« 能見、崖っぷちの復活勝利!マートンとお立ち台。 | トップページ | 岩田、スミ1で惜しくも敗戦。後半戦黒星スタート。 »

2015年7月15日 (水)

メッセ、中4日も惜敗。首位と0.5ゲーム差で折り返し。

20150715 阪神●0-3○広島(甲子園
勝利打点:新井

サン→ABC→サンのリレー中継。今日の先発はメッセンジャー(中4日)、広島・薮田。がサードで今季初スタメン。初回、先頭・鳥谷が四球を選びますが、俊介がバントファウルで追い込まれた後のゲッツーと散々。3回は3四死球で2アウト満塁のチャンスでしたが、ゴメスが見逃し三振。

4回、先頭・菊池にヒットを許すと、続く丸にも四球。ノーアウト1,2塁から新井がライト前タイムリーを放ち、カープ先制。そのウラ、への右肩付近への死球で早くも2つ目となった所で両軍がマウンド付近でにらみ合う形となり、警告試合が発令。この後、1アウト満塁のチャンスを生かせず。ルーキーの薮田は6四死球で5回に代打を送られました。

中4日のメッセは6回104球で代打を出されて無念の降板。7回、加藤が今季初登板。しかし四球と送りバントで1アウト2塁とした所で安藤にスイッチ。ここで会澤にレフト前タイムリーを許してしまい、痛すぎる2点目。ビハインドの8回は福原、9回は呉昇桓までつぎ込んできたタイガース。しかし、先頭・シアーホルツに15球粘られた末の四球。1アウト2塁から木村が前進守備のレフト右やや後方に落とすタイムリーで3点目。

9回は中崎との勝負。代打・関本が三遊間を破るヒット。続く鳥谷もファースト強襲の内野安打。中崎のベースカバーも遅れました。場内が盛り上がってきたところで大和がフルカウントからショートフライに倒れると、ここまで4打席出塁の福留がセカンドゴロ併殺でゲームセット。まさかのベイスターズが前半戦首位ターンとなり、0.5ゲーム差の3位で折り返し。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
福留 メッセンジャー[負] 関本 福原(4)
   
鳥谷 上本 藤井  
ゴメス 森越 今成 鶴岡 加藤(2) 安藤(3)
俊介 マートン  新井良 狩野 大和 呉昇桓(5)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

|

« 能見、崖っぷちの復活勝利!マートンとお立ち台。 | トップページ | 岩田、スミ1で惜しくも敗戦。後半戦黒星スタート。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/61892609

この記事へのトラックバック一覧です: メッセ、中4日も惜敗。首位と0.5ゲーム差で折り返し。:

» 借金1、3位で折り返し [虎談巷説 阪神タイガース的日常]
メッセンジャーが中4日での好投も打線の援護なく敗戦投手になった。リリーフ陣も失点し、シーズン前半を象徴するような試合やった。 [続きを読む]

受信: 2015年7月16日 (木) 23:35

« 能見、崖っぷちの復活勝利!マートンとお立ち台。 | トップページ | 岩田、スミ1で惜しくも敗戦。後半戦黒星スタート。 »