« プロ野球戦力分析【中日編・2015終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【阪神編・2015終了】 »

2015年11月29日 (日)

プロ野球戦力分析【広島編・2015終了】

1511c シーズン終了、戦力分析。今回はセリーグ4位の広島東洋カープ。黒田の国内復帰で優勝候補の一角とされたが、主砲・エルドレッドが故障で開幕絶望となり、序盤は投打が噛み合わず。首位と2ゲーム差で折り返した後半戦は上位3チームとの戦いに付いて行き勝率5割まで戻したが失速。リーグ最終戦で敗れ、あと1勝でCS進出を逃した。マエケンのメジャー挑戦や黒田の去就と来季に不安を残した。
【野手編】
1511corder 菊丸コンビが2年連続の全試合出場を果たしたが、昨年3割を超えていた打率は揃って大きく低迷。攻撃面で苦しい戦いになってしまった。5月から復帰したエルドレッドはチームトップタイの19本。緊急補強したシアーホルツら他の助っ人外国人が思うように機能せず。古巣復帰の新井は4番に78試合座り、戻った勝負強さでポジションを奪い返した。ルーキー・野間は127試合の出場、後半戦はサブに回ったが走攻守で非凡な所を見せており、3年目・鈴木誠(97試合)とのポジション争いが続く。

【投手編】
マエケンが6年連続の2ケタ勝利(15勝)で最多勝のタイトル、沢村賞を獲得。40歳で国内復帰した黒田は11勝、左のジョンソンが14勝、防御率のタイトル(1.85)と先発陣はリーグトップクラス。今年は福井が自己最多の9勝と活躍した。リリーフ陣では、大瀬良が6月からリリーフに回り22HP。来季は先発復帰が有力。中田の故障やヒース、一岡が結果を残せず苦しい戦いに。抑えは中崎が69試合登板で29セーブ。150キロ超のストレートを武器に失敗も目立ったが我慢して使い続けたのが来季の飛躍に。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 前田健 ジョンソン 黒 田 福 井 野村祐 戸 田
中継 大瀬良 一 岡 ヒース 今 村 飯 田
抑え 中 崎
次点 九 里 今 井 永 川 薮 田 江 草 西 原 久 本
故障 中 田 退団 河 内 篠 田 ヒース ザガースキ
野手
捕手 石 原 會 澤
内野 新 井 菊 池 田 中 小 窪 木村昇 堂 林
外野 エルドレッド 松 山 鈴木誠 野 間 赤 松 ロサリオ
次点 白 濱 美 間 安 部 岩 本 廣 瀬 天 谷 下水流
故障 退団 東 出 栗 原 グスマン シアーホルツ ロサリオ
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【中日編・2015終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【阪神編・2015終了】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【広島編・2015終了】:

« プロ野球戦力分析【中日編・2015終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【阪神編・2015終了】 »