« プロ野球戦力分析【東京ヤクルト編・2016開幕】 | トップページ | 高山&ヘイグ、新戦力が躍動!金本監督初白星! »

2016年3月25日 (金)

メッセ、足技の代償で力尽きる。開幕から“超変革”。

20160325 阪神●2-5○中日(京セラドーム大阪
勝利打点:ビシエド

よみうりTVで9回ウラ途中まで中継。開幕戦の先発はメッセンジャー、中日・大野。西川貴教が君が代独唱と始球式を行った。初回、ルーキー・高山が鮮やかな三遊間を破るプロ初ヒットで出塁。全力疾走でゲッツー崩れで残った横田がチーム初盗塁を決めると、新外国人のヘイグが不安を一掃する左中間を破るタイムリー(本人は2塁でアウト)で先制!

2回のピンチは鳥谷の好守備にも助けられたメッセでしたが、3回もピンチ。大島のボテボテの当たりに自らのベースカバーが遅れてヒット。この後、荒木のショート後方のフライを高山が落球。追いかけすぎた鳥谷が目に入ってしまいました。1アウト満塁の大ピンチを抑えましたが、4回はノーアウト2,3塁から桂のサード強襲エラーで同点。さらに5回は2アウト1,3塁から高橋周に高めストレートを弾き返され、1-2と勝ち越し。

5回、ノーアウト1塁で岡崎が三遊間を緩やかに破るエンドランで一気に西岡が3塁へ。ここでメッセもバスター正面で5-4-3と渡る形でしたが、スキをついた西岡が送球途中でスタートを切り、同点のホームイン!さらにメッセ自ら盗塁も決め、意表を突かれた二遊間がボールを捕れず一気に3塁まで行きましたが勝ち越せず。このイニングは“超変革”の片鱗を見ました。

6回、先頭・大野にヒットを許すと、2アウト1,2塁からビシエドのセカンド後方の小フライ。西岡のダイブも及ばずボールがこぼれる間に勝ち越し。今日は途中からコントロールに苦しんだメッセでしたが、7回も続投。2アウト2,3塁となり、大島を敬遠した後、代打・エルナンデスに押し出しの四球を出した所で降板。開幕戦にしては引っ張った方だと思います。

8回はが3番手でマウンドに上がりましたが、いきなりビシエドにビデオ判定弾を許し、防御率∞が頭をよぎりました。4回から8回まで5イニング連続失点といういやらしい攻撃にやられたタイガース。今年は黒星スタート。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  高橋(2)
   
ヘイグ 西岡  
高山 横田 鳥谷 岡崎 上本 榎田(4)
福留 メッセンジャー[負] 江越 梅野
ゴメス (3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【東京ヤクルト編・2016開幕】 | トップページ | 高山&ヘイグ、新戦力が躍動!金本監督初白星! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/63395284

この記事へのトラックバック一覧です: メッセ、足技の代償で力尽きる。開幕から“超変革”。:

» 開幕黒星スタートも超変革が垣間見えた [虎談巷説 阪神タイガース的日常]
開幕セレモニーも近年にない派手な演出で超変革。「みんなで六甲おろし」の映像に始まり、出陣の法螺貝の音を合図に迫力の和太鼓演奏が行われた。 [続きを読む]

受信: 2016年3月26日 (土) 09:33

» 開幕黒星スタートも超変革が垣間見えた [自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガース]
開幕セレモニーも近年にない派手な演出で超変革。「みんなで六甲おろし」の映像に始まり、出陣の法螺貝の音を合図に迫力の和太鼓演奏が行われた。 [続きを読む]

受信: 2016年3月26日 (土) 09:33

« プロ野球戦力分析【東京ヤクルト編・2016開幕】 | トップページ | 高山&ヘイグ、新戦力が躍動!金本監督初白星! »