« プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2016開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【ソフトバンク編・2016開幕】 »

2016年3月19日 (土)

プロ野球戦力分析【日本ハム編・2016開幕】

16f 2016年シーズン開幕直前、戦力分析。今回はパリーグ2位の北海道日本ハムファイターズ。“二刀流”大谷翔平のプロ4年目はオープン戦で既に162キロ。野手での出場機会を増やす見込みで、低迷している打撃面の結果がチーム浮沈のカギを握る。近藤のライトコンバートも楽しみ。今年もリリーフ陣を中心に守り勝つ野球になるが、整備途上のまま開幕を迎えることになる。

【野手編】
16forder 中田は今年3月の侍ジャパンでは結果が出なかったが、順調な仕上がりで今年も30発100打点を期待。レアードも低打率ながら昨年34発のパンチ力と寿司を握るパフォーマンスで盛り上げる。DHは大谷が先発出場で多く座ることになり、昨年リーグ打率3位だった近藤のライトコンバートによる影響も注目。今年は陽岱鋼の両ひざの状態も良く、再びリードオフマンで塁をかき回す攻撃ができれば、得点力アップも期待される。外野陣では西川が肩痛を抱え、若手の岡、浅間が開幕絶望となり苦しい。

注目選手は西川。背番号を8から7に代わり、スピードスターとして飛躍の年に。

【投手編】
大谷は昨年15勝をマークし、投手陣の柱に成長。今年は沢村賞も狙える。昨年10勝のメンドーサ、2年目の有原はオープン戦も結果を残しており、先発の軸になる。ここに新加入のバース、3年目・高梨が加わり、戦力は未知数。リリーフ陣は、調子の良い投手の日替わり起用になる。新加入203cmのマーティンがセットアッパーか。左の新人・加藤(新日鉄住金)が度胸のあるピッチングで、宮西が戻るまで結果を残したい。抑えは増井が3年目のクローザーとなり、絶対的な守護神としてゲームを締める。

注目選手は斎藤佑。2軍スタートが濃厚だが、今年は勝負の年になる。

【1軍登録選手(投手13人、野手15人)】
投手
先発 大 谷 メンドーサ 有 原 吉 川 バース 高 梨
中継 マーティン 谷 元 加 藤 鍵 谷 白 村 榎 下
抑え 増 井
次点 中村勝 浦 野 武田勝 斎藤佑 藤 岡 井 口 上 原
故障 武田久 宮 西 石 井 上 沢
野手
捕手 大 野 市 川
内野 中 田 田中賢 レアード 中島卓 杉 谷 飯 山 横 尾
外野 西 川 陽岱鋼 近 藤 谷 口 石川慎 松 本
次点 石川亮 清 水 大 嶋 高 濱 渡 邊 矢 野 米 野
故障 浅 間
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2016開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【ソフトバンク編・2016開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【日本ハム編・2016開幕】:

« プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2016開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【ソフトバンク編・2016開幕】 »