« 関本、魅せた神の一振り。総力戦も胴上げ阻止ならず。 | トップページ | 梅野、CS初出場で躍動。サヨナラ負けで崖っぷち。 »

2015年10月 4日 (日)

藤浪、大一番でKOされCS決めれず。ありがとう関本。

20151004 阪神●0-6○広島(甲子園
勝利打点:松山

サンテレビ、BS1で完全中継。今日の先発は藤浪(中5日)、広島・黒田。リーグ最終戦、勝てばCS決定となる一戦。右足を痛めている福留が4試合ぶりスタメン。2回、1アウト1,2塁から江越がレフト線へ良い当たりを放ちますが、エルドレッドがスライディングキャッチ。3回には鳥谷のセカンドライナーを菊池がジャンプ一番で阻みました。

4回、先頭・菊池がヒットを放つと、対戦打率6割の松山がカットボールを打った瞬間、ライトポール際を巻いていく2ランでカープ先制。さらに2アウト1塁から安部のレフト前ヒットをマートンが弾いて2,3塁。敬遠せずに勝負した8番石原にライト前2点タイムリーで4点目。福留のライトゴロ狙いも及ばず。

5回、鶴岡の代打・隼太がピッチャーのグラブを弾く内野安打で1アウト1,2塁。ここで藤浪に代打・西岡で勝負をかけますが4-6-3のゲッツーで万事休す。藤浪のプロ3年目は199イニングで惜しくもKO。マエケンの15勝に1勝及ばずシーズンを終えました。6回は能見がマウンドに上がりますが、田中に2ラン。「今度はスタンドインした」と9月の幻のホームランについてチクリとコメントしてました。この後の1アウト1,3塁のピンチはしのぎました。

6回、1アウト1,3塁のチャンスでゴメスがショートゴロ併殺。内野ゴロを打たせる黒田の術中にはまりました。8回、2アウトから鳥谷がヒットを放ったところで、代打・関本が登場!「エブリバティ、セイ」が2度流れるサービスもあり、涙の最後の打席。全力投球の黒田を前に惜しくもピッチャーゴロ。9回にはサードの守備に入り、今成をセカンドに回すサプライズ。ただボールは飛んでこなかった。

9回、1アウト1塁でマートン(もしかすると最後の打席)がライト線へのヒットで、ゴメスが暴走気味に一気に3塁へ間一髪セーフ。ここで抑えの中崎(昨日47球)がマウンドに上がり、今成梅野を連続三振に抑えてゲームセット。8月には一時、貯金8まで行きましたが、70勝71敗2分けでシーズン終了。CSの行方は7日の広島×中日戦(マツダ)に委ねられました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
  安藤(3) 歳内(4) (5)
鳥谷 福留  
今成 伊藤隼
ゴメス 鶴岡 関本 柴田
大和 マートン 江越 藤浪[負] 梅野 西岡 能見(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
和田監督、コーチ、選手がマウンドに整列して一例。今年も監督の挨拶はありませんでした。この後、関本の引退セレモニーが行われました。裏方さんや阪神園芸の方々に感謝の意を表す所が関本らしさを表していました。“必死のパッチ”で第二の人生を歩むとスピーチし、またグラウンドに帰ってきてほしい。

カープからは昨年まで一緒にプレーした新井が花束を贈呈し、タイガースは鳥谷。また1人1人に挨拶する場面では藤浪福原が号泣。場内1周した後に、胴上げが3回行われました。 201510042 最終戦で自力CSが消滅。7日、カープが負ければCS行きが決まります。
【S●】優勝⇔1.5差⇔【G○】2位確定⇔4.5差⇔【T●】⇔0差⇔【C○】(残り1試合)

4日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 柴田講平外野手(黒田から2安打の相性を買われて昇格。)
3日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT ペレス外野手(良い当たりはあったがプロ初安打ならず。また来年。) もしよければ1クリックお願いします。

|

« 関本、魅せた神の一振り。総力戦も胴上げ阻止ならず。 | トップページ | 梅野、CS初出場で躍動。サヨナラ負けで崖っぷち。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/62411629

この記事へのトラックバック一覧です: 藤浪、大一番でKOされCS決めれず。ありがとう関本。:

» 藤浪4失点、最終戦を飾れず [自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガース]
勝って最多勝の望みを繋いで沢村賞待ちのプランがガタガタと崩れた。年間200イニング超えも達成できず、クライマックスシリーズの出場も広島次第になってしまった。 [続きを読む]

受信: 2015年10月 5日 (月) 22:01

» 藤浪4失点、最終戦を飾れず [虎談巷説 阪神タイガース的日常]
勝って最多勝の望みを繋いで沢村賞待ちのプランがガタガタと崩れた。年間200イニング超えも達成できず、クライマックスシリーズの出場も広島次第になってしまった。 [続きを読む]

受信: 2015年10月 5日 (月) 22:01

« 関本、魅せた神の一振り。総力戦も胴上げ阻止ならず。 | トップページ | 梅野、CS初出場で躍動。サヨナラ負けで崖っぷち。 »