« 江越、後輩から決勝打!福留が途中交代のピンチ。 | トップページ | 岩貞、3戦連続10Kも…リリーフ失敗でサヨナラ負け。 »

2016年4月15日 (金)

能見、天敵ビシエドに被弾。研究された岡崎のリード。

20160415 中日○6-0●阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:ナニータ

サンテレビで完全中継。今日の先発は能見(中6日)、中日・ジョーダン。昨晩熊本県で発生した震度7の大地震により、試合前に黙とう。喪章をつけてのプレーに。左脚に強い張りを訴えた福留が欠場し、若虎3人が外野を守りました。初回、ノーアウト1塁で三ツ俣のバント小フライで岡崎と交錯して守備妨害の判定。しかし2アウト1,3塁からナニータ、谷の連続タイムリーでドラゴンズ先制。

2回、2アウトから5連打。高橋周のセンター前タイムリーで1点を失うと、苦手のビシエドにフルカウントから内角高めに浮いたストレートをやや詰まりながらレフトスタンドへ持っていかれ、0-6。これで対能見は5打数5安打。登板4試合目でリードも研究された感じはありました。2回9安打6失点でバッテリーごとKO。

5回の守備から陽川がサードでプロ初出場。6回、2アウト満塁で工藤の三塁線へころころと転がるボールに3塁ベースギリギリで見切ってファウルを選んだ陽川が好判断。そして7回、1アウト1塁で回ってきた陽川のプロ初打席。地面スレスレのボール球でしたが、バットをうまく合わせてレフト前へプロ初ヒット。

8回、途中出場の北條がレフトフェンス直撃の2塁打でアピール。この後、1アウト1,2塁のチャンスでしたが、鳥谷のショートゴロ併殺で得点ならず。リリーフ陣が無失点で粘りましたが、今日は打線も4安打で完敗。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
  安藤(5)
  陽川 北條 歳内(2)
  高宮(3) 榎田(4)
高山 江越 ゴメス 梅野
鳥谷 ヘイグ 西岡 横田
岡崎 能見[負]
狩野
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 江越、後輩から決勝打!福留が途中交代のピンチ。 | トップページ | 岩貞、3戦連続10Kも…リリーフ失敗でサヨナラ負け。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/63518374

この記事へのトラックバック一覧です: 能見、天敵ビシエドに被弾。研究された岡崎のリード。:

« 江越、後輩から決勝打!福留が途中交代のピンチ。 | トップページ | 岩貞、3戦連続10Kも…リリーフ失敗でサヨナラ負け。 »