« 西岡、涙の負傷交代。後半戦は甲子園で3連敗スタート。 | トップページ | 岩崎、3回もたずKO。黒田に日米通算200勝を献上。 »

2016年7月22日 (金)

高山、代役1番で今週2度目の猛打賞。カープ戦8連敗。

20160722 広島○4-2●阪神(マツダ
勝利打点:鈴木誠

サンテレビで完全中継。今日の先発は藤浪(再昇格)、広島・野村。悩める鳥谷が5月15日以来の6番に入り、西岡の離脱でセカンドは荒木が先発。初回、先頭・高山がヒットで出塁すると、荒木が送りバント成功。1アウト2塁のチャンスでしたが無得点。そのウラ、グラブの位置を変えてフォームを変更した藤浪が三者凡退の立ち上がり。

2回、先頭・ルナがヒットで出塁すると、盗塁成功。1アウト後、鈴木誠が鋭い打球でショート横を破るセンター前タイムリーでカープ先制。さらに鈴木誠の盗塁で梅野の2塁送球が右方向へそれてセンターへ転がる間に3塁へ進まれると、安部のタイムリーで2点目。3回、1アウトからルナがライトオーバーの3塁打。続く松山のレフト前タイムリーで3点目。

4回、2アウト3塁から鳥谷がカーブを強く振り抜いてライト線へのタイムリー2塁打で反撃。5月19日以来、211打席ぶりのタイムリーとか。しかし5回、1アウトからルナが3打数3安打となるヒット。再び盗塁を試みましたが、鳥谷がランナーと重なって正面の送球を捕球できずセーフ。2アウト後、鈴木誠を敬遠したものの、安部のヒットで満塁とされ、石原には押し出しの四球で4点目。

6回、先頭・田中にレフトフェンス最上部に当てる2塁打。1アウト1,3塁でルナを迎え、タイガースは前進守備となり1塁ランナーの丸が難なく盗塁成功。ここでルナ、松山を抑えた藤浪は126球で降板。7回、代わったヘーゲンズから1アウト1,2塁のチャンス。2アウト後、高山の右ひじを抜く内角打ちでレフト前タイムリー(今週2度目の猛打賞)を放ち1点を返しました。ここで代打・原口を出しますがショートゴロ。

2点を追う9回は中崎との勝負。先頭・鳥谷がピッチャー強襲の内野安打。治療でベンチに一度下がりましたが、再びマウンドに上がると、北條の代打・上本が空振り三振。続く大和、代打・狩野と見逃し三振に倒れてしまい、ゲームセット。浮上のキッカケを早くつかみたいところ。これで借金14。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
高山  
荒木 鳥谷 緒方 安藤(2) マテオ(3)
   
福留  
ゴメス 藤浪[負]  
江越 北條 梅野 原口 大和 上本 伊藤隼 狩野
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
22日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 藤浪晋太郎投手(再昇格。スランプから抜け出せるか。苦しい4年目。)
21日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 西岡剛内野手(アキレス腱断裂で今季絶望。再びグラウンドに戻る日を。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 西岡、涙の負傷交代。後半戦は甲子園で3連敗スタート。 | トップページ | 岩崎、3回もたずKO。黒田に日米通算200勝を献上。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/63955488

この記事へのトラックバック一覧です: 高山、代役1番で今週2度目の猛打賞。カープ戦8連敗。:

« 西岡、涙の負傷交代。後半戦は甲子園で3連敗スタート。 | トップページ | 岩崎、3回もたずKO。黒田に日米通算200勝を献上。 »