« プロ野球戦力分析【日本ハム編・2015開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【ソフトバンク編・2015開幕】 »

2015年3月18日 (水)

プロ野球戦力分析【オリックス編・2015開幕】

15bs 2015シーズン開幕直前戦力分析。今回はパリーグ2位のオリックスバファローズ。ブランコ(DeNA)、中島(MLB)、小谷野(日本ハム)、バリントン(広島)ら総額40億を超える積極補強に乗り出し、96年以来のリーグ優勝を狙う。今オフに手術を行ったが、エース・金子のFA残留はチームにとっても大きい。ただ、昨年の優勝争いに貢献したリリーフ陣に故障が目立つのが気がかり。

【野手編】
15bsorder キャプテンに就任した糸井は長打力が備われば“トリプル3”に最も近い存在。国内復帰の中島はポジションが定まっていないが、得点圏での打撃がポイントになる。90打点がノルマ。ブランコはパリーグの配球をつかめば、40発も狙える。シーズンを通して故障を抱える選手も多く、今年は層の厚さもうかがえる。守備力のある小谷野や走力のあるヘルマンを組み合わせた起用も楽しみ。1番候補の駿太がオープン戦不振で、センターは坂口でスタートする形に。

注目選手は中島。広角に打ち分ける打撃が戻れば、強力打線の中心に。

【投手編】
手術明けの金子が実戦登板のないまま開幕投手を回避する可能性も出てきたが、15勝は期待したい。西、ディクソン、バリントンは2ケタ勝利を狙える投手で先発の層も厚い。ここにドラ1ルーキー左腕の山崎福がローテに加わり、1年間投げ切りたい。リリーフ陣は、比嘉、岸田の負傷離脱が痛すぎる。競ったビハインドの場面での継投が苦しく、前半戦は厳しい戦いになる。セットアッパーの佐藤達から、抑えの平野佳につなぐ勝ちパターンは今年もリーグトップクラス。

注目選手は西。昨年は開幕8連勝で快進撃の立役者。今年もキーマンの一人。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 ディクソン 西 バリントン 松 葉 東 明 山崎福
中継 佐藤達 馬 原 榊 原 白仁田 中 山
抑え 平野佳
次点 マエストリ 前 田 海 田 高 木 古 川 小 松 井 川
故障 金 子 吉田一 比 嘉 岸 田
野手
捕手 伊 藤 山崎勝
内野 ブランコ 平野恵 中 島 安 達 小谷野 ヘルマン 原拓
西 野
外野 T-岡田 坂 口 糸 井 駿 太 小 田 中 村
次点 田 中 岩 崎 山本和 縞 田 川 端 鉄 平
故障 丸 毛
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【日本ハム編・2015開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【ソフトバンク編・2015開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【オリックス編・2015開幕】:

« プロ野球戦力分析【日本ハム編・2015開幕】 | トップページ | プロ野球戦力分析【ソフトバンク編・2015開幕】 »