« プロ野球戦力分析【東北楽天編・2016開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【埼玉西武編・2016開幕】 »

2016年3月13日 (日)

プロ野球戦力分析【オリックス編・2016開幕】

16bs 2016年シーズン開幕直前、戦力分析。今回はパリーグ5位のオリックスバファローズ。昨年は優勝候補の一角とされながら開幕から大きく低迷し、森脇監督がシーズン途中で退任。代行の福良コーチが今季から正式に監督就任する。新たに獲得した助っ人選手の活躍に加え、投手では金子、野手では糸井、中島といった主力選手の復活がチーム浮上のカギを握る。

【野手編】
16bsorder 糸井が昨年痛めた左ひざの影響で連続打率3割は6年でストップ。開幕はDHからになりそうだが、キャプテンとして重責を担う。新外国人のボグセビックが三拍子揃った選手で、苦手の左投手を克服すれば大化けの予感。モレルも好調で、ブランコが2軍に回る可能性も出てきた。レギュラー格の安達が大腸炎による入院で出遅れており、ショートは中島が入る。昨年は不振で苦しんだが、攻守で西武時代の輝きを取り戻したい。西野が右手の故障から復活し、2年目の今季も俊足巧打で活躍に期待がかかる。

注目選手は糸井。35歳の今季は足に不安を残しながら復活をかけるシーズンに。

【投手編】
エース・金子が順調に仕上げており、手術明けで苦しんだ昨年から巻き返しを狙う。先発4人までは確定しており、10勝近くは計算できる。残りはルーキー・近藤大(パナソニック)、育成枠から復活した近藤一が入る見込みで先発6人とも右腕になった。リリーフ陣は、昨年不振だった平野、佐藤達が勝ちパターンで復活をかけるが、2人が崩れると今年も上位は望めない。左投手の活躍も1年を通して必要になってくる。抑えは新加入のコーディエが150キロ超の速球で定着できるかがポイント。

注目選手は金子。右ひじの状態が完全復活すれば、再び15勝を狙える。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 金 子 西 ディクソン 東 明 近藤大 近藤一
中継 平 野 佐藤達 岸 田 赤 間 大 山
抑え コーディエ
次点 佐藤峻 吉田一 松 葉 山崎福 海 田 小 松 塚 原
故障 比 嘉 ミッシュ
野手
捕手 伊 藤 山崎勝 田 中
内野 小谷野 西 野 モレル 中 島 縞 田 鈴木昂 岩 崎
外野 T-岡田 宮 崎 ボグセビック 糸 井 川 端 小 田
次点 若 月 ブランコ 小 島 駿 太 吉田正 中 村
故障 伏 見 安 達
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【東北楽天編・2016開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【埼玉西武編・2016開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【オリックス編・2016開幕】:

« プロ野球戦力分析【東北楽天編・2016開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【埼玉西武編・2016開幕】 »