« プロ野球戦力分析【広島編・2015開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【巨人編・2015開幕】 »

2015年3月25日 (水)

プロ野球戦力分析【阪神編・2015開幕】

15t 2015シーズン開幕直前戦力分析。今回はセリーグ2位の阪神タイガース。球団創設80周年を迎えるシーズン。鳥谷がFA残留を果たし、大幅な戦力ダウンを免れた。今年は再び「1番鳥谷、3番西岡」でスタート。投手陣で若手が1軍枠に入ってきた分、層の厚みがある。投打のバランスは比較的とれており、CS突破の経験を活かして勢いに乗れば、リーグ優勝も見えてくる。

【野手編】
15torder 選球眼の良い鳥谷が1番でスタート。メジャー移籍を断念し、今年にかける意気込みを感じられる。セカンド争いは上本が制し、西岡はサードで開幕。ひじに不安が残り、状態次第では新井良や今成の出場機会も増えてくるが、代役3番となると鳥谷か福留しかいないのが厳しい。中軸のゴメス、マートンは相乗効果で今年も高い得点力を誇る。2年目・梅野が正捕手に向けて1年間戦える体力がカギに。ルーキー・江越(駒大)は長打力もあり少ない出場機会をモノにしたい。

注目選手は西岡。外野コンバートを断り、打撃で見返せなければFA流出も。

【投手編】
最多勝&奪三振王のメッセンジャーが2年ぶりの開幕投手。藤浪とエースを争う2人には2ケタ勝利を期待。FA残留した能見は投球スタイルを変えて再起をかける。5年目・岩本の球威が増し初のローテ入り。体力面に不安があるが、岩崎、岩貞も控えており入れ替えに。リリーフ陣は、育成出身の左腕・島本が初の1軍。新人の石崎(新日鉄住金鹿島)が変則フォームで三振も取れ、球威のある松田と共に勝ちパターンに加わる。抑えの呉昇桓への継投が今年も課題。

注目選手は松田。藤川球児を彷彿とさせるストレート中心の投球で飛躍なるか。

【1軍登録選手(投手13人、野手15人)】
投手
先発 メッセンジャ 藤 浪 能 見 岩 田 岩 本 岩 崎
中継 石 崎 松 田 安 藤 榎 田 島 本 桑 原
抑え 呉昇桓
次点 岩 貞 横 山 高 宮 渡 辺 筒 井 二 神 サンティアゴ
故障 福 原 金 田
野手
捕手 梅 野 清 水 藤 井
内野 ゴメス 上 本 西 岡 鳥 谷 関 本 新井良
外野 マートン 大 和 福 留 江 越 柴 田
次点 鶴 岡 北 條 黒 瀬 伊藤隼 田 上 俊 介 狩 野
故障 今 成 荒 木 緒 方
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【広島編・2015開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【巨人編・2015開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/61337416

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【阪神編・2015開幕】:

« プロ野球戦力分析【広島編・2015開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【巨人編・2015開幕】 »