんと12年ぶり。

この後、福原が引退のスピーチ。「僕がプロの第1球を投げたのは東京ドームの巨人戦でした。そして今日、この甲子園の伝統の一戦で最後の1球を投げることができ、本当に幸せです。この伝統の一戦がいつまでも、伝統の一戦と呼ばれるよう、ジャイアンツファンの皆様、いつもすばらしい応援をしていただいたタイガースファンの皆様、これからもたくさんの応援をよろしくお願いします。」

ジャイアンツから阿部、タイガースからは安藤球児鳥谷が花束贈呈。ベンチ前では矢野コーチ福留安藤能見藤浪が涙する場面も。リハビリ中の西岡の姿もありました。グラウンド一周した後、スーツ姿の関本から花束贈呈で福原号泣。最後は胴上げ8回で送り出されました。 201610012 1日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 福原忍投手(引退試合の為に再昇格。18年間お疲れ様でした。)
OUT 藤浪晋太郎投手(今年は7勝どまりも最後に本来の姿を取り戻した。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 岩貞、9月4戦4勝!最下位攻防戦を制し5位以上確定。 | トップページ | 2016シーズン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/64284942

この記事へのトラックバック一覧です: 岩貞、初の10勝で虎7連勝!福原の引退試合に花。:

» 7連勝でシーズン終了 [自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガース]
色んな事が盛りだくさんだった最終戦。すべてがうまく運んでよかった。 [続きを読む]

受信: 2016年10月 2日 (日) 15:18

» 7連勝でシーズン終了 [虎談巷説 阪神タイガース的日常]
色んな事が盛りだくさんだった最終戦。すべてがうまく運んでよかった。 [続きを読む]

受信: 2016年10月 2日 (日) 15:18

« 岩貞、9月4戦4勝!最下位攻防戦を制し5位以上確定。 | トップページ | 2016シーズン »