« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月31日 (水)

メッセ、好投むなしく援護なし。5連敗で遠のくCS。

20160831 中日○1-0●阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:吉見

BS1で完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中5日)、中日・吉見。原口がキャッチャーでスタメンとなり、ゴメスが先発復帰。初回、先頭・大島にヒットを許しますが、続く工藤を三振ゲッツーに抑えて原口が助けました。2回、2アウトから阿部のライト線2塁打。堂上が3塁を大きくオーバーランしますが、キャッチャーから送球できず帰塁。この後、満塁のピンチで吉見をファーストゴロに抑えてピンチ脱出。

4回、先頭・北條がセンター前ヒットで出塁。続く高山が左中間へ大きな当たりを放ちますが、レフトの工藤がフェンス際でジャンピングキャッチ。福留がセンター前ヒットで1,2塁としますが、原口がサードファウルフライ。ゴメスもバットを折られながらセカンドライナーで無得点。

5回、先頭・阿部のサードゴロ正面の当たりを上本が悪送球。ノーアウトのランナーを出しますが、杉山はライトフライ。続く吉見も送りバント失敗で2アウト。大島も空振り三振で抑えて無失点ピッチング。メッセは5回を投げて被安打3、7奪三振の好投。

7回、1アウトから阿部が四球で出塁すると、杉山が三振の際に盗塁成功。2アウト2塁で吉見が初球をセンター前タイムリー。中谷のバックホームも及ばずドラゴンズ先制。これにはメッセもがっくり。8回に代打を出されて無念の降板。8回は球児がヒットを出しながら3人で抑えて味方の反撃を待ちました。

9回は抑えの田島との勝負。1アウトから北條が四球を選ぶと、続く高山にヒットで1,2塁のチャンス。ここで福留がライトフライに倒れる間にタッチアップで2アウト1,3塁。最後は原口がショートゴロに倒れてゲームセット。ついに打率3割を切りました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
メッセンジャー[負]  
北條 藤川(2)
福留  
高山  
原口 鳥谷 今成
上本 ゴメス 中谷 大和 柴田
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
31日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 俊介外野手(再昇格。交錯した足の故障も癒え、貴重な守備固め。)
OUT 江越大賀外野手(代打での見逃し三振が響いたか。再び不振。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月30日 (火)

藤浪、プロ最短1回7失点KO。福留に叱責され涙。

20160830 中日○9-3●阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:森野

テレビ大阪で2回ウラ途中から中継。今日の先発は藤浪(中5日)、中日・バルデス。初回、先頭・大島にショート内野安打を許すと、パスボールも重なってノーアウト2,3塁のピンチ。ここで森野の1,2塁間への当たりを大和が追い付きますが、藤浪のベースカバーが遅れてタイムリー内野安打となり、ドラゴンズ先制。さらに福田の内野ゴロの間に1点、続く平田のタイムリーで3点目を取ると、ここから連打で満塁となって杉山に甘く入った変化球を満塁ホームラン。8安打、7失点で藤浪はプロ最短となる1回でKO。ベンチで福留に怒られて涙する場面も。

2回、原口が20打席ぶりヒットとなる10号ソロで反撃!さらに連打でノーアウト1,3塁とすると、坂本のサードゴロ併殺の間に2点目。2回以降は金田が2イニングを抑えて、ゲームを落ち着かせました。

4回、先頭・中谷が左中間オーバーの2塁打。さらに中継が乱れる間に一気に3塁へ進むと、大和がレフト左へのタイムリーで3点目。4点差ありながら坂本が送りバントで1アウト2塁としますが、代打・江越が三球三振。バットを1度も振らずに凡退。

6回、ドラゴンズ2番手で又吉が登板。1アウトから代打・柴田、代打・今成の連続ヒットで1,2塁のチャンス。ここで3人目の代打・鳥谷が空振り三振。続く北條も空振り三振に倒れて得点できず。6回の守備からは原口がキャッチャー、中谷がファーストに。

7回、5番手・安藤がマウンド。先頭・福田に2塁打を許すと、2アウトから堂上(今日4安打)に前進守備のライトオーバーとなるタイムリー3塁打。続く杉山にもタイムリーを許してしまい、粘っていたリリーフ陣が力尽きました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
中谷 大和 今成 金田(2) 島本(3) 高橋(4)
高山 原口 柴田 松田(6)
   
上本 北條 ゴメス
福留 坂本 藤浪[負] 鳥谷 森越 江越 安藤(5)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日)

サブマリン山中に3敗目。4連勝後、痛すぎる3タテ。

20160828 阪神●1-3○ヤクルト(甲子園
勝利打点:西浦

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩貞(中6日)、ヤクルト・山中。熊本県必由館高校の先輩後輩対決。ゴメスが先発復帰し、柴田が6番で今季初スタメン。初回、先頭・上本が左中間を破る2塁打で出塁。北條が送りバントを決めると、1アウト3塁から高山のセンター犠牲フライでタイガース先制!

3回、坂口のレフト線へのファウルフライを高山がボールを見失いますが、北條が背走キャッチ。2アウト1,2塁のピンチでバレンティンが軽く合わせたように見えましたが、ライトフェンス際まで打球が飛んでいき、福留がフェンスに激突しながらキャッチ。4回、2アウト3塁から敬遠策で山中との勝負を選びましたが、良い当たりのレフトライナー。危なかった。

5回、先頭・坂口のサードゴロを上本が今日2個目のエラー。この後、1アウト1,3塁のピンチでバレンティンがチェンジアップを弾き返して三遊間を破る同点タイムリー。2アウト後、暴投で2,3塁となると、西浦が内角高めのストレートを打っていき、3塁線への2点タイムリーで1-3と勝ち越し。この回4安打を浴びた岩貞は5回で代打を出されました。

2点を追う7回、代打・鳥谷がピッチャーの頭を越えるボテボテの内野安打!続く坂本がスリーバントを決めますが、代打の切り札・狩野が内角ストレートに空振り三振。サブマリン山中の前に今日はフライアウトの山(27アウトのうち17個)。9回、球児が3人で抑えて600試合登板を達成。

9回、1アウトから柴田が右中間への2塁打で今季初ヒット。ここで鳥谷がカウント3-0から打っていき、セカンドライナー。最後は代打・原口がセンターフライに倒れてゲームセット。ロードから帰ってきた甲子園でまさかの3連敗を喫してしまい、CSが遠のきました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
  松田(2) サターホワイト(3) 安藤(4) 藤川(5)
北條 ゴメス 坂本 鳥谷
上本  
高山 福留 柴田 今成
大和 岩貞[負] 狩野 原口
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
28日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 金田和之投手(再昇格。秋山とロングリリーフから生き残りたい。)
OUT 青柳晃洋投手(勝負所で粘り切れず。先発ローテ再編へ。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2016年8月27日 (土)

青柳、魔の6回プロ初被弾で5失点KO。石川に苦敗。

20160827 阪神●2-5○ヤクルト(甲子園
勝利打点:山田

関西テレビで4回表から9回ウラ途中まで中継。今日の先発は青柳(中6日)、ヤクルト・石川。ゴメスがスタメン落ちで原口をファースト起用。初回、先頭・坂口に四球を出すと、続く三輪のレフト前ヒットを高山がファンブルしてしまい、ノーアウト2,3塁のピンチ。ここで山田、バレンティンの連続内野ゴロの間にスワローズが2点を先制。

3回、先頭・坂本がヒットで出塁すると、1アウト1,2塁から北條の今日2安打目となるライト前タイムリーで1点を返しました。2回以降は青柳も立ち直って内野ゴロの山。初回に2点こそ取られましたが、5回まで74球、1安打ピッチングに抑えてくれました。

6回、先頭・坂口がレフト前ヒット。送りバントで1アウト後、山田への死球で1,2塁のピンチ。ここでバレンティンにフルカウントから内角ストレートをコンパクトに振ったように見えましたが、左中間スタンドへの3ランで1-5。そのウラ、三者連続三振に抑えられてしまい沈黙。今季初被弾を許した青柳は6回5失点で無念の降板。

7回、大和のショートゴロ(ゲッツーコース)を西浦が弾いてオールセーフとなり、1アウト1,2塁。ここで坂本が痛恨の初球サードゴロ併殺。8回、代打・狩野がバックスクリーン左への一発で1点を反撃するのがやっと。9回、2アウトから鳥谷が代打で登場して片手でバットを伸ばしてセカンド後方へのポテンヒット。続く大和が四球を選んで1,2塁とし、完投寸前の石川がここで降板。秋吉相手に代打・ゴメスが空振り三振に倒れてゲームセット。一時は3位ベイスターズに0.5差としながら、まさかの5位転落。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  狩野
  鳥谷 松田(2)
北條 島本(3)
大和  
中谷 坂本 青柳[負]  
上本 高山 福留 原口 ゴメス
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
27日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 森越祐人内野手(初昇格。内野のサブとしてアピールしたい。)
OUT 岩崎優投手(中11日空けての3回KO。1日で2軍に逆戻り。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

岩崎、鵜久森1人にやられる。5点差反撃も及ばず。

20160826 阪神●3-5○ヤクルト(甲子園
勝利打点:鵜久森

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩崎(再昇格)、ヤクルト・デイビーズ。初回、2アウト1,2塁のピンチで鵜久森をフルカウントから高めストレートで空振り三振を奪って無失点の立ち上がり。そのウラ、北條が13球粘りますが良い当たりのセンターフライ。

3回、連打でノーアウト1,3塁のピンチ。山田を三振に抑えた後、盗塁で2,3塁とされると、バレンティンにはフルカウントから四球で1アウト満塁。ここで鵜久森が初球の変化球を豪快に振り抜いてレフトスタンドへの満塁ホームランでスワローズが4点先制。岩崎は早くも3回ウラの打席で代打・柴田を送られました。1アウト1,2塁のチャンスで北條が1-4-3のゲッツー。

4回は秋山が2番手でマウンドに上がりますが、2アウトから山田がヒット&盗塁成功(今日はスワローズ4盗塁)。バレンティンには四球で1,2塁のピンチでまたも鵜久森がセンター前タイムリーで今日5打点。そのウラ、1アウト1,2塁のチャンスでしたが、中谷今成が凡退して無得点。

5回、先頭・坂本が右中間への2塁打。続く代打・江越のファーストゴロで1アウト3塁。上本が四球を選びますが、北條が浅いレフトフライで2アウト1,3塁。ここで高山がライト線フェンス際への2点タイムリー3塁打で反撃すると、続く福留のこすった当たりで三遊間へのタイムリー内野安打でこの回3点目。

7回、スワローズ3番手の松岡から2アウト1,2塁のチャンスを作りますが、ゴメスが空振り三振。さらに8回、ルーキから先頭・中谷がヒット。続く代打・鳥谷が四球でノーアウト1,2塁のチャンス。坂本が送りバント成功で1アウト2,3塁としますが、代打・原口がレフトフライ。続く上本もサードゴロに倒れて無得点。9回はサターホワイトが満塁のピンチをしのぐと、そのウラ、抑えの秋吉相手に1アウト1塁から福留が9球粘って見逃し三振。ゴメスは初球ライトフライでゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
高山  
  鳥谷 柴田 安藤(4) 藤川(5)
福留 中谷 松田(3)
上本 坂本  
  江越 秋山(2) サターホワイト(6)
北條 ゴメス 今成 岩崎[負] 狩野 原口
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
26日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岩崎優投手(再昇格。CS争いで勝ち残るには必要な左腕。)
OUT 荒木郁也内野手(打撃不振で二塁のレギュラー争いから脱落。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

高山、プロ初の満塁弾&6打点!ベイス3タテで0.5差!

20160825 DeNA●3-9○阪神(横浜
勝利打点:北條④

BS-TBSで8回表途中まで中継。今日の先発はメッセンジャー(中5日)、DeNA・ペトリック。原口がキャッチャーに回り、ゴメスが3試合ぶりのスタメン。初回、2アウトから1,2塁のチャンスでしたが、原口がレフトライナーに倒れて無得点。

2回、2アウトからメッセのライト前ヒットもあって満塁のチャンスを作ると、北條の三遊間を破るタイムリーでタイガース先制!続く高山のサードゴロの送球がそれてタッチをかいくぐったように見えましたがアウト。そのウラ、梶谷がセンターフェンス直撃の3塁打。この後、1,3塁から高城、ペトリックがスクイズ失敗。

4回、2アウトからメッセが今日2本目のヒット。トップに戻って上本のセンター前ヒットと桑原のファンブルもあって2,3塁のチャンス。続く北條が四球を選んで満塁とすると、高山が初球のチェンジアップを弾き返し、右中間スタンドへの5号満塁ホームラン!!プロ初のグランドスラムで5-0とリード。

6回、先頭・メッセがセンター左への2塁打でなんと猛打賞の活躍。トップに戻って上本北條が連続四球を選んでノーアウト満塁となった所で、ペトリックKO。代わったブロードウェイから高山が初球をライト線オーバーの2点2塁打!続く福留がセンター前への2点タイムリーで9-0。

そのウラ、筒香がライトフェンス直撃の2塁打。この後、2アウト3塁から倉本にレフトフェンス直撃のタイムリーを許して1失点。メッセは6回93球で降板。大量リードの7回、安藤が中5日のマウンドでしたが、ロペスに2ランホームランを許してしまい、これで2試合連続の失点。それでも8回からは島本秋山とつないで逃げ切り。直接対決で3連勝したタイガースが一気に3位ベイスターズと0.5ゲーム差に接近。夏のロードは11勝9敗で4年連続の勝ち越し。

「何とか1点と思っていた。それが最高の形になってよかった。」by 高山
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
高山 福留 メッセンジャー[勝]  
上本 北條 大和
  島本(3) 秋山(4)
  鳥谷
中谷 今成 坂本 荒木 柴田
原口 ゴメス 江越 狩野 安藤(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月24日 (水)

高山、連夜の猛打賞で新人の球団新!3位へ1.5差。

20160824 DeNA●1-5○阪神(横浜
勝利打点:高山④

サンテレビで完全中継。今日の先発は藤浪(中6日)、DeNA・久保康。初回、2アウト満塁のチャンスで中谷が1塁線へ打ち上げたフライをセカンドの石川がフェンスに激突しながらキャッチ。そのウラ、桑原が初球ヒットで出塁しますが、盗塁を坂本が刺してくれました。この後、2アウト1,2塁のピンチでロペスを三振に抑えて無失点。

3回、先頭・上本が四球で出塁すると、続く北條が送りバント成功。ここで高山が内角の難しい球を右ひじを抜いて弾き返し、今日2安打目となるライトフェンス直撃のタイムリー2塁打でタイガース先制!福留のヒットで1,3塁とすると、暴投の間に2点目。そのウラ、桑原を死球で出しますが、藤浪が牽制で刺しました。

4回、先頭・坂本がレフトスタンドへのプロ1号ソロ!さらに1アウト満塁のチャンスを作ると、福留が3-6-3のゲッツーコースでしたが、ショート・倉本が1塁悪送球の間に2人が還って5-0とリード。続く原口の四球で2アウト1,2塁となった所で久保KO。そのウラ、ロペスのショートゴロを北條が悪送球しますが、一気に2塁を狙ってアウト。しかし直後に梶谷がライトスタンド中段への一発で反撃。

5回、2アウトから2,3塁のピンチを背負った藤浪ですが、ここで筒香との勝負を選択。既に100球を超えましたが155キロ高めストレートで空振り三振を奪いガッツポーズ!そして6回、ベイスターズ3番手の砂田から高山が今日3本目の2塁打で12度目の猛打賞となり、球団記録を更新。

藤浪は7回10奪三振、130球で降板して6勝目。4点リードの8回、高橋が1アウト1,2塁のピンチを背負った所で、サターホワイトにスイッチしてロペス、梶谷を連続三振!最終回はマテオが3人で締めてゲームセット!

「自分でもびっくりしたんですけど、良い所に飛んでくれました。」by 高山
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
高山 藤浪[勝] サターホワイト[H](3)
坂本 マテオ(4)
上本 福留  
原口  
北條 中谷 大和 荒木 鳥谷 江越
今成 高橋(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
24日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 柴田講平外野手(初昇格。残り試合で打撃アピールしないと後がない。)
OUT 能見篤史投手(10日間空けてリフレッシュ。10勝へローテ再編成へ。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月23日 (火)

中谷、3打点でプロ初お立ち台!序盤の猛攻で快勝!

20160823 DeNA●3-9○阪神(横浜
勝利打点:原口⑤

BS-TBSで8回ウラまで中継。今日の先発は能見(中6日)、DeNA・井納。3位ベイスターズと3.5差で臨むCS攻防戦。初回、先頭・上本が初球ヒットで出塁すると、ここから1アウト満塁のチャンス。原口が外角低め(ボール球)のフォークを泳ぎながら三遊間を破るタイムリーで先制!続く中谷が風にも乗ってライトフェンス直撃の2点2塁打を放つと、今成が犠牲フライ。さらに坂本にもプロ初打点となる右中間オーバーのタイムリー2塁打が飛び出し、打者11人で一挙5点の猛攻!(北條は1イニングで2度アウト)

大量リードをもらった1回ウラ、先頭・桑原の打球がショート・北條のグラブをかすめるヒットとなって嫌な流れになりましたが、続く倉本をゲッツーに抑えて落ち着きました。2回、先頭・高山が2打席連続のヒットで出塁すると、ノーアウト満塁のチャンス。ここで中谷が初球をレフト前タイムリー!続く今成のショートゴロ併殺崩れの間に7点目。

3回、1アウトから北條がピッチャーマウンドで跳ねた当たりがセカンド内野安打に。続く高山が3打席連続ヒットで球団記録に並ぶ猛打賞11回。さらに、福留が高々と打ち上げながらレフトフェンス直撃のタイムリー2塁打!続く原口の犠牲フライで9-0とリード。早くも3回の守備から福留が退きました。先発の井納は5回まで投げぬいて被安打13、9失点でマウンドを降りました。

4回まで46球の能見でしたが、5回には戸柱に2ランを被弾。6回には1アウト2塁から筒香にライト線へのタイムリー2塁打で計3失点。それでも大量リードの中、8回まで投げぬいて105球のピッチングで8勝目。8回は北條が左中間までフライを深追いして捕球できず。9回、2アウトで鳥谷が代打で登場してショートゴロ。守備にはつきませんでした。最終回は遼馬が3人で抑えてゲームセット。

「初めてです。いつか立ってみたいと思いました。甲子園でやりたいです。」by 中谷
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
高山 福留 中谷  
原口 能見[勝] 松田(2)
上本  
北條 今成 坂本  
  荒木 大和 鳥谷
  江越
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2016年8月21日 (日)

北條、延長戦を制する決勝打!東京D最終戦で勝利。

20160821 巨人●1-4○阪神(東京ドーム
勝利打点:北條③

BS日テレで完全中継。今日の先発は岩貞(再昇格)、巨人・高木勇。昇格した上本が1番セカンドで即スタメン。両先発ともに結果が出ておらず、飛ばし気味の立ち上がり。6回、1アウトから北條が左中間フェンス直撃の2塁打(好走塁)。しかし続く高山が今日3打席連続三振。

6回、2アウトから坂本、阿部に8球連続でボールを出してしまい1,2塁のピンチ。ここで村田が二遊間へのゴロを上本が追い付いて1塁へ遠投して間一髪アウト。足の遅さにも助かりました。しかし7回、2アウトから小林誠に甘く入ったスライダーをレフトスタンド中段まで持っていかれ、ジャイアンツ先制。好投の岩貞は7回1失点(7奪三振)、102球で代打を出されて降板。

8回、100球を超えても高木勇が続投。2アウトから上本が高めに浮いたカットボールを弾き返し、レフトスタンドへの今季1号同点ホームラン!そのウラ、サターホワイトが連投。2アウトから橋本に盗塁を許した所で、阿部を敬遠。村田にはストレート勝負で10球目を空振り三振に抑えてガッツポーズ!153キロが出ました。

9回は高橋がギャレットをレフトファウルフライに抑えてワンポイントリリーフ。代わった遼馬が中井にレフトフェンス直撃の2塁打。あと50cm程でサヨナラホームランでした。続く小林誠のライト前への当たりを福留がダイビングキャッチ!少し首をひねってました。代打・堂上は敬遠して、苦手の長野はストレートに差し込まれてライトファウルフライ。福留がエキサイトシートに飛び込みながらのキャッチでここも助けました。

10回、山口との勝負。2アウト2塁から上本を敬遠して1,2塁とすると、北條が右中間オーバーの2点2塁打!1塁から上本が激走のホームイン!タイミングはアウトでしたが、返球がそれる間に北條も3塁へ進むと、途中出場の鳥谷がサードへの流し打ち。バウンドが変わって村田が後逸する間に1点を追加(記録はヒット)。3連打で山口をKO。そのウラ、マテオが登板。回り込んだ上本のファンブルで先頭バッターを出しますが、最後は阿部を3-6-3のゲッツーに抑えてゲームセット!

「僕で勝負するかなって準備してました。(福留さん)もうすごいの一言。」by 北條
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
上本 北條 福留 岩貞 鳥谷 マテオ[S](5)
  大和 サターホワイト[H](2) 高橋[H](3)
   
   
ゴメス 中谷 今成 鶴岡 江越 松田[勝](4)
高山 原口  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
21日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岩貞祐太投手(再昇格。登板間隔を空けてのピッチングで復調に期待。)
IN 上本博紀内野手(再昇格。2軍では三塁に挑戦し、出場機会をうかがう。)
OUT 陽川尚将内野手(攻守で精彩を欠いて痛恨の2軍落ち。)
OUT 伊藤隼太外野手(高山の影に隠れてしまい、アピールできず。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2016年8月20日 (土)

生観戦。青柳、粘りの投球も8四死球。打線の援護なし。

20160820 巨人○3-0●阪神(東京ドーム
勝利打点:阿部

BS日テレで完全中継。今季4度目の生観戦試合でした。先発は青柳(中6日)、巨人・大竹。ゴメスが7月20日以来のスタメン落ち。坂本とルーキーでバッテリーを組んできました。初回、先頭・北條がレフト線2塁打で出塁。大和の進塁打で1アウト3塁のチャンスを作りましたが、高山がセカンドゴロ。続く福留がフェンス際まで飛ばしましたがセンターフライ。

そのウラ、1アウトから橋本に11球粘られて四球を出すと、1,2塁から阿部が左中間へのタイムリーで先制。さらに中谷からサードへの返球を陽川が後逸する間に2点目が入りました。2回も2アウト3塁のピンチを背負った青柳。追加点は許しませんでしたが、既に50球。

4回、先頭・高山がセンター前ヒットで出塁しますが、後続が凡退。5回には三者連続三振に抑えられてしまい、大竹のペースに。そのウラ、1アウトから橋本に四球を出すと、盗塁成功。この後、2アウト3塁となり苦手の阿部は敬遠気味の四球。さらに村田にも四球を出して満塁のピンチ。ここでギャレットを最後まで高めを突いて空振り三振!ピンチの場面でギャレットを3度抑えました。

6回、2アウト1,2塁のピンチを背負った所で青柳が降板。最多の125球、8四死球ながら許したヒットは3本で粘りのピッチングを展開。代わった高橋が橋本をファーストゴロに抑えてピンチ脱出!100球を超えてきた大竹ですが、8回も続投。今成鳥谷狩野の3連続代打でしたがアウト。7年ぶりの2ケタ奪三振を記録。中谷陽川ら若手に見逃し三振が目立ちました。

8回、鳥谷がショートの守備に入り、北條がセカンドに回りました。この回から球児が中6日のマウンドに上がりますが、いきなりギャレットにバックスクリーンへの一発。ストレートが甘く入った所を見逃してくれず。9回は澤村に3人に抑えられてしまい、3安打完封負け。防戦一方で3点で済んだ方か。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  高橋(2)
  サターホワイト(3)
青柳[負]  
北條  
大和 高山 原口 坂本 今成 鳥谷 荒木 鶴岡 伊藤隼
狩野 ゴメス
福留 中谷 陽川 藤川(4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月19日 (金)

中谷、3番起用で一発回答も…苦手の田口に4敗目。

20160819 巨人○6-3●阪神(東京ドーム
勝利打点:阿部

BS日テレで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日)、巨人・田口。中谷がプロ初の3番に抜擢。陽川も再昇格後、初スタメン。初回、三者連続三振に抑えられての立ち上がり。そのウラ、1アウト満塁から村田が右中間へポトリと落とすタイムリー。中谷のダイブも及ばずジャイアンツに先制されると、続くギャレットのサードゴロの間に2点目。

2回、ノーアウト1,2塁のチャンスをつぶしたタイガース。そのウラ、2アウト2塁から長野にライトフェンス直撃のタイムリーで早くも0-3。4回、ノーアウト1,2塁からゴメスのショートゴロを坂本がファンブルして満塁のチャンス。ここで高山のショートゴロ併殺の間に1点。さらに5回、1アウト1塁から中谷が内角ストレートを弾き返し、レフトスタンドへの3号2ランで3-3の同点!

5回、1アウト1塁から阿部がライトスタンドへの2ランで勝ち越し。メッセは5回5失点、100球で降板。6回、2番手・田原誠が登板。2アウトから1,2塁のチャンスを作って大和の代打・今成がレフトフライに倒れると、そのウラの守備からセカンドに入りました。6回、安藤がマウンドへ。1アウト1塁から長野の三塁線へのセーフティバント。ここで3塁ベースががら空きになったのを脇谷が見逃さず好走塁。原口のカバーも間に合いませんでした。続く橋本のタイムリーで6点目。

7回、不振の山口との対戦。2アウトから連続四球で1,2塁とした所で、マシソンにスイッチ。代打・狩野が三球三振に倒れて、バットを1塁線へ飛ばしてしまう始末。そのウラ、島本が登板しますが、1アウト1,2塁のピンチを背負った所で遼馬にスイッチしてピンチ脱出。最終回、鳥谷が代打で登場しますがセンターフライ。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
中谷 福留 伊藤隼 松田(4)
北條  
原口 秋山(5)
大和 陽川 今成 鳥谷 安藤(2)
ゴメス 高山 メッセンジャー[負] 狩野 江越 島本(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2016年8月17日 (水)

藤浪、粘れず逆転負け。カープに勝てず10勝へ赤信号。

20160817 阪神●2-7○広島(京セラドーム大阪
勝利打点:丸

サンテレビで完全中継。今日の先発は藤浪(中5日)、広島・福井。対右投手でも鳥谷がベンチスタート。中谷がセンターに入り、鶴岡が今季2度目の先発マスク。初回、2アウトから満塁のピンチを背負った藤浪。天谷にレフト線上への当たりがファウル判定となり、命拾いした後の空振り三振。そのウラ、先頭・北條が11球粘っての四球。1アウト満塁のチャンスを作ると、2アウト後、中谷のレフト前2点タイムリーでタイガース先制!

2回、大和のライトフライが鈴木誠の目測誤りによって2塁打に。2アウト2,3塁で高山が三球三振に抑えられてしまいましたが、既に福井が65球。しかし3回、先頭・田中がショート内野安打で出塁すると、盗塁成功。さらに鶴岡の悪送球で一気に3塁まで進まれると、2アウト後、苦手の松山のタイムリーで1点差。

4回、先頭・天谷が左中間への2塁打で出塁すると、続く安部が右中間へポトリと落ちるタイムリー2塁打で同点。さらに5回、先頭・菊池がヒット&盗塁成功。ノーアウト2塁から丸の左中間へのタイムリー2塁打で勝ち越し。さらに1アウト3塁から鈴木誠の当たりを前進守備のショート・北條が捕れずタイムリーで2-4。

藤浪は6回4失点、112球で降板。7回は島本がマウンドに上がりますが、松山の代打・新井がレフトポール際への一発。これで気落ちしたか、1アウト1,2塁から安部の前進守備の左中間オーバーとなる2点2塁打。良い結果を残していただけに残念。5点差がついてから安藤が登板し、ランナーを出しながら後続を抑えました。

8回からは秋山が2イニング。ピンチの連続でしたが無失点でしのぎました。カットを多投していましたが、もう少しカーブが増えてくれば緩急をつかえるはず。9回、1アウトから鳥谷が代打で出ますがショートフライ。ガムを噛みながら打席に立っていましたが、変化をつける狙いでしょうか。2アウトから原口、代打・陽川が出塁したことで、抑えの中崎を引きずり出すのがやっと。今日の負けで5位転落。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
中谷 陽川 安藤(3)
高山  
北條 大和 秋山(4)
福留 ゴメス 今成 藤浪[負] 原口 鳥谷
鶴岡 伊藤隼 島本(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
17日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 陽川尚将内野手(再昇格。2軍で打ち込んで再び調子を上げてきた。)
OUT 新井良太内野手(積極的に先発起用したが、打撃不振が響いた。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2016年8月16日 (火)

能見、またも新井1人にやられる。3年連続10敗到達。

20160816 阪神●0-5○広島(京セラドーム大阪
勝利打点:新井

サンテレビで完全中継。今日の先発は能見(中5日)、広島・ジョンソン。坂本が先発マスクをかぶり、今日は右を7人入れてきました。初回は3人で抑えた能見でしたが・・・2回、先頭・新井に高めストレートを右中間スタンドへ放り込まれてしまい、カープ先制。この後、2アウト1,2塁のピンチは抑えました。

3回、先頭・田中にヒットを許すと、盗塁成功。ここから連続四球でノーアウト満塁の大ピンチで新井。今度はライトフェンス際まで飛ばし、福留のジャンピングキャッチで犠牲フライとなり2点目。この後、エルドレッドのサードゴロ併殺で追加点は許さず。しかし5回、2アウト2塁から新井が今日3打点となるレフト前タイムリー。能見も左手からまた出血しており、5回で代打を出されました。

5回、先頭・ゴメスがチーム2本目のヒット。2アウトから坂本が四球を選んで1,2塁とした所で、代打・原口で勝負出ましたが、初球セカンドゴロで無得点。6回、サターホワイトが2番手で上がりますが、先頭・鈴木誠にヒットを許すと、盗塁成功。さらに原口の悪送球となってしまい、ノーアウト3塁。1アウト後、石原のライト前タイムリーで4点目。さらに田中のタイムリーで5点目。盗塁も許して、今日はカープ4盗塁。

ジョンソンの前に2安打に抑えられてしまい、7回108球で降板。8回、カープは2番手・今村が登板。2アウトから原口北條の連打で2,3塁のチャンス。ここで大和に代打・隼太を送りましたが、空振り三振。今日は4安打で完封負け。3位ベイスターズとは3.5ゲーム差に拡大。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
  松田(3) 高橋(4)
   
能見[負]  
北條 大和 福留 ゴメス 坂本 原口 鳥谷 今成
江越 狩野 新井良 高山 伊藤隼 サターホワイト(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
16日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 秋山拓巳投手(再昇格。2軍で9勝の活躍。まずはリリーフ待機から。)
15日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 岩崎優投手(リリーフ陣に厚みを持たせるため。先発ローテ再編へ。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2016年8月15日 (月)

プロ野球スピリッツ5査定(鈴木誠也)

鈴木 誠也 背番号:51 背名前:SUZUKI
所属:広島東洋カープ 外野手 右投げ 右打ち
ミート右:C(16) ミート左:C(16) 弾道:5
パワー:B(140) 走力:B(17) スローイング:C(15) 捕球:E(12)
肩力:A(19) 疲労回復力:C(15)
【守備レベル】左D(13) 中D(13) 右C(15)
【起用法】6番 ライト
【プロスピ顔コード】3X2 XBF L4E 3HZ W5F CJG もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球スピリッツ5査定(原口文仁)

原口 文仁 背番号:94 背名前:HARAGUCHI
所属:阪神タイガース 捕手 右投げ 右打ち
ミート右:D(14) ミート左:C(16) 弾道:6
パワー:C(120) 走力:E(12) スローイング:E(11) 捕球:E(11)
肩力:D(13) 疲労回復力:D(13)
【守備レベル】捕E(11) 一F(9)
【起用法】5番 キャッチャー
【プロスピ顔コード】3WQ 3LO MRC EFO 952 YMT もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロ野球スピリッツ5査定(北條史也)

北條 史也 背番号:2 背名前:HOJOH
所属:阪神タイガース 遊撃手 右投げ 右打ち
ミート右:E(11) ミート左:C(15) 弾道:4
パワー:E(90) 走力:C(16) スローイング:D(14) 捕球:E(11)
肩力:C(16) 疲労回復力:D(14)
【守備レベル】遊D(13) 三D(13) 二D(13)
【起用法】スタメン 1番 ショート(サード)
【プロスピ顔コード】5V5 GVV 7J7 RMD NIZ R6T もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月14日 (日)

高山、逆方向への一発!100安打超えで新人王へ。

20160814 阪神○8-1●中日(京セラドーム大阪
勝利打点:江越④

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩崎(中6日)、中日・小笠原。福留が休養日となりベンチスタート。右を7人並べる中、高山が3試合ぶりのスタメン。

初回、1アウト満塁のピンチを背負った岩崎ですが、高橋周をカウント3-0から空振り三振。続く阿部をセンターフライに抑えて三者残塁の立ち上がり。昨日の試合で負傷離脱したビシエドの影響が大きく出ました。そのウラ、先頭・北條が四球で出塁すると、大和が送りバント成功。1アウト2塁で江越がレフトスタンドへの7号2ランでタイガース先制!2回以降は岩崎も落ち着きだしました。

4回、1アウトから中谷高山の連打で2,3塁のチャンス。良太が四球を選んで満塁とすると、岩崎もバントの構えで揺さぶりながら押し出しの四球。トップに戻って北條はサードゴロ併殺コースでしたが、1塁セーフの間に4点目を取ると、続く大和がレフト線へのタイムリー2塁打で5-0とし、高卒ルーキー小笠原をKO。

5回、2番手・山井からノーアウト1,2塁のチャンス。1アウト後、高山がレフトスタンドへの4号3ラン!逆方向に強い打球を飛ばすのを初めて見たので衝撃を受けました。7回にもヒットを放ち、今季10度目の猛打賞。球団記録は坪井の11。さらに102安打として赤星以来の100安打到達。

好投を続ける岩崎でしたが、100球を超えた7回に近藤にプロ1号となる一発を浴びてしまい1失点。118球で7回を投げ切って降板。8回からは遼馬が2イニングを抑えてゲームセット!今季2度目の同一カード3連勝で再び3位ベイスターズとのゲーム差を3に。

「なんとか粘れました。頼もしいです。(京セラは)良いかもしれないです。」by 岩崎
「まあまあでした。チャンスをもらっているので。練習から頑張ります。」by 江越
「1本1本積み重ねることは良いことだと思います。」by 高山
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
高山 岩崎[勝]  
北條 大和 江越 松田(2)
   
ゴメス 新井良  
原口 中谷 坂本 荒木 鳥谷 今成
  伊藤隼
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2016年8月13日 (土)

北條、苦手ジョーダン撃ち!先発ショートで躍動!

20160813 阪神○5-2●中日(京セラドーム大阪
勝利打点:江越③

サンテレビで完全中継。今日の先発は青柳(中8日)、中日・ジョーダン。今年3敗を喫している苦手の左腕対策で狩野が7番レフトで先発出場。初回、先頭・大島がヒットと盗塁を決められますが、2アウト3塁のピンチでビシエドを三振に抑えての立ち上がり。そのウラ、先頭・北條がレフト線への2塁打。1アウト3塁から江越のファーストゴロで、ビシエドがホームへ悪送球する間にタイガース先制!さらに原口のセンターフライで2者がタッチアップを決めると、ゴメスへの四球の際、暴投の間に2点目。

5回、北條が今日猛打賞となるレフトスタンドへの2号ソロで3点目を取り、この回でジョーダンが降板。101球投げさせたのも大きいですが、ヒット4本のうち、北條が3本打ってくれました。先発の青柳も初回はピンチでしたが、許したヒットは初回の1本のみ。6回、2アウトから四球の大島に盗塁を許しましたが、無失点で切り抜け。

3点リードの7回はサターホワイトが無失点で抑えて、来日初のホールド。そのウラ、代打・中谷がヒットで出塁すると、北條の三振の際に盗塁成功。2アウト2塁から大和が前進守備を大きく越えていくレフトフェンス直撃のタイムリー2塁打で4-0!

8回は球児が上がりますが、いきなり高橋周に2塁打。1アウト後、代打・森野にレフト前タイムリーを許すと、続く代打・福田にもヒットを許して1アウト1,2塁。ここでスパッと左の島本にスイッチ。大島をセカンドゴロ併殺崩れで2アウトを取りますが、大島が今日3個目の盗塁成功。さらに原口の送球がそれる間に4-2。

そのウラ、先頭・福留がセンターオーバーの激走3塁打!両ひざを押さえてました。続く原口のファースト後方へのフライにこの回からプロ初のセカンド・高橋周とビシエド(負傷交代)が交錯しながらアウト。2アウト後、高山のセンター前タイムリーで5点目。最終回はマテオが3人で締めてゲームセット!

「そう見えましたか?良かったです。(北條は)最高でしたね。」by 青柳
「聞こえてたんで何とか期待に応えるよう頑張りました。」by 北條
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
北條 青柳[勝] サターホワイト[H](2) 島本[H](4)
マテオ[S](5)
福留 高山
  中谷
大和 鳥谷
原口 鶴岡
江越 ゴメス 狩野 新井良 今成 藤川(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2016年8月12日 (金)

メッセ、快投で2年ぶり10勝!江越&福留アベック弾!

20160812 阪神○4-2●中日(京セラドーム大阪
勝利打点:江越②

サンテレビで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中5日)、中日・バルデス。鳥谷が9試合ぶりにベンチスタートとなり、ショートには北條を起用。右バッターを8人並べてきました。初回、先頭・大島のセンターへの大きな当たりに目測を誤った江越が背走キャッチ。そのウラ、2アウト1,2塁のチャンスでしたが、原口が見逃し三振。

4回、江越が左中間スタンドへの6号ソロでタイガース先制!5回を終わって、ヒットはドラゴンズ1本、タイガース2本と早い試合展開で進みました。6回、1アウトから福留が初球を豪快に振り抜き、ライトスタンドへの8号ソロ!貴重な追加点を取りました。

7回、先頭・中谷がセンター前ヒットで出塁すると、続く良太が送りバント成功。打席に立ったメッセは三振に倒れますが、トップに戻って北條が左中間オーバーのタイムリー3塁打で3-0。8回、ノーアウトのランナーを出したメッセが急にいらだってましたが、この回から守備に入った鳥谷が声をかけて抑えてました。代打・高橋周に12球粘られて四球を許し、1アウト1,2塁。ここで代打・森野のサードゴロ併殺コースを大和がジャッグル。2塁はアウト取れましたが、危なかった。

8回、ドラゴンズは2番手・小熊が登板。原口のライト前ヒットで福留が一気に3塁へ進み、1アウト1,3塁のチャンス。ここでゴメスが三遊間を破るタイムリーで4点目。8回117球のメッセが完封を目指して9回のマウンドに上がりましたが、1アウト1,2塁からナニータにライトフェンス直撃のタイムリー2塁打を許した所で、139球で無念の降板。マテオにスイッチし、代打・荒木は1塁ベース直撃の内野ゴロの間に1点。最後は堂上をセカンドフライに抑えてゲームセット!メッセは2年ぶりの10勝到達!

「9回スミマセンネ。(明日35歳)もうオジサンです。次は完封目指します。」by メッセ
「感触はまあまあでした。とらえられるように練習していきます。」by 江越
「まあまあです。好きですけど、暑すぎます。がんばりました。」by 福留
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
北條 福留 メッセンジャー[勝] マテオ[S](2)
江越  
   
原口 ゴメス  
中谷 新井良 今成
大和 鳥谷
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2016年8月11日 (木)

藤浪、魔の7回。相次ぐエラーで痛恨の逆転負け。

20160811 広島○5-3●阪神(マツダ
勝利打点:なし

サンテレビで完全中継。今日の先発は藤浪(中5日)、広島・九里。今成が7番サードで昇格即スタメン。2回の第1打席ではライト前ヒットで元気の良さを見せてくれました。しかしそのウラ、苦手の松山にライトスタンドへの一発でカープ先制。

4回、先頭・鳥谷が2打席連続の四球で出塁すると、ノーアウト1,2塁から原口のレフト前タイムリーで同点!さらにゴメスが空振り三振に倒れ、スタートを切っていた福留が挟まれてしまいゲッツーの形に。5回、先頭・藤浪がショート内野安打で出塁すると、2アウト1塁から鳥谷が16打席ぶりヒットとなる左中間オーバーのタイムリー2塁打!ランナーが入れ替わっていた高山が激走ホームイン。そして6回にはゴメスの20号ソロで3-1。

6回、2アウト1,2塁で松山という場面でフルカウントから空振り三振を奪った藤浪。ガッツポーズも出ましたが、既に107球。エースの期待もあって7回も続投させますが、これが裏目に。連打でノーアウト1,2塁から、会澤の送りバント処理に手間取り、しかも1塁悪送球の間に1点。1アウト2,3塁から田中のファーストゴロに抑えますが、ゴメスが転倒してバックホームが悪送球。この間に2点入って逆転。続く菊池のセンターへ抜けそうな当たりを北條が止めますが内野安打。そして丸の犠牲フライで5点目。

8回、ジャクソンとの勝負。先頭・鳥谷福留の連打でノーアウト1,2塁と反撃のチャンスでしたが、原口が痛恨のセカンドゴロ併殺。菊池のバックトスが決まりました。さらにゴメスが空振り三振に倒れて万事休す。勝てた試合だけにもったいなかった。3位ベイスターズとは再び5ゲーム差となり、苦しくなりました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
鳥谷  
今成 島本(2)
   
福留 藤浪[負]  
原口 ゴメス 伊藤隼 狩野
高山 江越 北條  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
11日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 今成亮太内野手(再昇格。2軍戦から緊急昇格で1軍生き残りをかける。)
OUT 岩貞祐太投手(来週は5試合で先発機会が無い為。リフレッシュしたい。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2016年8月10日 (水)

北條、ミスを消す勝負所での決勝打!薄氷の勝利。

20160810 広島●1-2○阪神(マツダ
勝利打点:北條②

サンテレビで完全中継。今日の先発は能見(中6日)、広島・福井。坂本が7月19日以来、プロ2度目の先発マスク。初回、1アウト1,3塁のピンチでルナとの場面で、バッテリーのサインが合わずプレートを外そうとした能見がボークの判定でカープ先制。さらに2アウト後、新井のサードゴロを北條がファンブルしましたが、何とか切り抜け。

2回、ゴメス江越の連打で1アウト1,3塁のチャンスを作ると、北條のレフト犠牲フライの間にタイガース同点!そのウラ、サード後方への不運な当たりもあって2アウト2,3塁のピンチでしたが、菊池を高めに浮いた変化球が見逃し三振となってピンチ脱出。能見はサインが合わない場面が目立ちましたが、4回あたりから落ち着きだしました。

6回、1アウトから鳥谷がストレートの四球を決めると、すかさず盗塁成功。チームとして最多の1試合3盗塁。続く福留のセンター前ヒットでスタートが遅れてしまい、1,3塁とすると、ゴメスの初球死球で満塁。フルカウントから江越は空振り三振に倒れますが、北條の叩きつけてサードの頭を越えるショートタイムリー内野安打で勝ち越し!

能見は7回まで続投し、2アウトを取った所で安藤にスイッチしますが、菊池にヒットをいきなり許してしまい、左の高橋にスイッチ。丸を空振り三振に抑えてガッツポーズ。そして8回は本来9回に投げるはずのマテオが登場。新井のセカンドゴロ併殺で2アウトを取った後、1,2塁のピンチを背負いましたが、安部のハーフスイングを取ってもらいピンチ脱出!

1点リードの9回は球児。1アウトから田中に四球。2アウト後、田中が盗塁を決めて得点圏に進まれると、フルカウントから丸に四球で1,2塁。既にルナが下がっており、途中出場の赤松にまさかの3ボール。追い込んでから四球を出してしまい満塁。そして新井に打席が回りましたが、ミスショット気味のライトフライに倒れ三者残塁でゲームセット!坂本が1試合すべてマスクをかぶっての勝利はすごい経験値に。

「気持ち悪くなるぐらいしんどかったです。甲子園でヒーローになりたい。」by 北條
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
能見[勝] 高橋[H](3)
北條 坂本 原口
 
鳥谷 ゴメス 藤川[S](5)
福留 江越 大和 マテオ[H](4)
高山 荒木 安藤(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 9日 (火)

岩貞、3回に乱調5失点KO。苦手ジョンソンに5連敗。

20160809 広島○10-3●阪神(マツダ
勝利打点:菊池

テレビ大阪で3回ウラから中継。今日の先発は岩貞(中6日)、広島・ジョンソン。江越をプロ初の1番起用、狩野を3番に入れてきました。2回、2アウト1,2塁のチャンスでしたが無得点。それでも既に52球を投げさせました。岩貞は2回までで4奪三振を取って、両先発による投手戦の様相でした。

しかし3回、バレンティンのスイングが頭に当たっての負傷離脱から復帰の石原がヒット。ノーアウト1塁からジョンソンがバスターに切り替えて、左中間を破る2塁打。トップに戻って田中への死球でノーアウト満塁の大ピンチ。続く菊池のレフト前タイムリーで先制されると、丸には押し出しの四球。さらにルナがレフト前への2点タイムリー。そして新井に四球を出した所で、まだノーアウトの岩貞KO。代わった遼馬が鈴木誠への四球で押し出しで0-5。下水流がカウント3-0からサードゴロ併殺で助かりました。

5回、代打・坂本がライトフェンス直撃の3塁打!トップに戻って江越のライト線へのタイムリー2塁打で1点返しました。鳥谷は大きなレフトフライに倒れますが、タッチアップで1アウト3塁。ここで狩野のライト前タイムリーで2点目。さらに6回、ゴメスの左中間へのエンタイトル2塁打でノーアウト2,3塁とすると、続く北條のライト犠牲フライで3点目。ジョンソンは130球投げて、6回3失点で降板。

7回、2イニング目の島本がつかまり。1アウト1,2塁から新井のレフト前タイムリーで6-3。さらに続く鈴木誠がカウント2-0から右中間スタンドへの16号3ランでダメ押し。8回にも代わった高橋から先頭・赤松がレフトフェンス直撃の3塁打。1アウト後、菊池のサードゴロ(良太ダイブ!)の間に10点目。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
狩野 坂本 松田(2)
ゴメス 北條 高山 サターホワイト(3)
原口  
江越 新井良  
鳥谷 福留 岩貞[負] 中谷 伊藤隼 島本(4) 高橋(5)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
ドラゴンズ谷繁監督が今日の試合前、休養を発表して事実上の解任。監督は4年契約の3年目で昨年で現役引退。今年から監督業に専任していた所でした。 もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 7日 (日)

神宮の乱戦。ミスでもらったが早めの継投策が裏目に。

20160807 ヤクルト○7x-6●阪神(神宮
勝利打点:比屋根

CSフジテレビで無料中継。今日の先発は岩崎(中6日)、ヤクルト・館山。初回、ゲッツーの後から3連続四死球で満塁のチャンスでしたが、ゴメスはレフトフライ。そのウラ、1アウト1,2塁のピンチを背負いましたが、バレンティンをショートゴロ併殺に抑えて両チーム無得点の立ち上がり。

3回、先頭・高山が左中間への2塁打で出塁すると、荒木が送りバント成功。続く鳥谷が右中間を破る激走のタイムリー3塁打でタイガース先制!ただ後続が連続三振で追加点をとれず。4回、先頭・坂口が高く叩きつけたセカンドゴロを荒木が捕れず内野安打。そして続く山田が内角高めのストレートを弾き返し、レフトポール際への逆転2ラン。ただ続くバレンティンの当たりを荒木がダイブで止めました。

5回、2アウトから荒木が盗塁を決めると、福留の四球で1,2塁のチャンス。ここで原口が高めに浮いたスライダーをレフト前タイムリーで同点!ゴメスが四球でつないで103球の館山が降板。左の岩橋にスイッチしたところで、早くも代打の切り札・狩野。ライトフライでしたが、たった今守備に入った比屋根がまさかの落球で2点追加!6回、1アウト2塁から鳥谷のレフトライナーをバレンティンが後逸する間に5-2。

6回、安藤が登板しますが、山田、バレンティンに連続四球。大和のスーパーダイブ&2塁ホースアウトで2アウト1,3塁とした所で左の島本にスイッチしますが、代打・今浪が初球をレフト前タイムリーで2点差。7回は球児が早めの投入ながら、比屋根が左中間への2塁打。1アウト3塁から坂口のタイムリーで1点差とされると、1,2塁からバレンティンがライト前タイムリーで5-5の同点。8回も続投の球児が先頭・今浪に15球粘られて四球を出すと、またも比屋根にレフト線へタイムリー2塁打で5-6と勝ち越し。リリーフでは最多の52球を投げました。

1点を追う9回は秋吉との勝負。先頭・福留が四球を選んで、原口は今日2個目の死球。1アウト後、途中出場の江越が左中間へのタイムリー2塁打で同点!バックホームが高く浮いたのを見て2,3塁と進塁。ここで北條が15球粘りましたが空振り三振。続く代打・良太もファウルフライで勝ち越せず。

9回からマテオが登板して2アウト2塁のピンチを抑えて延長戦へ。10回、2アウト2塁となった所で福留を敬遠。続く途中出場の坂本が空振り三振。そのウラ、先頭・今浪が右中間オーバーの2塁打。続く三輪の送りバントが内野安打となると、最後は比屋根が途中出場から4打数4安打となるセンターオーバーのサヨナラタイムリー。

3位ベイスターズが連勝したことで、ゲーム差は再び5。苦しくなりました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
高山 福留  
  大和 江越
鳥谷 原口 岩崎  
荒木 北條 島本[H](3)
ゴメス 狩野 中谷 坂本 安藤(2) マテオ[負](5)
伊藤隼 新井良 藤川(4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2016年8月 6日 (土)

メッセ、今季最短の3回KO。サブマリン山中にも完敗。

20160806 ヤクルト○6-1●阪神(神宮
勝利打点:バレンティン

サンテレビで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日)、ヤクルト・山中。初回、連続四球で2アウト満塁のピンチでしたが、西田を空振り三振に抑えて無失点の立ち上がりでしたが、32球も費やしました。逆に2回、福留原口のヒットでノーアウト1,2塁のチャンスでしたが、後続が凡退して無得点。

3回、先頭・坂口がライトフェンス直撃の2塁打。ここからノーアウト満塁の大ピンチを背負ってしまい、バレンティンに押し出しの四球でスワローズ先制。さらに西田のレフト前タイムリーで高山が弾く間にもう1点追加。この後、1アウト満塁からピッチャーの山中にタイムリーを許すと、大引の犠牲フライで0-5となり、メッセが73球で今季最短KO。

4回、先頭・福留がライトスタンドへの7号ソロで反撃。ただここから山中が立ち直ってしまい、ランナーを出すことができず。7回を終わって74球と早打ちが目立ってしまい、一方的な展開に。

8回、遼馬が登板。先頭バッターをヒットで出すと、2アウト後、四球と暴投で2,3塁のピンチ。ここで今浪がショートライナーかと思いましたが、追い付いた鳥谷のグラブからボールがこぼれる間に1点を追加。記録はヒットでしたが、回りが騒がしいだけに悔しいプレーに。山中の前に4安打完投されてしまい、今季2敗目。タイガースキラーになってしまいました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
福留 島本(2)
  サターホワイト(3) 安藤(5)
伊藤隼 高橋(4)
荒木 原口 中谷 新井良 松田(6)
高山 鳥谷 ゴメス 北條
メッセンジャー[負]
江越
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 5日 (金)

藤浪、長かった2ヵ月ぶりの白星!大勝で浮上気配。

20160805 ヤクルト●0-8○阪神(神宮
勝利打点:なし

サンテレビで完全中継。今日の先発は藤浪(中6日)、ヤクルト・デイビーズ。福留が休養日となり、隼太が昇格即スタメン。初回、先頭バッターに四球を出した藤浪ですが、1アウト1塁から今浪を三振ゲッツーに抑えて原口が助けました。

2回、1アウト満塁のチャンスを作ると、北條の打席で暴投の間にタイガースが先制すると、2アウト後、藤浪がショート右を抜けていくタイムリーで2点目。

3回、ピッチャーのデイビーズに四球を出してしまった藤浪。2アウトから坂口が1塁線を破りそうなヒットでしたが、不運にも塁審に当たって打球が外野に抜けていかず1,2塁。続く今浪をファーストファウルフライに抑えて、ピンチをしのぎました。

5回、先頭・北條がレフト・バレンティンのスライディングしてきた左ひざに直撃する2塁打。藤浪が送りバントを決めて、1アウト3塁から高山が21打席ぶりのヒットとなるライト前タイムリーで3点目。さらに暴投の間に一気に3塁まで進みましたが、荒木が痛恨のスクイズ失敗(ファウルフライ)。次の回の守備から大和に代えられてしまいました。8回の守備で2塁ベース上のセカンドゴロをアウトにするファインプレーも。

8回、連打でノーアウト1,2塁のチャンスで江越が送りバント成功。この後、2アウト2,3塁で藤浪に代打・狩野を送りますが四球で満塁。ここで左の成瀬にスイッチしますが、高山がピッチャーのグラブを弾きながら二遊間を破っていく2点タイムリーで5点目。9回はゴメスがバックスクリーンへの19号2ランで今日4安打とすると、続く隼太もプロ初の4安打となるライトスタンドへの一発!大勝で藤浪に6月2日以来の5勝目をプレゼント。今日は7回2安打無失点。

「ホッとしたのが一番ですけど、逆に気を引き締めないといけない。」by 藤浪
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
高山 ゴメス 伊藤隼 藤浪[勝]  
  大和 狩野 安藤(2) 松田(3)
北條  
原口 江越  
  坂本 中谷
荒木 鳥谷  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
5日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 伊藤隼太外野手(再昇格。高山が好調だけに少ないチャンスを活かしたい。)
OUT 緒方凌介外野手(3番抜擢の試合もあったが、打撃不振で降格。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 4日 (木)

狩野、抑えの山崎康を攻略!9回2点差から延長逆転!

20160804 DeNA●5-7○阪神(横浜
勝利打点:新井良③

サンテレビで完全中継。今日の先発は青柳(中6日)、DeNA・ペトリック。北條が2番に入り、大和がセカンドに入り8試合ぶりのスタメン。初回、2アウトから先発復帰2試合目の鳥谷が四球を選ぶと、福留がライトスタンドへの6号2ランでタイガースが2点先制!

2回、1アウト3塁のピンチを抑えた青柳ですが、3回、2アウトから桑原に盗塁を決められると、梶谷に四球。1,2塁から筒香に1,2塁間を痛烈に破り、ライトフェンスまで転がっていく2点2塁打で同点。さらに4回、先頭・倉本のサードゴロを北條がファンブル。1アウトから盗塁を決められ、高城のヒットで1,3塁のピンチ。2アウト後、桑原にレフト前タイムリーを許して2-3と勝ち越された所で、島本にスイッチ。

5回、1アウトから途中出場の江越が外角スライダーを右方向へ持っていき、ライトスタンドへの一発!4ヵ月ぶりの5号で3-3の同点!そのウラ、続投の島本が左の梶谷、筒香を抑えたことでゲームが落ち着きました。6回、2番手・田中からノーアウト満塁のチャンスを作った所で、加賀にスイッチ。ここでゴメスが5-2-3のゲッツーの倒れてしまい、結局無得点。

7回、サターホワイトが初の連投。代打・白崎がバットを折りながらのポテンヒットでノーアウトのランナー。1アウト2塁から石川に内角低めのボール球を弾き返され、前進守備だったライトの頭を越えるタイムリー3塁打で勝ち越し。さらに梶谷のボテボテのサードゴロの間に3-5。

9回、抑えの山崎康との勝負。原口ゴメスの連打でノーアウト1,2塁のチャンス。ここで代打・坂本がきっちり送りバントを決めると、代打の切り札・狩野がピッチャー返し。二遊間を破りそうな当たりを倉本のダイブに止められますが、ショートへのタイムリー内野安打!さらに江越のライト犠牲フライで5-5の同点!この3連戦全て山崎康から得点。そのウラ、球児が3人で抑えて延長戦へ。

10回は左のザガースキーとの勝負。先頭・北條がレフト線への2塁打で出塁すると、鳥谷も四球でつないでノーアウト1,2塁。2アウト後、荒木が四球を選んで満塁となり、途中出場の良太がフルカウントから押し出しの四球を選んで勝ち越すと、続く狩野のセンター前タイムリーで今日2打点!そのウラ、マテオが締めて2ヵ月ぶりのセーブ。3位ベイスターズとは4ゲーム差まで接近。

「きれいなヒットじゃなかったですけど、良いヒットでした。」by 狩野
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
福留 狩野 坂本 新井良 島本(2) 高橋[H](3) 藤川[勝](6) マテオ[S](7)
鳥谷 江越 荒木
   
原口 ゴメス 松田(5)
北條  
高山 中谷 大和 青柳 緒方 サターホワイト(4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

鳥谷、先発復帰で猛打賞。初回4失点の反撃届かず。

20160803 DeNA○4-3●阪神(横浜
勝利打点:梶谷

サンテレビで完全中継。今日の先発は能見(中6日)、DeNA・山口。鳥谷がベンチスタートとなってから9打数6安打で9試合ぶりのスタメン復帰。初回、2アウトから鳥谷がライトオーバーの2塁打で相性の良さを見せると、福留がファーストのグラブを弾き、ライト線へのタイムリー2塁打でタイガース先制!

しかしそのウラ、先頭・桑原に死球で出してしまうと、すかさず盗塁成功。さらに石川のセカンドゴロを荒木がトンネルしてしまい、ノーヒットで同点。続く梶谷がライト最上段まで飛ばす2ランで勝ち越されると、筒香も左中間への33号ホームラン。立ち上がりわずか10球で一挙4点。

3回、鳥谷がマルチヒット(今日は猛打賞)となるライト前ヒットで2アウト1,3塁のチャンス。福留が四球を選んで満塁としますが、原口がセカンドゴロで三者残塁。そのウラ、先頭・石川を四球で出しますが、原口がここは盗塁を刺してくれました。2回以降は能見も立ち直ってのピッチング。6回まで許したヒットは結局ホームラン2本のみ。

7回、1アウトから代打・中谷が初球をレフトスタンドへの一発で2点差!そのままセンターの守備に入りました。そのウラ、サターホワイトが来日2試合目の登板。最速は154キロ。ストレート、フォークが主体で今日は3人で抑えました。8回は島本が先頭バッターを出すと、桑原のバント小フライで原口がわざとフェアに落としますが、アウトは2塁ホースアウトのみ。この後、2アウト2,3塁のピンチで筒香をフルカウントからサードフライに抑えてピンチ脱出。

9回、抑えの山崎康との勝負。先頭・ゴメスがレフトスタンド中段への18号ソロで1点差!しかし代打・狩野が三球三振に倒れると、後続も抑えられてしまい一歩届かず。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
鳥谷 福留 中谷 サターホワイト(2)
ゴメス  
能見[負] 島本(3)
北條  
高山 荒木 原口 緒方 狩野
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 2日 (火)

岩貞、得意のハマスタで復活11K。2ヵ月ぶり勝利!

20160802 DeNA●2-6○阪神(横浜
勝利打点:高山③

関西テレビで4回ウラから9回表途中まで中継。今日の先発は岩貞(中6日)、DeNA・久保康。2回、先頭・筒香がヒット。暴投で2塁に進まれると、1アウト1,2塁で白崎の三遊間へのゴロ。良太が捕れず、ショートが2塁封殺しましたが、セカンド・荒木がスタートの遅れた2塁ランナーではなく、1塁に送球してしまいセーフ。少し判断ミスが出ると、2アウト1,3塁から戸柱にレフト線へふらふら~っと落とされてしまい、ベイスターズ先制。

5回、先頭・原口がライトフェンス直撃の2塁打でこれがようやくチーム初ヒット。この後、2アウト3塁となった所で北條を敬遠。岩貞はショートゴロに倒れて無得点。それでも岩貞が6回まで9奪三振の好投で味方の援護を待ちました。

7回、先頭・福留がセーフティバントを試みますがファウル。この後、ライト線へのシングルで出塁すると、原口が高々と打ち上げたフライがレフト線上へ落ちてノーアウト2,3塁。ここでゴメスがカウント3-0から打っていき、サード頭上を抜けるタイムリーで同点。さらに代打・鳥谷がライト前へのタイムリーで逆転!この後、2アウト満塁で代打・狩野を送り、レフトポール際へあと数cmというファウルを打ちますが、結局ショートゴロで三者残塁。

8回、1アウトから代打・後藤G武敏にライト最前列に放り込まれてしまい、まさかの同点。2アウト2塁から梶谷のライト前ヒットに福留の猛チャージで3塁ストップとなり、筒香が強烈なピッチャー返し。あらかじめ2塁ベースに寄っていた鳥谷が打球を止めてショートゴロにするファインプレー!

9回、抑えの山崎康との勝負。ゴメス鳥谷の連打でノーアウト2,3塁とすると、北條には敬遠気味にストレートの四球で満塁。1アウト後、高山がフルカウントから押し出しの四球を選んで勝ち越すと、大和が1,2塁間を破る2点タイムリー!続く中谷のセカンドゴロ併殺コースでしたが、1,2塁間で大和が挟まれて粘る間に3塁ランナーが還って1点を追加。一挙4点の猛攻で試合を決めました。岩貞が8回11奪三振の快投で5月27日以来の5勝目。

「長かったというか迷惑をかけた。野手の人に感謝しかないです。」by 岩貞
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
岩貞[勝] 鳥谷 大和
福留 原口 マテオ(2)
高山 ゴメス 北條  
   
  狩野
荒木 緒方 新井良 中谷 江越
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »