« 岩崎、3回もたずKO。黒田に日米通算200勝を献上。 | トップページ | 球児、日米通算1000奪三振!甲子園で1ヵ月ぶり勝利! »

2016年7月24日 (日)

鳥谷、ついに決断。超変革に聖域なく全員野球で勝利!

20160724 広島●5-8○阪神(マツダ
勝利打点:原口③

サンテレビで完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中5日)、広島・中村恭。鳥谷がベンチスタートとなり、ついに連続フルイニング出場が667試合でストップ。ショートには大和が入りました。初回、2アウト2,3塁から新井のライト前タイムリーでカープ先制。しかし2回、原口がレフト場外への一発で追い付くと、1アウト後、良太がバックスクリーンへの一発で逆転!

3回、九里から3連打。ゴメスのレフト前タイムリーで3点目を取り、さらに1アウト満塁のチャンスでしたが、大和が痛恨のショートゴロ併殺。するとそのウラ、連打と四球で1アウト満塁のピンチを背負ったメッセ。ここで鈴木誠にレフトへの2点タイムリーを許してしまい、3-3の同点。

4回、先頭・メッセがセンター前ヒットで出塁。ノーアウト1,2塁で北條の送りバントを新井がフィルダースチョイスで満塁。続く江越のレフト犠牲フライで4-3と勝ち越しますが、そのウラ、1アウト3塁から菊池の右中間へのタイムリーで同点。さらに丸が左中間オーバーのエンタイトル2塁打で菊池は3塁に戻されますが、松山のサードゴロを良太が弾き、カバーの大和も捕れず4-5と逆転。メッセは5回2アウトで降板し、島本が1球でピンチ脱出。これがプロ初勝利につながりました。

6回、2アウト満塁のチャンスでヘーゲンズにスイッチ。ここで原口がサード後方へ落とす2点タイムリーで6-5と逆転!続くゴメスが内野安打で再び満塁とすると、ここで登場した代打・鳥谷がファーストの頭を越えて1,2塁間への小フライとなりながら、捕った菊池が投げれずタイムリー内野安打。鳥谷は6回の守備からショートに入りました。

マテオが6回から2イニングを無失点に抑えると、8回、左のオスカルから先頭・江越がライトオーバーの3塁打。1アウト満塁から鳥谷が右ひじ付近への押し出しの死球で貴重な8点目。続く代打・狩野はショートゴロ併殺でダメ押しならず。そのウラ、球児がノーアウト1,2塁のピンチから連続三振!最後は代打・ルナをセカンドゴロ。9回はドリスが2アウトから1,2塁のピンチでしたが、田中を三振に抑えてゲームセット!連敗を5で止め、カープ戦も10試合ぶりの勝利。

「全員で勝った勝利を今後も続けていきたい。負けてばかりで悔しい。」by 原口
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
原口 鳥谷 島本[勝](2) マテオ[H](3)
福留 新井良 ドリス[S](5)
北條 ゴメス 藤川[H](4)
高山 江越 荒木
大和  
メッセンジャー 狩野
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 岩崎、3回もたずKO。黒田に日米通算200勝を献上。 | トップページ | 球児、日米通算1000奪三振!甲子園で1ヵ月ぶり勝利! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/63975652

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥谷、ついに決断。超変革に聖域なく全員野球で勝利!:

« 岩崎、3回もたずKO。黒田に日米通算200勝を献上。 | トップページ | 球児、日米通算1000奪三振!甲子園で1ヵ月ぶり勝利! »