« プロ野球戦力分析【日本ハム編・2016開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【横浜DeNA編・2016開幕】 »

2016年3月20日 (日)

プロ野球戦力分析【ソフトバンク編・2016開幕】

16h 2016年シーズン開幕直前、戦力分析。今回はパリーグ1位の福岡ソフトバンクホークス。工藤監督の就任1年目だった昨年は見事に2年連続の日本一を達成。李大浩はメジャー挑戦で退団したが、海外FAの松田は残留。和田も古巣でのNPB復帰を果たし、今年も選手層は12球団トップクラスで優勝候補。手術明けで再起をかける松坂は先発ローテの谷間での起用に。

【野手編】
16horder 柳田が右ひじの手術明けながら、フルスイングで今年もトリプルスリーの期待がかかる。内川は肩痛で開幕が微妙な状態。昨年、打率3割は7年連続で止まったが、勝負強い打撃でチームの精神的支柱。今年は内野での起用も視野に。外国人枠の都合で2軍暮らしが続いたカニザレスについにチャンスが回ってきた。今年は実力で吉村や長谷川との競争になる。昨年ウエスタン首位打者の3年目・上林が三拍子揃っており、未来の主力候補として強固な外野陣に割って入る。

注目選手は上林。昨年15試合からの飛躍に期待。外野の一角をつかみたい。

【投手編】
5年連続2ケタ勝利の攝津が5年連続の開幕投手。ここ2年は規定投球回に達しておらず、1年通しての活躍は難しい。実績で上回る武田、バンデンハークもローテの軸として2ケタ勝利を期待される。国内復帰の和田は故障だけが気がかり。リリーフ陣は、打ち込まれる場面もあるが層の厚い所で競争。右の五十嵐、左の飯田を中心に、先発争いから漏れた東浜、岩嵜も1軍枠での出場チャンスをうかがう。抑えのサファテは移籍3年目の今年も40セーブ前後を期待され、終盤はスキがない。

注目選手は松坂。球速140キロ前後だが、新しいスタイルでの復活に期待。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 攝 津 武 田 バンデンハク 和 田 千 賀
中継 五十嵐 バリオス 飯 田 嘉弥真 柳 瀬
抑え サファテ
次点 松 坂 寺 原 東 浜 岩 嵜 森 福 岡 本 スアレス
故障 大 隣 中 田 二 保
野手
捕手 高 谷 鶴 岡 細 川
内野 カニザレス 本 多 松 田 今 宮 内 川 明 石 吉 村
外野 福 田 柳 田 中村晃 長谷川 川島慶 上 林
次点 斐 紹 拓 也 髙 田 塚 田 金子圭 牧 原 江 川
故障 城 所
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【日本ハム編・2016開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【横浜DeNA編・2016開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【ソフトバンク編・2016開幕】:

« プロ野球戦力分析【日本ハム編・2016開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【横浜DeNA編・2016開幕】 »