« 岩貞、今季2度目の完封で連敗ストップ!山中攻略。 | トップページ | 陽川、昇格即スタメンで一発回答も…痛恨の落球。 »

2016年9月14日 (水)

藤浪、プロ初の160キロ。終盤の再逆転負けで秋風。

20160914 阪神●4-6○広島(甲子園
勝利打点:安部

サンテレビ→朝日放送→サンテレビのリレー中継。今日の先発は藤浪(中7日)、広島・薮田。梅野が昇格して即スタメン。初回、先頭・田中に四球を出すと、続く菊池のヒットでノーアウト1,2塁のピンチ。ここから1アウト満塁となり、鈴木誠への初球に自己新の159キロ。さらに外角低めへ外れたボールが160キロをマークしますが、この後にサードゴロの間にカープ先制。続く野間のタイムリーで2点目。そのウラ、1アウト満塁からゴメスのサードゴロの間に1点。

5回、先頭・北條がレフトへの2塁打で出塁すると、続く荒木が送りバント成功。1アウト3塁のチャンスでしたが、高山福留が連続三振に倒れて同点ならず。すると6回、先頭・丸が四球で出塁すると、盗塁成功。さらに梅野の悪送球となり、一気に3塁へ。1アウト後、鈴木誠のライト前タイムリーで1-3。藤浪は7回途中、128球で降板。

7回、カープは九里が登板。1アウトから上本が盗塁を決めると、北條のサードゴロで安部の送球がワンバウンドとなりファースト・松山が捕れず。荒木の死球で1アウト満塁となると、ここで高山はファーストゴロ。松山のバックホームがワンバウンドとなり、キャッチャーが捕れずオールセーフで1点。続く福留が犠牲フライで追い付くと、ゴメスが変化球に泳ぎながらセンター前へ落とすタイムリーで逆転!

8回はサターホワイトが登板しますが、1アウト1,3塁で安部が変化球を弾き返し、ライトオーバーの2点3塁打で再逆転。さらに代打・新井が痛烈な当たりでしたが、前進守備の大和がスーパーダイブ。9回は遼馬が代打・ルナに一発を許してしまいました。そのウラ、2アウト1,2塁のチャンスでしたが、代打・狩野がライトフライでゲームセット。今年を象徴する一戦で最下位ドラゴンズが0.5ゲーム差まで接近。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  高橋(2)
荒木 ゴメス 上本
福留 大和
藤浪  
北條 高山 板山 俊介
鳥谷 梅野 原口 狩野 サターホワイト[負](3) 松田(4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
14日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 梅野隆太郎捕手(再昇格。強肩を武器に今後は坂本との競争に。)
12日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 鶴岡一成捕手(CS進出が苦しくなり抹消。このまま構想外の可能性も。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 岩貞、今季2度目の完封で連敗ストップ!山中攻略。 | トップページ | 陽川、昇格即スタメンで一発回答も…痛恨の落球。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/64217480

この記事へのトラックバック一覧です: 藤浪、プロ初の160キロ。終盤の再逆転負けで秋風。:

« 岩貞、今季2度目の完封で連敗ストップ!山中攻略。 | トップページ | 陽川、昇格即スタメンで一発回答も…痛恨の落球。 »