« プロ野球戦力分析【オリックス編・2014終了】 | トップページ | 2014シーズン »

2014年12月28日 (日)

プロ野球戦力分析【ソフトバンク編・2014終了】

1412sh シーズン終了、12球団戦力分析。最終回はパリーグ1位の福岡ソフトバンクホークス。Bクラス転落し積極補強で挑んだ今季、夏場に9連勝で首位に抜け出すも、マジック点灯寸前から1勝9敗と大苦戦。リーグ最終戦、直接対決でバファローズをサヨナラ勝ちで下し優勝を決めた。難病克服の大隣が大一番での活躍が光り、3年ぶりの日本一。6年間指揮を執った秋山監督が勇退。

【野手編】
1412shorder 内川が7年連続の3割を放ち、チームでも6人が打率3割をマークする強力打線に。昨年198安打の長谷川は足の故障で終盤サブに回ったが、中村が最多安打のタイトル。柳田は全試合出場でキャリアハイの.317、15本、33盗塁で終盤は1番起用、豪快なスイングで来季はトリプル3も視野に。新加入の李大浩は勝負強さに欠けたが、3割ジャストでチームトップの19本。移籍2年目の吉村も得点圏打率.370で内外野で故障者の穴を埋める活躍を果たし、層の厚さを見せた。

【投手編】
攝津が4年連続の2ケタ(10勝)をマークするも、ケガと故障もあり4度の抹消で低迷。新加入のスタンリッジ(11勝)、中田(10勝)がシーズンを通して投げぬいた。7月末に復帰した大隣(3勝)がシーズン終盤、ポストシーズンとエース級の働き。リリーフ陣は、新人の森が24HP(58試合)で勝ちパターンに加わり、五十嵐は45HPで33試合連続自責点0と抜群の安定感。抑えは移籍組のサファテが自己最多の37セーブ。防御率1.05とゲーム終盤は盤石な継投に。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 攝 津 スタンリッジ 大 隣 中 田 武 田
中継 五十嵐 森 福 岡 島 柳 瀬 岩 嵜
抑え サファテ
次点 飯 田 帆 足 東 浜 嘉弥真 金無英 大 場 オセゲラ
故障 ウルフ 寺 原 山 田 千 賀 退団 岡 島 江 尻
野手
捕手 細 川 鶴 岡 高 谷
内野 李大浩 明 石 松 田 今 宮 吉 村 金 子 牧 原
外野 内 川 柳 田 中 村 長谷川 江 川 城 所
次点 山 下 カニザレス 李杜軒 塚 田 髙 田 川島慶 松 中
故障 本 多 福 田
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【オリックス編・2014終了】 | トップページ | 2014シーズン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【ソフトバンク編・2014終了】:

« プロ野球戦力分析【オリックス編・2014終了】 | トップページ | 2014シーズン »