« 原口、育成経験野手初の月間MVPも…勝利で飾れず。 | トップページ | 高山、先制&終盤の逆転打も…サヨナラ負けで5連敗。 »

2016年6月 9日 (木)

藤浪&原口、共に負傷交代で虎に暗雲の4連敗。

20160609 ロッテ○7-2●阪神(QVCマリン
勝利打点:なし

サンテレビで完全中継。今日の先発は藤浪(中6日)、ロッテ・二木。不振のゴメスが来日初の3番に座り、福留が4番。初回、連打でノーアウト1,3塁のピンチを背負った藤浪。ここで大きく3塁方向へそれる投球を原口が捕れず、パスボールの間にマリーンズ先制。さらに角中のライト前タイムリーで早くも2点先行。2回、2アウト2塁から田村のセンター前タイムリーで3点目を許すと、トップに戻って加藤のレフト前タイムリーで0-4。

4回、先頭・鳥谷がチーム初ヒットとなる左中間オーバーの2塁打。さらに西岡のライト線タイムリーで1点を返すと、ゴメスがライト線への2塁打でノーアウト2,3塁。続く福留のセカンドゴロの間に2点目。ただこの後が得点できず。そのウラ、ノーアウト1塁で清田の打球が藤浪の右手を直撃してしまい負傷降板。スクランブル体制で榎田が登板して、後続を抑えてくれました。

5回からは守屋が中1日のマウンド。しかし先頭・高濱が右中間スタンドへの一発で古巣に恩返し。この後、2アウト1塁から井口のセンター前のフライに突っ込んだ横田が追い付けず後逸(記録はタイムリー2塁打)。続く鈴木は8打数連続安打となるライトフェンス直撃のタイムリー3塁打を許してしまい、この回3失点でゲームを作れず。さらに清田の打席でファウルチップが原口の左手親指に当たってしまい、次の回には代打を送られました。

6回、1アウト1,2塁のチャンスでしたが、福留がセカンドゴロ。続く代打・狩野もサードゴロに倒れてしまい無得点。7回にはサイクル安打を狙った鈴木がライトポール際まで飛ばしますが、ファウルフライで及ばず。まさかのQVCマリンで同一カード3連敗を喫してしまい、前のカードから4連敗に。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
鳥谷 榎田(2)
西岡 ゴメス  
  岡崎 島本(4)
北條 新井良
福留 原口 高山 陽川
横田 藤浪[負]
狩野 俊介 守屋(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 原口、育成経験野手初の月間MVPも…勝利で飾れず。 | トップページ | 高山、先制&終盤の逆転打も…サヨナラ負けで5連敗。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/63774410

この記事へのトラックバック一覧です: 藤浪&原口、共に負傷交代で虎に暗雲の4連敗。:

« 原口、育成経験野手初の月間MVPも…勝利で飾れず。 | トップページ | 高山、先制&終盤の逆転打も…サヨナラ負けで5連敗。 »