« プロ野球戦力分析【埼玉西武編・2014終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【日本ハム編・2014終了】 »

2014年12月21日 (日)

プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2014終了】

1412m シーズン終了、12球団戦力分析。今回はパリーグ4位の千葉ロッテマリーンズ。開幕前は優勝争いの一角として注目されたが、打線が低迷。先発投手陣も崩れてしまいBクラス転落。後半戦、キューバより加入した主砲・デスパイネの活躍もあったが、チーム浮上の兆しは見れなかった。今オフはエース・成瀬がFA流出、守りの要・里崎が現役引退し、世代交代が進む。

【野手編】
1412morder デスパイネは後半戦45試合で.311、12本と持ち前の破壊力を見せた。チームトップは守備要員で獲ったクルーズの16本。内野3ポジションを守ったこともあり、15失策が響いた。鈴木は2年連続の全試合出場で、シーズン後半は3番も打った。4番でスタートした今江も今年は低迷。外野陣は荻野貴(15盗塁)が故障再発で40試合の出場にとどまったのが痛かった。2年目の加藤が98試合出場。キャッチャーは田村、ルーキー・吉田の50試合がチームトップで来年も競争に。

【投手編】
石川がチームトップの10勝で新人王。新加入の涌井は8勝どまり。成瀬(9勝)や唐川(4勝)も思うような結果を残せず、先発陣の防御率は4点台でリーグワースト。藤岡、大嶺ら若手の台頭が待たれる。リリーフ陣は、抑えからセットアッパーに転向した益田が30HP(52試合)ながら防御率4.94と苦しんだ。5年目の大谷が25HP、1点台で勝ちパターンに入ってきた。抑えは先発から転向の西野が31セーブ。チームトップの57試合に登板、奪三振率の高さを見せた。

【1軍登録選手(投手12人、野手16人)】
投手
先発 成 瀬 涌 井 石 川 藤 岡 唐 川
中継 益 田 大 谷 C.ロサ 松 永 上 野 金 森
抑え 西 野
次点 古 谷 大嶺祐 木 村 服 部 吉 原 伊 藤
故障 川 満 退団 成 瀬 荻野忠 グライシンガ
野手
捕手 田 村 江 村
内野 井 口 クルーズ 今 江 鈴 木 福 浦 根 元 髙 濱
早 坂
外野 デスパイネ 岡 田 角 中 加 藤 伊志嶺 サブロー
次点 金 澤 吉 田 井 上 大嶺翔 大 松 ハフマン 清 田
故障 細 谷 荻野貴 退団 里 崎 ブラゼル 塀 内 GG佐藤
もしよければ1クリックお願いします。

|

« プロ野球戦力分析【埼玉西武編・2014終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【日本ハム編・2014終了】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球戦力分析【千葉ロッテ編・2014終了】:

« プロ野球戦力分析【埼玉西武編・2014終了】 | トップページ | プロ野球戦力分析【日本ハム編・2014終了】 »