« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月21日 (火)

岩田、完全ペースでも勝てず。ゴメス決めた!

20150421

DeNA●3-5○阪神(横浜) 勝利打点:ゴメス②

テレビ大阪で3回表から中継。今日の先発は岩田(中6日)、DeNA•久保。隼太が今季2度目のスタメン。初回、1アウト1,2塁からゴメスのレフト前タイムリーでタイガース先制!さらに2アウト後、隼太にもセンター前タイムリーで2点目。

4回、2アウト1,3塁で西岡がボテボテのピッチャーゴロでしたが、ロペスがまさかの捕球ミス。日本シリーズを思い出しましたが、今日は外側を走ってました。久保は100球超え。

6回までなんとパーフェクトに抑えていた岩田ですが、7回の先頭•石川に死球を出すと、1アウトから梶谷にヒット。記録が止まると、筒香、ロペスに連続タイムリーでもう1点差。たまらず安藤にスイッチし、バルディリスをショートゴロ併殺!

8回からは福原-藤井のバッテリーで必勝体制に。ところが後藤武敏G(改名)に同点ホームラン。今日も岩田が勝てず。

9回、抑えの山崎康がマウンドに。先頭の代打•狩野が今日もヒット。2アウト1,2塁からゴメスが高めストレートを弾き返し、センターオーバーの2点2塁打!最後は呉昇桓が締めてくれました。

「自分の仕事としては走者を還すこと。」by ゴメス
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2015年4月19日 (日)

呉昇桓、2球で追い付かれ今季初またぎ。延長負け。

20150419 阪神●3-5○巨人(甲子園) 勝利打点:小林

朝日放送→BS朝日のリレー中継。今日の先発は藤浪(中6日)、巨人・高木勇。初回、1アウト2塁で鳥谷のセンター前へのフライを橋本が猛ダッシュでダイレクトキャッチ。和田監督の抗議も及ばず。2回、1アウト1,2塁で高木勇のバント処理で1-5-3と渡るゲッツー完成。ただ藤浪の制球がバラバラ。3回には2アウト1,2塁から井端のライト前タイムリーでジャイアンツ先制。

5回、2アウトから橋本がレフト線オーバーの2塁打。この後、4番の坂本がレフト前タイムリーを放ち2点目。5回を投げて103球の藤浪ですが打席に立たせて6回も続投。1アウト1,2塁から高木勇がバスターに切り替えてピッチャーゴロ併殺コースでしたが、2塁送球がそれてオールセーフ。それでも満塁のピンチをしのぎました。

6回、先頭・西岡がヒットを放つと、1アウトからゴメスが内角に入ってきたストレートをとらえてレフトポール際への同点2ラン!前回完封された高木勇ですが、5回で100球超え。マートンが2打席で20球投げさせる等、工夫が見られました。藤浪は142球、高木勇は129球で揃って7回2失点で降板。

同点の8回、山口との勝負。先頭・上本がヒットで出塁すると、西岡がバント失敗で追い込まれてからヒッティングに切り替えて技アリのヒット。ここで鳥谷が送りバントを決めて1アウト2,3塁のチャンス。敬遠策を避けてゴメスから空振り三振を奪いますが、マートンが二遊間へのゴロで片岡の1塁送球が高く浮いてしまい、セーフの間に勝ち越し!

9回は呉昇桓。ただ代打・高橋由に初球ヒットを許すと、続く橋本も初球をセンターオーバーのタイムリー2塁打。2球で追い付かれてなおピンチ。2アウト1,3塁から村田のショート後方へのフライを鳥谷が背走キャッチ!試合はこのまま延長戦となり、呉昇桓は4月で早くもイニングまたぎ。守備固めで主力を下げたのが響きました。

11回、4番手で安藤がマウンドに上がりますが、先頭・橋本に四球で今日は5打席出塁。ここから1アウト2,3塁のピンチ。2アウト後、村田を敬遠して満塁策を取りましたが、小林に2点タイムリーを許して万事休す。借金4で最下位カープとゲーム差なし。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
ゴメス 福原[H](2)
上本 西岡  
福留 藤浪  
鳥谷 マートン 呉昇桓(3)
   大和 小宮山 狩野
俊介 梅野 新井良 関本 伊藤隼 安藤[負](4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2015年4月18日 (土)

能見、復活のG倒で今季初勝利!ゴメスも打った!

20150418 阪神○2-1●巨人(甲子園
勝利打点:ゴメス①

よみうりTVで8回表まで中継。今日の先発は能見(中10日)、巨人・田口。藤井が5試合ぶりの先発マスク。初回、先頭・上本がサード村田のグラブを弾く当たり(記録はエラー)で出塁すると、盗塁成功。2アウト2塁からゴメスが外のチェンジアップに食らいついて、左中間へ落とすタイムリーでタイガース先制!

5回、ここまで1安打に抑えていた能見ですが、1アウトから連打で1,3塁のピンチ。ここで実松を見逃し三振に抑えたのですが、ピッチャーの田口がレフト前タイムリーを放ち、1-1の同点。そのウラ、2つの四球で1アウト1,2塁となった所で、能見がスリーバント失敗。嫌な流れになってきました。

6回、先頭・西岡が四球を選ぶと、なんと鳥谷が送りバント成功。そしてゴメスが低めのスライダーをとらえてレフト前タイムリーで勝ち越し!3塁の高代コーチも思い切って腕を回したのもポイント。マートンが四球を選んだ所で、左の戸根にスイッチしたジャイアンツですが、福留にも四球で満塁。ビッグイニングの予感でしたが、俊介がカウント2-0から浅いライトフライ。

勝負は7回。先頭の村田をストレートの四球で出してしまい、代走・鈴木登場も実松がバント失敗。ここで代打・セペダの打席で、能見が牽制で刺したのが大きかった。そのウラ、ノーアウト1,2塁のチャンスで西岡がスリーバント失敗。8回も1アウト2,3塁のチャンスで代打・関本上本が相次いで凡退。6~8回で残塁8つと突き放せず。

1点リードの9回は呉昇桓。坂本のピッチャーゴロがグラブに入らず後逸。さらに井端が珍しくバントフライになりますが、呉昇桓が落球。あわてて藤井が2塁ホースアウトにして事なきを得ました。続く長野のショートゴロ併殺コースは上本の送球がそれて1塁セーフ。それでも最後は中井を抑えてゲームセット!

「若さだけは借りて僕も頑張りました。チームが勝てばそれでいいので。」by 能見
「アリガトゴザイマス。能見さんを助けてあげたいと思ってました。」by ゴメス
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
ゴメス 能見[勝] 福原[H](2)
福留 狩野 呉昇桓[S](3)
上本 藤井  
西岡 鳥谷 俊介  
   大和
マートン 関本
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2015年4月17日 (金)

メッセ、11K131球の熱投も・・・悔やまれる初回3失点。

20150417 阪神●2-3○巨人(甲子園) 勝利打点:坂本

BS1で完全中継。関西テレビでも中継。今日の先発はメッセンジャー(中5日)、巨人・ポレダ。 伝説のバックスクリーン3連発から30年、バース、掛布、岡田の3氏が揃っての始球式が実現。初回、1アウトからエンドランを決められて1,3塁となり、坂本のファーストゴロの間にジャイアンツ先制。ホーム投げれたのでは?という意見も見られました。この後、阿部がライト線タイムリー2塁打の際に足を痛めて負傷交代。続く井端にひじへの死球でヒヤッとした後、長野のタイムリーで初回から3点。

初回は球速も出ていなかったメッセですが、2回以降は落ち着いていただけにもったいなかった。4回、先頭・鳥谷がヒットで出塁すると、ゴメスが金城のグラブをかすめるレフトオーバーのタイムリー2塁打!1アウト3塁で福留がカウント3-0からセンターオーバーのタイムリー2塁打で1点差。なお1,3塁のチャンスでしたが梅野のファーストゴロでホーム憤死。

メッセは7回11奪三振、131球で降板。8回は金田が1アウト1,3塁のピンチを背負い、代打・高橋由登場を見て左の高宮にスイッチ。粘って9球目、内角に抜けたスライダーでしたがファーストファウルフライ。この後、金城には四球で満塁となった所で、遼馬にスイッチ。ストレート3球で片岡を打ち取りました。

8回、マシソンがゴメスに四球を出すと、制球を乱して2度の暴投で1アウト1,3塁のチャンス。ここで福留が三球三振、さらに俊介に代打・関本で勝負に出ましたが初球センターフライ。9回、抑えの澤村との勝負。2アウトから上本がピッチャー強襲ヒットで出塁すると、なんと盗塁成功(タイミングはアウトでした)。外野が前進守備になり、西岡のレフト前ヒットで1,3塁となりましたが、鳥谷がセカンドゴロに倒れてゲームセット。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  松田(4) 石崎(6)
上本 俊介 高宮(3)
ゴメス 福留 メッセンジャー[負]
鳥谷 マートン
西岡 大和 狩野 伊藤隼 金田(2)
梅野 関本 新井良 島本(5)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
17日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 小宮山慎二捕手(第3の捕手として補充。出番もらえるかどうか。)
OUT 岩崎優投手(来週は先発の予定がなく、10日間空けることに。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2015年4月16日 (木)

西岡、新2番で勝ち越し打!新打線で連敗ストップ!

20150416 中日●4-6○阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:西岡①

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩崎(中6日)、中日・山井。移籍後初めて西岡を2番に置く攻撃的な新オーダーを組み、隼太が7番で初スタメン。初回、ノーアウト満塁のチャンスからゴメスのレフト前タイムリーでタイガース先制!マートン福留も連続タイムリー。1アウト後、梅野のゲッツー崩れ(間一髪)の間に4点目。

2回、ルナに四球を出すと、福田が初球センター左へ放り込んで、あっという間に2点差。そして4回、ノーアウト1,2塁から藤井のライトフライで2塁ランナーがタッチアップの際、上本が3塁へ悪送球。この間に2,3塁となり、ここから武山、山井に連続四球で押し出し。さらに大島にタイムリーで4-4の同点となった所で、金田にスイッチ。絶体絶命のピンチでしたが、抑えてくれました。

6回、2アウト2塁から西岡のライト前タイムリーでタイガース勝ち越し!そのウラ、島本が3人で抑えてプロ初ホールド。7回は復帰即登板の安藤が低めを丁寧につくピッチングで中軸を3人で抑えて流れを引き寄せました。

8回、先頭・梅野がプロ初となる猛打賞。途中出場の俊介が送りバントを決めると、上本は9球粘って四球で1,2塁。西岡が倒れて2アウト1,3塁となり、鳥谷がサードへのタイムリー内野安打で貴重な6点目!そのウラ、福原が3人で抑えると、9回は呉昇桓。代打・ナニータが高めのつり球に空振り三振に倒れ、ボールを大きく後ろにそらしましたが、振り逃げ阻止。この後も三者連続三振に抑えてゲームセット!

「毎試合勝ちたいです。早く波に乗りたいというか勝てるチームになりたい。」by 西岡
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
梅野 金田[勝](2) 島本[H](3) 安藤[H](4)
福原[H](5) 呉昇桓[S](6)
西岡 鳥谷 福留 俊介
ゴメス  
上本 マートン  
  新井良 関本  大和
伊藤隼 岩崎  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
16日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 安藤優也投手(肩痛から12日ぶりに復帰。欠かせない右のリリーフに。)
OUT 岩本輝投手(来週は先発の予定がなく、10日間空けることに。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2015年4月15日 (水)

遼馬、連夜のサヨナラ負け。ナゴヤで試練の日々。

20150415 中日○2x-1●阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:平田

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩本(中6日)、中日・大野。俊介が3試合ぶりに2番センター、ライトには狩野を入れてきました。初回、俊介が10球粘ってヒットを放ち、この後、2アウト1,3塁のチャンスでしたがマートンがショートゴロで無得点。逆に3回、大島がライトスタンド最前列へ飛び込む一発でドラゴンズ先制。なお1アウト1,3塁のピンチはしのぎました。

4回、2アウトから上本がヒットを放つと、盗塁で悪送球となったスキをついて3塁へ進みますが得点ならず。毎回ランナーを背負いながらの岩本ですが、最大のピンチは6回でした。高橋周のエンドランが決まってしまい、ノーアウト1,3塁。今日はここまで3打数3安打。ここから2アウトを取って、大島を迎えたところで左の高宮にスイッチ。ストレートの四球の後、亀澤のセカンドゴロ。上本のグラブトスが間一髪決まってアウト!

1点ビハインドの7回は金田が3人で抑えると、8回に反撃。先頭・西岡がヒットを放ち、俊介が送りバント成功。ここで鳥谷が1塁線を破るタイムリー2塁打で同点!大野から又吉にスイッチし、ゴメスもヒットで1アウト1,3塁。マートンがストライク判定に抗議して雲行きが怪しくなった後、セカンドゴロ併殺で万事休す。

9回、1アウトから上本がセンター右へのヒットで2塁まで進むと、8番梅野のところで代打・福留登場も敬遠気味の四球。続けて代打・関本を送った所で、抑えの福谷がマウンドに。150キロを超えるストレートの前に粘って7球めを空振り三振。続く西岡も良い当たりのファーストゴロ、グラブからボールもこぼれましたが無得点。

9回ウラは遼馬が連投。2アウトから大島が盗塁を決めたことで、外野が前進守備に変わった途端、平田が高めストレートをとらえてライトオーバーのサヨナラタイムリー。遼馬は4月15日にして3勝2敗。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  高宮(2) 金田(3) 福原[H](4)
俊介 上本  
鳥谷 岩本 福留
西岡 ゴメス  
梅野 新井良 関本 藤井
マートン 狩野 松田[負](5)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2015年4月14日 (火)

関本、代打で値千金の同点劇も・・・サヨナラ負け。

20150414 中日○3x-2●阪神(ナゴヤドーム
勝利打点:ナニータ

毎日放送で4回ウラから中継。今日の先発は岩田(中9日)、中日・バルデス。梅野が2試合ぶりに先発マスク。2回、2アウト3塁のピンチを背負いますが、武山をショートゴロに抑えてピンチ脱出。すると3回、梅野が右中間スタンドへの先制アーチ!気づかなったようで2塁ベース付近で相手選手に確認してました。

4回、四球とヒットでノーアウト1,2塁のピンチとなり、福田が初球を右打ちしてライト前タイムリーで同点。なお1,3塁のピンチでエルナンデスが初球から強いライナー。岩田のグラブをかすめたことで鳥谷がカバーして、6-4-3のゲッツーの間にドラゴンズ勝ち越し。

逆転されたものの岩田が7回まで投げ切って、8回もドラゴンズは115球のバルデスを続投。先頭の代打・狩野がヒットで8打数4安打。ここでバルデスが1塁へ悪送球する間に一気に3塁まで進んだことで、代走・俊介をコール。1アウト後、大和に代打・関本で勝負に出たタイガース。フルカウントからのライト前タイムリーで同点!ただ続く鳥谷は良い当たりのゲッツーで勝ち越しならず。

8回から遼馬。既に3勝を挙げており、勝ち運に期待しました。8回はランナー1人出しながら中軸相手に無失点。9回はドラゴンズ抑えの福谷の前に3人に抑えられると、続投した遼馬が1アウト2塁のピンチ。ここで脅威の代打率を誇る小笠原を敬遠。続けて左の代打・ナニータを出され、ショートの頭を越えていくサヨナラタイムリー。遼馬の続投と左のリリーフを出し損ねたのが悔やまれます。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
  関本
梅野 岩田 狩野
マートン  
福留 俊介 松田[負]
   
西岡 大和 鳥谷 ゴメス 上本  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
14日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 伊藤隼太外野手(手薄な左の代打として期待。レギュラーの足掛かりに。)
13日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
OUT 江越大賀外野手(注目のルーキーも守備面で課題が出てしまった。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2015年4月12日 (日)

鳥谷、3番復帰で土壇場の逆転2ラン!連敗ストップ!

20150412 阪神○4-3●広島(甲子園
勝利打点:鳥谷①

朝日放送で完全中継。今日の先発は藤浪(中6日)、広島・ジョンソン。開幕14戦目、6連敗中の和田監督が動いて「1番西岡、3番鳥谷」を復活。キャッチャーも藤井が今季初スタメン。初回、ノーアウト2塁で大和のバントで西岡が三遊間に挟まれてアウト。この後、1アウト1,2塁のチャンスも生かせず。

2回、1アウト1,3塁のチャンスで藤浪(今日21歳のバースデー)がレフトやや浅めの犠牲フライ。若干フライング気味で福留がスタートを切って、送球を体に当てながら先制のホームイン!なお2アウト2塁で西岡がサードゴロがベースに当たって外野に転がる間に2点目。

5回、ここまでストレート押しの藤浪でしたが、先頭・野間がカットを右中間への3塁打。続く石原も初球カットボールをレフト前タイムリー。2アウト2塁から菊池にもカットボールをレフト前タイムリーで同点。この後、丸の大飛球は福留が懸命に腕を伸ばしてキャッチ。6回、天谷のセンターオーバーの大飛球を大和がダイビングキャッチで代走・堂林を2塁にくぎ付けたのですが、続く田中のセーフティバントを西岡が1塁へ悪送球する間にカープ勝ち越し。

1点ビハインドの展開で8回は遼馬。時折スローカーブを混ぜてストライクを早く見せるリードを見ました。カーブでカウントが取れればもっと楽になるはず。そのウラ、カープは中崎がマウンドへ。まず2番大和の代打・良太が四球を選んで代走・俊介。ここで鳥谷に連続ボールでマウンドに内野手が集まった後、内角ストレートを弾き返しライトスタンドへの逆転2ラン!大事なところで初アーチ、初打点が飛び出しました。

9回は呉昇桓が中8日のマウンド。先頭・田中がショート内野安打。際どいタイミングに和田監督も抗議に出てきました。この後、1アウト2塁で代打・新井登場もど真ん中の初球ライトフライ。続く代打・ロサリオもセンターフライに抑えてゲームセット!ついに連敗を6で止めました。

「思い切って引っ張ったらホームランになりました。甲子園で勝てたのが一番。」by 鳥谷
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
鳥谷 松田[勝](2) 呉昇桓[S](3)
福留 藤浪 新井良 狩野
西岡 藤井  
ゴメス 大和  
マートン 俊介 関本 
上本  
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2015年4月11日 (土)

新井、古巣への一撃。黒田も8年ぶり甲子園で躍動。

20150411 阪神●2-7○広島(甲子園) 勝利打点:新井

BS1で完全中継。関西テレビでも中継。今日の先発はメッセンジャー(中7日)、広島・黒田。初回、1アウト1,2塁のチャンスでゴメスがツーシームをひっかけてショートゴロ併殺。2回、6番で先発した新井の打席で場内から大きな声援が送られました。第1打席は良い当たりのレフトフライ。2アウト満塁から安部にライト前タイムリーを許してカープ先制。早くもメッセは50球超え。

2回、1アウトから福留がライトポール際へ放り込む同点ソロ!メジャー含め過去の相性の良さが出ました。4回には黒田がツーシームで152キロもマークし、内野ゴロの山を築かれました。

両先発が100球付近で迎えた6回、ノーアウト1,3塁で新井。場内に新井コールが起きる中、レフトオーバーのタイムリー2塁打で勝ち越し。会澤へ死球を出した後、田中、黒田に連続タイムリーを許して1-4となった所でメッセKO。代わった高宮ですが、代打・梵のタイムリーで7人連続出塁の悪夢。この後、丸の左中間へのフライで2塁ランナー・梵が飛び出してしまい、結局は三本間でタッチアウト。

6回、1アウトからゴメスマートンの連打で1,2塁のチャンスを作ると、福留のタイムリーで2-5。さらに上本が四球を選んで満塁とした所で、梅野に代打・良太投入もスライダーを追いかけて三振。続く代打・関本はいい当たりのセンターフライ。今日初のフライアウトがここで出てしまうチグハグさ。代打を出す順番が残念でした。

7回は金田-藤井のバッテリー。ストレート自体は走っていたのですが制球を乱してしまい、1アウト満塁から田中がセンターオーバーの2点2塁打でダメ押し。8回まで投げぬいてくれましたが、反撃ムードは出せず6連敗で最下位のカープに追いつかれました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
福留 上本  
鳥谷 ゴメス  
俊介 石崎(4)
マートン メッセンジャー[負] 藤井 狩野 高宮(2)
西岡 梅野 新井良 関本 金田(3)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2015年4月 9日 (木)

岩崎、自己最長の8回に失点。交代機誤り5連敗。

20150409 阪神●1-2○DeNA(甲子園
勝利打点:バルディリス

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩崎(中6日)、DeNA・高崎。不振の上本が7番降格し、俊介を2番センターに抜擢。2回、先頭・マートンがレフト線へポトリと落とすヒットで一気に2塁を狙いましたがタッチアウト。4回、俊介がヒットで出塁しますが、西岡がピッチャーゴロ併殺。その後、ゴメスがヒットを打つチグハグさ。

5回、梅野がセカンドの逆を突いたエンドラン成功。1塁ランナーの上本は一気に3塁まで進み、1アウト1,3塁のチャンスで岩崎をそのまま打席に立たせて送りバント成功。この後、鳥谷が敬遠されて満塁となりますが、俊介はライトフライで三者残塁。このあたりで雨が一時強くなったので、仕掛け時とも思いました。

6回、2アウト2塁でバルディリスを敬遠する際、梶谷がなんと三盗を決める揺さぶり。ここは無失点で抑えました。7回、ピッチャーの高崎に2安打されて1アウト1,2塁のピンチでしたが、代打・後藤武敏G.(ゴメス)を初球、ピッチャーゴロ併殺に抑えてピンチ脱出!岩崎が粘りました。

7回、2アウトから梅野がマルチヒットで出塁すると、岩崎をそのまま打席に立たせてしかもヒット。ここの采配はリリーフ陣に異常があるのかと思うくらい驚きました。鳥谷が倒れて無得点に終わると、8回には筒香に右中間を破る2塁打。1アウト1,3塁で福原にスイッチすると、バルディリス、飛雄馬に外角高めストレートを連続タイムリーで先制されて2失点。

8回、ノーアウト1塁から西岡が右中間を破る2塁打で2,3塁とすると、ゴメスのサードゴロの間に1点。続くマートンのセンターフライで果敢に西岡が3塁へタッチアップ成功。福留が敬遠され、上本に回りますがセンターフライで同点ならず。5連敗で最下位のカープと1ゲーム差まで近づいてきまいた。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
俊介 岩崎[負]  
  島本(3)
西岡 梅野  
ゴメス マートン 福留 上本 大和 新井良 狩野
鳥谷 福原(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2015年4月 8日 (水)

貧打の虎。投打が噛み合わず4連敗で借金生活に。

20150408 阪神●1-6○DeNA(甲子園
勝利打点:ロペス

サンテレビ→朝日放送で9回表まで中継。今日の先発は岩本(中6日)、DeNA・モスコーソ。初回、鳥谷が左中間へのヒットで一気に2塁まで進むと、1アウト満塁のチャンスでマートンが痛恨のピッチャーゴロ併殺。2回も江越のセカンドゴロ併殺コースでしたが、石川のトスがそれてエラー。2アウト2,3塁で鳥谷が敬遠されて、不振の上本は空振り三振。

3回、2アウトから1,2塁のピンチを背負い、ロペスにフルカウントからの勝負球が真ん中に入ってしまい、レフト前タイムリーでベイスターズ先制。序盤は力のあるストレートで押していましたが、次第に球数が増えていきました。4回も2アウト2塁から石川のレフト前タイムリーで2点目。

5回、梶谷のセンター前ヒットでスタートの遅れた江越を見て、一気に2塁へ。続く筒香の右中間への大きなフライは江越が背走キャッチもタッチアップで3塁に進まれて、バルディリスの犠牲フライで3点目。そのウラ、1アウト1塁からゴメスがレフト線へのタイムリー2塁打。8試合ぶりの打点が出ました。5回で両先発が100球を超えながらKOできず、長い戦いに。

6回、104球の岩本を続投させてノーアウト2塁となった所で、左の高宮にスイッチ。送りバントの後、石川が倒れこみながらスクイズ成功。グラブトスも惜しくも及ばず。3回から続く毎回失点を止めれず。7回は島本が左の梶谷、筒香をスライダーで連続三振に抑えたのは好材料。ただ2アウトからスイッチした石崎がロペス、バルディリスに連打を浴びてまたも失点。8回にも関根に前進守備を大きく超えるタイムリー3塁打で6点目。

打線が機能しなくなり、4月で早くも4連敗の借金生活に。不振の上本マートン、そしてリード面で梅野のリフレッシュが求められる状況になってきました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
ゴメス 島本(3) 松田(5)
鳥谷  
上本 岩本[負] 高宮(2)
西岡 福留 俊介 新井良
マートン 梅野 江越 石崎(4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2015年4月 7日 (火)

江越、プロ初ヒットの後に落とし穴。虎大敗で5割。

20150407 阪神●3-8○DeNA(甲子園
勝利打点:筒香

関西テレビで3回表から7回表まで中継。今日の先発は能見(中6日)、DeNA・井納。初回、1アウト1,2塁から筒香のライト前タイムリーでベイスターズ先制。そのウラ、タイガースも1アウト2塁のチャンスでしたが、西岡ゴメスが相次いで凡退。

2回、ノーアウト1塁で黒羽根の送りバントをゴメスが1塁へ悪送球で2,3塁に。1アウト後、石川のタイムリーで2点目を取ると、2アウト2,3塁から梶谷の2点2塁打。さらに筒香のセンター前へライナー性の当たりに大和がダイブしますが、わずかにボールがこぼれてフェアの判定。この間に5点目のホームイン。和田監督の抗議も及びませんでした。能見は3回以降、悪いなりに持ち直して5回5失点で降板。

5回、代打・江越が1,2塁間を鮮やかに破るプロ初ヒット。このまま6回からセンターの守備に入ったのですが、先頭・バルディリスのセンター前ヒットに突っ込みすぎたかバウンドを合わせられずに後逸。一気に3塁まで進まれて福留に注意されていました。この後、飛雄馬のタイムリーで6点目。

0-6の6回、1アウトから福留が右中間スタンドへの一発で反撃。さらに梅野、代打・良太がつなぎ、暴投もかさなって1,3塁のチャンス。この後、2アウト満塁となり上本のショートライナーを飛雄馬が弾いて後ろにそらす間に2人がかえってこの回3点も反撃はここまで。

7回は島本がプロ2試合目のマウンド。左の梶谷、筒香を抑えるまでは良かったですが、ロペスに一発。8回は福原が復帰後、初登板を無失点で抑えましたが、9回は高宮がロペスにタイムリーを許して1失点。17安打を喫して大敗。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
福留 鳥谷 新井良 狩野
  福原(4)
   
上本 梅野 江越 島本(3)
西岡 マートン ゴメス
大和 能見[負]
金田(2) 高宮(5)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 5日 (日)

藤浪、悔しい敗戦完投。ルーキー高木勇に完封負け。

20150405 巨人○3-0●阪神(東京ドーム
勝利打点:なし

BS日テレで完全中継。よみうりTVでも中継。今日の先発は藤浪(中6日)、巨人・高木勇。福留が2試合ぶりに復帰し、江越が7番センターでプロ初スタメン。先頭・鳥谷が1,2塁間に良い当たりを放ちますが、井端のスライディングキャッチに阻まれました。2回、1アウト2,3塁から藤浪が初球ストレートを大きく暴投してしまい、ジャイアンツ先制。さらに亀井も犠牲フライで2点目。

3回、先頭・梅野がチーム初ヒットも、藤浪がスリーバント失敗。そして鳥谷が内角ストレートを右中間フェンス際まで飛ばしますが、亀井がジャンピングキャッチ。この後、梅野が投球前に飛び出してしまい、挟殺プレーでタッチアウト。そのウラ、片岡の盗塁を刺そうとした梅野がショートバウンドでセンター方向へ悪送球。2アウト3塁のピンチをしのぎました。

藤浪も4回以降はボールが落ち着きだして投手戦に。6回、先頭・梅野が死球で出塁しますが、またも藤浪がバント失敗。ルーキー高木勇の投球術に打線は手も足も出ず。手元で大きく曲がるカットと、右バッターにはシュートも効果的でストレートも球威がありました。7回、1アウトから亀井が高い飛球でライトスタンドへ放り込み、痛すぎる3点目。

藤浪は104球で8回まで投げぬき、敗戦完投。対する高木勇は完封を目指して9回のマウンドに。2アウトから鳥谷がセンター右への2塁打を放ち、チーム2本目のヒット。初めてランナーが2塁まで進みました。上本がフルカウントから四球を選んで、一発出れば同点という場面でしたが、西岡のショートゴロでゲームセット。ドラゴンズが6連勝で単独首位となり、タイガースは2位転落。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
   
   
藤浪[負]  
   
鳥谷 梅野 狩野
上本 西岡 ゴメス マートン
福留 江越
 
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2015年4月 4日 (土)

石崎、満塁の登板でプロの洗礼。一挙6点で虎大敗。

20150404 巨人○9-5●阪神(東京ドーム
勝利打点:阿部

NHK総合で完全中継。今日の先発は岩田(中6日)、巨人・ポレダ。開幕8戦目で福留が欠場し、ライトは良太。和田監督の話では「積極的休養」とのこと。3回、8番降格の村田がヒットで出塁すると、2アウト1,2塁から片岡が内角高めのボール球をバットを短く持って振りぬき、レフトスタンドへの3ランでジャイアンツ先制。

4回、ゴメスが三振に倒れた時の投球がボークを取られて、西岡が2塁へ。ここから粘って10球目をファウルフライの間に西岡が3塁へタッチアップ。ここでマートン(.207)が三遊間を破るタイムリーで1点を返しました。そのウラ、先頭・阿部がヒットで嫌な流れになりますが、セペダがショートゴロ併殺に倒れ、5回の守備から金城が入りました。

6回、先頭・上本が10球粘って四球を選ぶと、西岡がエンドラン成功でノーアウト1,3塁のチャンス。ゴメスが内角ストレートを見逃し三振に倒れる間に盗塁で2,3塁とすると、マートンがライトフェンス直撃の2点2塁打で同点!100球を超えて球威の落ちたポレダですが、梅野への内角攻めで勝ち越しを許さず。そのウラ、先頭・坂本の2塁打から1アウト1,3塁のピンチで阿部の技ありタイムリーで3-4。金城も初球ヒットで満塁となった所で岩田KO。

ここでマウンドに上がったのが意外にもルーキー石崎。中5日のマウンドでしたが、チェンジアップが入らず制球に苦しみました。代打・高橋由にフルカウントから押し出しの四球。2アウト後、村田にも押し出しの四球。さらに代打・中井の当たりをゴメスが逆シングルで弾いてタイムリー。坂本が1イニング2安打めの2点タイムリーでこの回、一挙6点の猛攻。安藤の抜けた穴を感じました。

7回、1アウトから代打・狩野が初打席でセンター前ヒットを放ち、このままセンターの守備に入りました。2アウト後、上本がレフトスタンドへの2ランで反撃。そのウラ、高宮が初登板。CS以来の再び阿部との対戦でしたが、1,2塁間への内野安打。今後のポイントに。開幕3タテしたドラゴンズが5連勝で首位に並ばれました。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
マートン  
上本 西岡 狩野
  金田(4)
  高宮(3)
ゴメス 俊介
鳥谷 新井良 梅野 大和
岩田[負]
石崎(2)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
4日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 福原忍投手(右の内転筋痛で出遅れた。球威が戻ればセットアッパーに。)
IN 狩野恵輔外野手(少ないチャンスをモノにしたい打てる右バッター。)
OUT 安藤優也投手(肩痛で離脱。競った場面で重宝していただけに痛い。)
OUT 今成亮太内野手(右わき腹を痛めて再び離脱。もったいない。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2015年4月 3日 (金)

梅野、値千金タイムリー2本!菅野撃ちで先手。

20150403 巨人●2-4○阪神(東京ドーム
勝利打点:福留②

BS1で完全中継。今日の先発はメッセンジャー(中6日)、巨人・菅野。開幕7戦目で早くも阿部をキャッチャーに復帰させる緊急事態のジャイアンツ。初回、阿部の当たり損ないのヒットがライト線へ落ちてしまい、2アウト2,3塁のピンチでセペダを抑えて切り抜け。すると2回、1アウト2塁から福留のセンター前タイムリーでタイガース先制!

4回、ノーアウト2塁でゴメスの三遊間へのゴロに西岡が前を横切ったことで、内野安打に。ただマートンのサードゴロで三本間に挟まれてアウト。ここから2アウトまで行きますが、梅野がスライダーに食らいつきライト線への当たり。亀井のダイブもボールがこぼれてファウルエリアに転がる間に2点追加!菅野から3-0とリード。コースに決まらず5回で100球と苦しんでました。

そのウラ、ヒット2本とセペダへの四球でノーアウト満塁の大ピンチ。ここで村田がカウント3-1から低めのボール球を打っていき、セカンドゴロ併殺の間に1点。さらにメッセが連続四球(この回だけで3四球)で2アウト満塁まで行きますが、菅野をセカンドフライに抑えてピンチ脱出。しかし5回、ノーアウト3塁から井端の内野ゴロの間に1点差。

8回、ビハインドの展開でマシソンが登場。1アウト1塁から梅野が高めストレートを弾き返し、右中間真っ二つのタイムリー2塁打!亀井の打球処理がもたつく間に3塁まで進むと、続く大和が初球スクイズ・・・も空振り。飛び出した梅野も戻れずアウトでダメ押しまでいかず。6回以降、変化球が低めに決まり出したメッセが8回までパーフェクトに抑えたのも大きかった。

9回、ジャイアンツは抑えの澤村まで投入。西岡が今日4安打となるヒットで2アウト1,3塁のチャンスを作りましたが、ゴメスがライトフライに倒れて無得点。そのウラ、呉昇桓の石直球が本来の状態に戻り、最速は153キロ。登板5試合目で初めて3人に抑えてゲームセット!

「ランディに勝ちを付けたい一心で、勝ちを取れたのが良かった。」by 梅野
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
西岡 梅野 呉昇桓[S](2)
福留 メッセンジャー[勝]  
鳥谷 ゴメス  
   
  俊介 
上本 マートン 大和 新井良
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
3日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 高宮和也投手(左のリリーフとして昨年後半のキレが戻るか。)
IN 金田和之投手(故障で出遅れたが、再びロングリリーフも。)
OUT 榎田大樹投手(テンポの良い投球が逆に裏目に。)
OUT 桑原謙太朗投手(スライダーのキレは抜群だが、制球に苦しんだ。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2015年4月 2日 (木)

岩崎、粘り切れず5回KO。島本&江越がプロ初出場。

20150402 ヤクルト○9-2●阪神(神宮) 勝利打点:山田

サンテレビで完全中継。今日の先発は岩崎、ヤクルト・ロマン。2回、畠山のフェンス際への当たりを福留がジャンピングキャッチ!3回は2アウト1,2塁のピンチでしたが、山田を高めストレートで空振り三振。4回は中村の叩きつけたセカンドゴロを上本が弾きチーム初エラー。1アウト満塁の大ピンチでしたが、大引(まだノーヒット)、ロマンを抑えてピンチ脱出。

5回、岩崎が三振ながら9球投げさせる粘り。この後、ヒットの鳥谷が盗塁を決めると、1,2塁から西岡のレフト前タイムリーでタイガース先制!さらに満塁のチャンスで追加点ならず。そのウラ、先頭・荒木が腕の緩んだチェンジアップを見逃さずヒット。続く川端のライト線で福留がファンブルする間に同点に追いつかれると、山田が高めボール気味のストレートをレフトスタンドへ勝ち越し2ランで1-3。1アウト後、桑原にスイッチしますが、1,2塁から大引が左中間フェンス直撃の2点2塁打。ついに開幕初ヒット。

6回の守備から、ピッチャー島本、センター江越と若手がプロ初出場。やや緊張感がありながら、島本は2回を無失点に抑えてくれました。雄平をスライダーで三振取れたのは今後につながるか。7回、江越のプロ初打席は残念ながら死球。1アウト1,3塁から西岡がチーム初の猛打賞となるタイムリーで1点を返し一発出れば同点、ゴメスの所で秋吉にスイッチ。おととい同様、ゲッツーに抑えられて万事休す。

8回は榎田。1アウトから上本が今日2つ目のエラー。ここから満塁になると、山田が初球を左中間スタンド最前列へ放り込む満塁ホームランで今日6打点。グラウンドに跳ねかえった分、塁審がフェアの判定でしたがマートンの打球処理も遅く、神宮のタイガースファンも入ってるぞとジェスチャーしてました。ビデオ判定の末、ホームランに。9回は今日昇格した今成が代打で初出場も空振り三振。
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
西岡  
  島本(3)
   
鳥谷  
  江越
上本 ゴメス マートン 福留
梅野 大和 岩崎[負]
今成 桑原(2) 榎田(4)
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
2日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岩崎優投手(肩の疲労から開幕に間に合わせた2年目のシーズン。)
IN 今成亮太内野手(故障で出遅れたが、早くも外野の練習も開始。)
OUT 清水誉捕手(第3の捕手は兼務もできる今成を優先。)
OUT 田上健一外野手(昨日の柴田に続き、外野のサブを抹消。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2015年4月 1日 (水)

岩本、初先発で3年ぶり勝利!1点差守り勝ち!

20150401 ヤクルト●1-2○阪神(神宮
勝利打点:大和①

毎日放送で4回表から9回ウラ途中まで中継。今日の先発は岩本、ヤクルト・石山。昨日試合前に欠場したミレッジは登録抹消。開幕からヒットの出ない大引もベンチスタート。試合序盤から小雨交じりのゲームで、球場にもやがかかっていました。4回、マートンの2塁打と暴投で1アウト3塁のチャンス。梅野が三振に倒れる間に福留が盗塁を決めて、2,3塁となった所でスワローズは満塁策。岩本がショートゴロに倒れて三者残塁。

序盤3イニングはパーフェクトに抑えた岩本。大半がストレートで球威とスピンのかかった球が来ていました。4回、2アウトから田中浩に初ヒットを許すと、雄平がカウント3-0から右中間へ打っていき2塁打。初めてのピンチでしたが、畠山を打ち取り。

6回、2アウトから福留のレフトライナーが伸びてユウイチが落球。2塁まで進むと、1,2塁から大和が真ん中のストレートを右中間へ弾き返す2点2塁打でタイガース先制!ところが7回、雄平のセンター前への浅いフライをダイブした大和が追い付けず2塁打に。ノーアウト2,3塁の大ピンチで、1アウト後、ユウイチの犠牲フライで1点差。厳しい場面でしたが岩本が粘りました。

1点リードの8回は遼馬。1アウトから1,2塁のピンチを背負うと、川端がライトフェンス直撃の当たり。ここで福留が捕球体勢に入るトリックプレーを見せて、2塁ランナーのスタートを遅らせると、中継プレーのバックホームで刺すスーパープレーが炸裂。2アウト1,3塁となり安藤にスイッチし、田中浩をボテボテのセカンドゴロで死守。

9回は呉昇桓藤井の初バッテリー。先頭・雄平にフルカウントからレフト前ヒット。2アウト後、森岡のピッチャー右へのボテボテの当たりを捕ろうとした呉昇桓がファンブル。1,2塁のピンチでしたが中村をレフトフライに抑えてゲームセット!

「どんどん行きました。ずっと勝ってなくて1勝は大変だなと思いました。」by 岩本
今日の採点表 左列がスタメン。()の数字は登板順。出場の持ち点:50点。
岩本[勝] 安藤[H](3)
福留 大和  
上本 西岡 マートン 梅野 呉昇桓[S](4)
鳥谷  
  藤井 俊介  松田[H](2)
ゴメス 関本
~85点 ~75点 ~65点 ~55点 ~45点 45~点
1日のセリーグ公示:1軍登録選手の変更
IN 岩本輝投手(実力で勝ち取った開幕ローテ。生き残りたい。)
OUT 柴田講平外野手(外野のサブ要員4人の中で振り落された。) もしよければ1クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »