« 岩本、6回無失点で開幕ローテ入りへ猛アピール。 | トップページ | プロ野球戦力分析【東北楽天編・2015開幕】 »

2015年3月14日 (土)

岩田、5回2失点も…マリンでリード守れずドロー。

20150314 ロッテ△4-4△阪神(QVCマリン
【投】岩田(5)-H榎田(1)-高宮(2/3)-H渡辺(1/3)-H二神(1)-島本(1)

関東遠征がスタート。初戦の先発は岩田、ロッテ・唐川。初回、ヒットとエラーでノーアウト1,3塁とすると、3番起用の福留がセンター前タイムリーを放ち、タイガース先制!さらに4番に入った関本もタイムリーで続き、初回は2点。3回、鳥谷が2打席連続ヒットとなるライト線2塁打の後、2アウトから関本のタイムリーで3点目。

開幕ローテがほぼ内定している岩田。3回、荻野貴に盗塁を決められると、2アウト3塁から井口が2打席連続ヒットとなるタイムリーで1点を返されました。そして5回、同じように荻野貴が2塁打。2アウト3塁からまたも井口にタイムリーを許してしまい1点差。今日は5回2失点。

6回は榎田が1,3塁のピンチをしのぐと、7回、江越のセカンドへの当たりにマリーンズの二遊間が激突してオールセーフ。梅野がバントを決めて1アウト2,3塁となり、ここで大和がスクイズ敢行も打球がバットに当たってファウル。それでもファースト後方へのタイムリー内野安打で4点目。

7回は高宮。2アウトから北條のエラーで1,3塁となってしまい、大嶺翔、角中の連続タイムリーで同点に追い付かれた所で、渡辺にスイッチ。2,3塁まで行きましたが、サブローを三振に抑えてしのぎました。 もしよければ1クリックお願いします。

|

« 岩本、6回無失点で開幕ローテ入りへ猛アピール。 | トップページ | プロ野球戦力分析【東北楽天編・2015開幕】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58896/61280093

この記事へのトラックバック一覧です: 岩田、5回2失点も…マリンでリード守れずドロー。:

« 岩本、6回無失点で開幕ローテ入りへ猛アピール。 | トップページ | プロ野球戦力分析【東北楽天編・2015開幕】 »