« 福留、土壇場の同点打。連夜のサヨナラ負けで3タテ。 | トップページ | 守屋、初登板でプロの洗礼。反撃及ばず苦敗。 »

2016年4月19日 (火)

鳥谷、復調気配の決勝打!継投決まり連敗ストップ!

20160419阪神○8-4●ヤクルト(甲子園
勝利打点:鳥谷②

テレビ大阪で3回表途中から中継。今日の先発は藤浪(中6日)、ヤクルト・成瀬。大和が2番センターで今季初スタメン。ヘイグが抜けた5番には鳥谷が入りました。初回、2アウト満塁から西岡が三塁線を破る2点2塁打でタイガース先制!しかし2回、ノーアウト1,2塁から今浪にタイムリーを許すと、2アウト満塁から坂口に押し出しの四球で同点。

3回、山田の盗塁と暴投が重なって1アウト3塁から雄平のタイムリー内野安打で勝ち越し。そのウラ、先頭・大和が鋭くライト線を破る2塁打で2打数2安打!この後、江越のセンターフライで大和が3塁へタッチアップを決めると、ゴメスの犠牲フライで同点。ところが4回、先頭・成瀬にストレートの四球を出した藤浪。2アウト1,2塁からバレンティンにライト前タイムリーで勝ち越されますが、そのウラ、ノーアウト1,3塁から梅野の併殺の間に4-4。

5回で107球を投げた藤浪はピリッとせず。ベンチでグラブを投げつけてました。同点の6回は榎田が1アウト1,2塁のピンチを抑えると、7回は安藤が3人斬り。そして8回は不振の福原ではなく、高橋を送り出してこれも3人斬り。

8回、左のペレスとの勝負。先頭・江越がセンター前ヒットで出塁すると、ゴメスが四球を選んだ球が暴投となり、スタートを切っていた江越が一気に3塁へ。ここでなんとゴメスが初球スチールで2,3塁とすると、鳥谷が詰まりながらライト前タイムリーで勝ち越し!さらに鳥谷も初球スチールで2,3塁とした所で、西岡を敬遠。ノーアウト満塁から代打・狩野の犠牲フライ、続いて代打・福留が三遊間を破るタイムリー!2アウト後、高山(15打席ぶりヒット)もボテボテのタイムリー内野安打でこの回一挙4点!

9回はドリスが今季初登板。手投げのようなイメージもありますが、150キロ台のストレートと落差のあるフォークのコンビネーションが良く、今日は3人で抑えてゲームセット。

「良い所で打ててよかったです。野球で皆に元気を与えるプレーを。」by 鳥谷
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
大和 鳥谷 西岡 狩野 福留 安藤[H](3) 高橋[勝](4)
江越 ゴメス ドリス(5)
   
  榎田[H](2)
高山 陽川 梅野 緒方 北條 今成 岡崎 横田
藤浪  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
19日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN ドリス投手(初昇格。マテオとの守護神争いから勝ちパターンを確立したい。)
18日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT ヘイグ内野手(打撃不振に陥り、外国人枠の兼ね合いもあって抹消。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 福留、土壇場の同点打。連夜のサヨナラ負けで3タテ。 | トップページ | 守屋、初登板でプロの洗礼。反撃及ばず苦敗。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/63509570

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥谷、復調気配の決勝打!継投決まり連敗ストップ!:

« 福留、土壇場の同点打。連夜のサヨナラ負けで3タテ。 | トップページ | 守屋、初登板でプロの洗礼。反撃及ばず苦敗。 »